【ゆうきゆう】マンガで分かる心療内科【ソウ】 のまとめ全 1,000 件

1 1人目 マロン名無しさん 2018-04-22 09:01
ゆうきゆう原作のマンガで分かる心療内科その他のスレ
すぐ荒らしが湧いてスレ潰されるのでしつこく立ててみます
2 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:25
たかそれでも彼の演奏が緩むことはほとんどなかった
3 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:29
それは彼のジャズがひたすら自身の内面へと下降し極
4 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:32
論すれば聴衆すら必要としなかった一種の孤独なモノ
5 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:36
ローグだったからだろう虚空といってもいいがらんと
6 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:40
した空間を引き裂くように鋭くかつ激しく鳴るアルト
7 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:43
の音そのこだまはそれから五六年後の彼のジャズの記
203 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:11
>>7メロウに改宗していくことだったいま思えばそれが「
591 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:21
>>7メロウに改宗していくことだったいま思えばそれが「
8 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:47
録である『ソロ・ライブ・アット騒』シリーズにはっ
9 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:51
きり聴きとれるデビュー当初のころの一演奏一時間に
10 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:54
比べれば短くなってはいるが心の内部に音を探りつつ
11 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 10:58
くぐもり爆発しと思えば「風に吹かれて」など耳なじ
12 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:02
みのメロディーが不意に引用される自在なスタイルは
13 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:05
やはり彼ならではのものだ音はしばしば出口を見失い
14 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:09
異様なほど長い空白が続くそれに出合うときのいたた
15 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:13
まれないようなつらさ脈絡を失った演奏はいわば挿入
16 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:17
句につぐ挿入句と化すだけで音楽という果実を結ばな
17 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:20
い凄絶なまでの徒労感があるこれらの演奏からほんの
18 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:24
少しあとに彼は自らの手でこの世を去ってしまうのだ
19 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:28
がひょっとするとそのとき歌うべき歌はもう彼の内面
20 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:31
には残っていなかったのかもしれないそして今CDに
21 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:35
聴く彼の音楽は燃え尽きるまで燃焼し続ける六〇年代
22 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:39
型の生き方の荒々しい残響とも思えるウェストコース
23 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:42
トの光と影1『セイル・アウェイランディ・ニューマ
24 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:46
ン』一九八三年だと思うこのランディ・ニューマンが
25 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:50
ピアノの弾き語りという最少のセッティングで来日公
26 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:53
演したときその会場には過去のロックコンサートで見
27 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 11:57
られなかった光景があった幼稚園児ほどの子供を連れ
28 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:01
た両親あるいは母親が何組も見に来ていたのだ若い親
29 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:04
たちは子供に初めて見せるアーチストとして彼を選択
30 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:08
したのだろうそこには「自分たちの青春の良質な
31 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:10
しかし、すんげえ荒らし方だな
いくらなんでも、やりすぎだぞ
32 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:12
断片を見せる」という自己満足があるんだなと僕は好
33 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:16
意的に解釈したものだ本アルバムの発表はそのコンサ
34 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:19
ートより十一年前の七二年当時この音楽を歓迎した人
35 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:23
たちはロックにも古色に彩られた表現があり得アイロ
36 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:27
ニカルな渋いつぶやきも可能なことを知って喜んだの
37 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:30
だランディ・ニューマンは有名なライオネルとアルフ
38 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:34
レッドという二人の映画音楽作曲家を伯父にもちその
39 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:38
舞台裏をつぶさに見て育った点で生粋のハリウッド人
40 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:40
幾ら何でも最近の埋めるペースは完全に荒らしだぞ
ここにもルールってもんがある
41 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:42
間である本アルバムでもタイトル曲の「セイル・アウ
42 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:45
ェイ」は奴隷船の航海であり大道芸人や孤独な老人を
43 3人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:49
少なくとも一時間半程度の間見つけられなかったらしいな
いやどんだけ隠したいんだよドン引きだわゆうきゆう
まだ何の話題もはじまってなかっただろ
44 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:49
うたい映画『ナインハーフ』に使われた「帽子は被っ
45 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:53
てな」は恋人にストリップを演じさせる男の歌といっ
46 4人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:56
荒らしているのは本人ではないと思う
先生のために、と思ってやっている奴だろう
時々埋めるぐらいなら良いが
こんなハイペースで荒らしていたら、
ゆうきゆう=2ちゃん荒らしてるってイメージつくだろ

かえって仇になるようなことすんな、アホ
51 5人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:11
>>46
実際本人暇じゃないだろうからな
業者の可能性はあるだろうが
55 4人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:21
>>51
業者ではないと確信している
68 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:06
>>55
事情知ってる人?
