【富山】「刑務所DJ」36年、教誨師も務める禅寺住職 のまとめ全 6 件

1 1人目 坊主 ★ 2015-08-09 17:21
引用元:読売新聞 2015年08月09日 10時23分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150808-OYT1T50069.html

 犯罪者の更生などに貢献した個人・団体を表彰する「第6回作田明賞」(作田明記念財団主催)の優秀賞に、富山刑務所(富山市)の受刑者向け放送番組「730ナイトアワー」でDJを36年間続ける川越恒豊さん(74)が選ばれた。

 受刑者に寄り添う教誨師も務める川越さんは「番組は今後も続け、少しでも再犯を防ぎたい」と話している。

 川越さんは富山市内の禅寺で住職を務めながら、1979年12月の番組開始からDJを続けている。
現在は毎月最終月曜夜の1時間半、受刑者から寄せられた200字のメッセージを川越さんとアシスタントらが紹介し、トークを交えながらリクエスト曲を流している。今年2月には400回目を迎えた。

 6月の放送では「健康」というテーマに対し、受刑者から「幼い頃に体を壊し、父母に大事に育てられて生きてきたのに、今は刑務所にいることは実にむなしい」とメッセージが寄せられ、「待つ人の元に帰れるよう、心の健康を大事に生きなさい」と諭した。
「200字には受刑者の本音が書いてある。彼らの声を聞きとどめ、共感した上で、返事をしている」と語る。

 番組開始以来、「受刑者に決して背を向けず、絶対的な信頼関係を結ぼう」という一心で一度も休まずに続けてきた。「体がもつ限り、これからも一隅を照らす光であり続けたい」と話した。

 作田明賞は、2011年に死去した犯罪心理学者の作田明氏が10年に創設。年間に1人が最優秀賞、1〜2人が優秀賞に選ばれている。
川越さんらの授賞式は8日に都内で行われる。

36年間の放送を振り返る川越さん(4日、富山市で)
2 2人目 やまとななしこ 2015-08-09 17:26
福沢諭吉曰く、禅寺の言う欲を
そぎ落とせば何もできない。
3 3人目 やまとななしこ 2015-08-09 17:28
チョチョチョチョ ちょっくら 懲罰房 イェー
4 4人目 やまとななしこ 2015-08-09 17:31
YOYOで電車で酔う
5 4人目 やまとななしこ 2015-08-09 17:42
禅寺ペキンが一言↓
6 5人目 やまとななしこ 2015-08-09 17:50
YOYO、DJ インザ(ジェイル)ハウス
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1439108512/
サブコンテンツ

このページの先頭へ