個人的にはスレが残ってる方が先生にとって害悪だろうから流した方がいいと思うけどね
アンチもそろそろ飽きてきた頃じゃないの
72 4人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:15
>>68
ここには書けない

関係ない事書いて埋める方が先生の為だろう
過去ログで残って検索され見られても
意味不明な文章しかなければ、
本人のために、クリニックのためになるだろう
だから、このまま荒らしに荒らされる方が先生の為ではある

だがな・・・

この2カ月ぐらい、ピンクの洋服をきて大砲を持った人間が、頭に何度も思い浮かび苦しい
152 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:39
>>72かっこいいなお前!!ない人々であるらしい。
549 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:50
>>72かっこいいなお前!!ない人々であるらしい。
197 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:53
>>68
飽きてないよー
定期的にスレは立ててあげるね
スレある方が害悪ってなに?
害悪になるようなことしたのは本人だよね?
47 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 12:56
た具合だ自分のピアノを軸にレトロなストリングスを
48 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:00
駆使しアメリカの諸相に屈折した視線を送る彼の
49 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:04
センスはウェストコースト音楽の陽性の系譜から
50 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:07
は外れていた当時のアメリカでも彼の支持者は十代の
52 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:11
ロックファンではなく大学生からリベラルな大人たち
53 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:15
にかけての人々だったランディ・ニューマンは七二年
54 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:18
の百花咲き乱れるロックシーンにあってアメリカ音
56 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:22
楽のひとつの普遍の形をLAという都会をスタンス
57 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:26
に実現してみせた個人だその後も彼の音楽の基調
58 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:30
は変わらずファン層も彼とともに年をとってきている
59 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:33
アーチストとファンのこうした関係はロック音楽にお
60 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:37
いてはまれな例だ「ロンリー・アット・ザ・トップ!
61 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:41
」「バーノン!」客席からリクエストした親を子供た
62 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:44
ちはおぼえているだろうかあのとき日本の若い大人
63 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:48
たちは自分のロック的な知性を再確認したかったの
64 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:52
だと思う2『紫の峡谷ライ・クーダー』およそロック
65 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:55
という音楽がそれまでのブルースやゴスペルフォーク
66 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 13:59
やカントリーといった伝統の上に成り立っていること
67 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:03
はどなたもご存じだろうと思うある新しい音楽が実は
69 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:07
どんな背景と工夫から生まれたかの分析はこのライ・
70 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:10
クーダーのようなミュージシャンが現れるまでもっぱ
71 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:14
ら評論家の特権に属していただが彼はまるで世界一楽
234 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:51
>>71た日本のロック・グループはっぴいえんどを中心に当
618 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:01
>>71た日本のロック・グループはっぴいえんどを中心に当
73 6人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:15
飽きててスレ消えてたのに目立つ真似して掘り返したのがこの荒らしなんだが?
臭い物に蓋しようとしているその汚い性根が気に食わない
75 4人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:19
>>73
ああ、苦しい
黙っていれば、私は徳を積めるのでしょうか
見て見ぬフリをすれば、徳を積めるのか
勇気が欲しい
85 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:48
>>75
当事者にもう何も隠すことなどないだろう
徳とかキモいこと言ってんじゃねえよ
知ったかして勿体ぶって身近な関係者装ってるなら荒らしよりウザいからとっとと死ね
92 4人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:11
>>85
お前が死ね
96 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:17
>>92
いいから死ねよクズ
お前こそ関係者やファンの振りして陥れようとしてんだろ
それとも告発者と同じストーカーなの?
99 4人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:21
>>96
何か都合でも悪いですかー?
お前は勘が悪いんだな
豆腐の角に頭ぶつけて死ねよ
この不細工が
150 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:32
>>85いってこい! 否。多い処の騒ぎでなく、現在の本当のことです
547 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:42
>>85いってこい! 否。多い処の騒ぎでなく、現在の本当のことです
74 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:18
しくて優秀な音楽の先生みたいに歴史的な音楽のすみ
76 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:21
ずみにまで精通しそれらを現代語に翻訳して演じ
77 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:25
てくれるのだ教養も一流なら演奏者としても超一流七
78 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:29
〇年代の僕たちにとってライ・クーダーの音楽はロッ
79 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:29
このスレッドは荒らしがたてのか?
80 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:32
クの生きた血統書のような効力があったさらに大
81 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:36
事なことはその一曲一曲が彼独自のユーモアやエスプ
82 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:40
リで解釈されて演奏される面白さだそれはいわゆるリ
83 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:43
バイバルとは違うSPレコードの溝に埋葬されていた
84 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:47
曲がロックとの血のつながりを証明されるのと同時に
86 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:51
現代的な生命と魅力を与えられてよみがえる彼の音楽
87 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:54
を語ることはだからロックの重要なイミ[#「イミ」
88 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 14:58
に傍点]を明らかにすることだとも思うこの紫の峡
89 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:02
谷は彼の2枚目のアルバムとして七二年に発表され
90 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:06
たまず往年のハリウッド映画を賛美したようなジャケ
91 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:09
ットがすごくウケたダブルの表中裏と三九年製ビュイ
93 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:13
ックに乗るクーダー夫妻の背景はすべてそれとわかる
94 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:16
身近な関係者じゃなくても見てれば分かるわな
95 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:17
書き割りハッピーな映画を連想させつつ取り上げる歌
97 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:18
香ばしいから分かるよな
ガキには無理だろうが
98 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:20
は不況時代の世相を反映したものが主だからここでハ
100 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:22
1条さんは、ストーカなの?
101 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:22
この騒動もはっきりよく分からないまま鎮火しそうだな
102 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:24
92がゆうきゆうだったら残念だよな
103 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:24
リウッドはおちょくられた[#「おちょくられた」に
104 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:28
傍点]のだと思えるこんな絵解きにひどく熱中したの
105 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:31
も七二年当時の日本の若者たちだった後の映画『パリ
106 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:35
・テキサス』で広く知られるようにライ・クーダーの
107 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:39
ボトルネック・ギターは言葉にも勝る表現力をもつ人
108 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:42
間の絶望までも音にするだがここでの彼のボーカルは
109 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:46
暗い時代が生んだ歌を深刻には表現しない失うものさ
110 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:50
えない人間の笑うしかない楽天ぶりを演じる前回のラ
111 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:54
ンディ・ニューマンの個性がネガティブだったのに対
112 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 15:57
してこのライ・クーダーの歌はヒネられているにせよ
113 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:01
明るくポジティブだ以後彼の音楽的興味はメキシコハ
114 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:05
ワイ沖縄へと広がっていく3『ホテル・カリフォルニ
115 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:08
アイーグルス』イーグルスがウェストコーストの代表
116 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:12
的グループだったことこの『ホテル・カリフォルニア
117 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:16
』がロックファンの枠を超えて一般的ベストセラーに
118 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:19
なったことはポピュラー音楽史に隠れもない事実とい
119 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:23
える七六年この年はロックにとってターニングポイン
120 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:27
トになった年だといまも僕は思うロックが従来のポッ
121 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:30
プスと決別した事情を知る世代がオトナになり市民生
122 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:34
活に見合う音楽しか聴かなくなった古株のバンドやシ
123 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:38
ンガー&ソングライターたちもAOR(オトナ向けロ
124 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:42
ック)に転向して生き残りを図りディスコ音楽やフュ
125 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:45
ージョンが時代を映したそれらに不満な若者たちはト
126 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:49
ンガッ[#「トンガッ」に傍点]てパンクに自己を投
127 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:53
影した結局そのすべてがレコード産業の成長拡大に寄
128 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 16:56
与したのだジャズでもそうだが音楽自体が発展中の時
129 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:00
期より停滞か形骸化してからのほうが商業的には好況
130 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:04
を示すものらしい「ホテル・カリフォルニア」のボー
131 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:07
イは強い酒を注文した客に対してこうこたえる「六九
132 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:11
年以降ここにはスピリットはございません」この
133 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:15
スピリットが蒸留酒と精神との掛け言葉であることは
134 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:18
もちろんだこの一節は日本でも評判になっただが注目
135 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:22
した人々はおそらくこのレコードを嬉々として買った
136 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:26
人々とは別な少数派だったのだろう当時日本では西海
137 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:30
岸ブームのまっ最中だったTシャツジーンズスニーカ
138 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:33
ーが定番ファッションでありパームツリーと青い空が
139 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:37
あこがれのイメージでありこのイーグルスのヒット曲
140 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:41
名でもあるテイク・イット・イージー(気楽にい
141 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:44
こうぜ)が若者たちの合言葉だったのだから六九年
142 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:48
以来スピリットがないという告発が七二年に「気楽
143 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:52
にいこう」で有名になったそのグループによってなさ
144 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:55
れたムジュンはついに西海岸ボーイたちの問題になる
145 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 17:59
ことはなかったそれどころかホテル・カリフォルニ
146 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:03
アこそ彼らのライフスタイルを代表する歌として百
147 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:06
パーセント肯定的に迎えられたのだだがこの曲がそれ
148 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:26
バカなんじゃないかふざけんなばかものめが
149 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:28
そのままでいいんだっていいんだってほんとのもうバカだから
151 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:36
本の大衆の百人中九十九人までは「能ぎらい」もしくは能に対して理解をもた
153 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:43
ところがこの能ぎらいの人々について考えて
みると能の性質がよくわかる。
154 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:47
目下日本で流行している音曲とか舞楽というものは随分沢山ある。上は宮中
155 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:51
の雅楽から下は俗謡に到るまで数十百種に上るであろう。
156 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:54
ところでその中でも芸術的価値の薄いものほどわかり易くて面白いので、又、
157 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 18:58
そんなものほど余計に大衆的のファンを持っているのは余儀ない次第である。
158 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:02
つまりその中に「解り易い」とか「面白い」とか「うまい」とか「奇抜だ」と
159 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:05
か「眼新しい」とか言う分子が余計に含まれているからで、演者や、観衆、も
160 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:09
しくは聴衆が余り芸術的に高潮せずとも、ストーリーの興味や、リズムの甘さ、
161 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:13
舞台面の迫真性、もしくは装飾美等に十分に酔って行く事が出来るからである。
162 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:16
然るに能はなかなかそうは行かない。第一流の名人が演じても、容易に共鳴
163 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:20
出来ないので、坐り直して、深呼吸をして、臍下丹田に力を籠めて正視しても
164 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:24
何処がいいのかわからない場合が多い。
165 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:27
「世の中に能ぐらい面白くないシン気臭い芸術はない。日増しのお経みたよう
166 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:31
なものを大勢で唸っている横で、鼻の詰まったようなイキンだ掛け声をしなが
167 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:35
ら、間の抜けた拍子で鼓や太鼓をタタク。それに連れて煤けたお面を冠った、
168 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:39
奇妙な着物を着た人間が、ノロマが蜘蛛の巣を取るような恰好でソロリソロリ
169 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:42
とホツキ歩くのだから、トテモ退屈で見ていられない。第一外題や筋がパッと
170 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:46
しないし、文句の意味がチンプンカンプンでエタイがわからない。それを演ず
171 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:50
るにも、泣くとか、笑うとか、怒るとかいう表情を顔に出さないでノホホンの
172 7人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:51
age
173 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:53
仮面式に押し通すのだから、これ位たよりない芸術はない。二足か三足ソーッ
174 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:57
と歩いたばかりで何百里歩いた事になったり、
相手もないのに切り結んだり、
175 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 19:59
こんなに連投してよく規制されないな
いい加減、ご飯食べに行って来なよ
こんなことばっかりやっていても
つまらんだろうに
176 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:01
何万人もいるべき舞台面にタッタ二、三人しかいなかったりする。まるで芸術
177 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:02
メシ食ってこいよ、メシだメシ
178 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:03
おい、聞いてるか
179 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:04
表現の詐欺取財だ。あんなものが高尚な芸術なら、水を飲んで酔っ払って、空
180 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:06
自動と手動の両方か

しかし、いつまで続くんだ
スレッド立つ、埋める、スレッド立つ、埋める
エンドレスじゃないか
181 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:08
闇だ闇だらけ
182 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:08
ことも事実だ同時に甘美で哀切なメロディーを備えヒ
183 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:09
荒らし、メシはちゃんと食うんだぞ
タンパク質だ、タンパク質
ゆうき先生も言ってるだろ、タンパク質って
184 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:12
ット曲としてのオーソドキシーにかなってもいたおか
げで若者たちは自分たちの信じる文化が告発されてい
185 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:16
るなどとは思いもよらなかったそれほどこのアルバム
186 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:19
は完成度が高くできていた4『シルク・ディグリーズ
187 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:23
ボズ・スキャッグス』シティーミュージックとい
188 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:27
うのが当初の呼び名でありその耳当たりをソフト&
189 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:30
メロウと形容されのちにAOR(アダルト・オリエ
190 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:34
ンテッド・ロック)と総称された一連の音楽が七〇年
191 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:38
代の後半に流行したこのボズ・スキャッグスの『シル
192 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:41
ク・ディグリーズ』こそロックのそうしたオトナ化あ
るいは市民化を方向づけた代表作だろうジャケットの
193 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:45
写真の彼の髪は短くサングラスをかけスーツを着て海
194 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:49
辺のベンチに座っている全体の甘く物憂いトーンが音
195 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:49
アンチは一先ず置いておいて
ストーカー一歩手前の匂わせキチガイ信者みたいなのが湧くのはホント可哀想
まあビジネスモデルがビジネスモデルだし仕方がないのか
200 8人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:02
>>195
そういうお前は何なんだ?
なんか、アリ◯くせえなお前

アンチ嫌いだったが、アリ◯が一番嫌い
いつも偉そうで
アンチも擁護も罵りまくりだったよな
196 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:53
楽の洗練と都会性を物語ってもいた「だれに向けた音
198 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 20:56
楽だろう?」と僕は思っただが実際には米国にもロッ
199 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:00
ク疲れした元若者はいたし東京にもそれに同調して
シティーボーイを名乗りたい現若者がゴマンといた
201 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:04
のだただ不思議なのは昨日までザ・バンドだのライ・
202 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:07
クーダーをあがめていた人たちまで今日からソフト&
204 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:15
トレンドを追う」という生態でありつまりは都会派を
205 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:18
認じる人が自己を確認できる唯一の方法だったのだボ
206 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:22
ズ・スキャッグスはスティーヴ・ミラー・バンドを経
207 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:26
てソロとなり七六年のこの作品までに五枚のアルバム
208 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:29
を出していた南部のR&Bを基本にラテンの要素を導
209 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:33
入したりしながら独自な泥臭さに魅力のあるアーチス
210 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:37
トだったその彼がこれ以降ギターをボーカルマイクに
211 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:41
持ち替え白いスーツでステージに立つLAジゴロ風に
212 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:44
変身したのだジャーナリズムはこうした事態を「ロッ
クがついに市民権を得て真に主流の音楽になった」と
213 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:48
拍手とともに評したたしかにイブニングドレスとタキ
214 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:52
シードで聴きにいくロックなどかつてなかっただが「
215 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:55
基本的にトム・ジョーンズとどこが違うの?」という
216 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 21:59
素朴な質問に納得のいく回答を得ることもまたなかっ
217 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:03
た『シルク・ディグリーズ』はロック史に二つの大き
218 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:06
な功績を残したひとつはロックにエンターテインメ
219 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:10
ントという在り方を確立したこともうひとつはあの
220 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:14
時点でトレンディーでいるために音楽を聴くという人
々を明瞭にしたことだと思うそして「ロックはライフ
221 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:18
スタイルだ」と広言する人々がほとんどこのタイプに
222 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:21
属していたニュー東京ポップスの船出1『ライブ・は
223 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:25
っぴいえんど』その日は雨だったが夕刻会場近くに着
224 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:29
いてまず目に入ってきたのはえんえんと路上に続く人
225 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:32
の波だった一九七三年九月二十一日コンサート「CI
226 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:35
目の下のペイントキモくね?
センス悪すぎ
何したいのかわからん
周りの人止めてやれよ

話し方どもりがちなんだから
ライブは向かないねぇ
テンポが悪い
227 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:36
TY—LastTimeAround」が開かれた文
228 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:40
京公会堂肌寒い雨をものともせずに開場を待つ聴衆の
229 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:40
信者なのに投影とか知らないんだろうな
所詮信者ぶってるだけか
232 8人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:45
>>229
おまえ、ちっせえな
230 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:43
思いはやがて場内の熱い歓呼と拍手に結ばれた『ライ
231 8人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:44
心理学にのめり込む奴は変わってるやつ多い気がするんだが
覗き込みすぎると、かえっておかしくなるのか
233 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:47
ブ・はっぴいえんど』はこの日最後のステージを迎え
235 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:55
時ベルウッド・レーベルに所属していたアーチストの
236 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 22:58
演奏を収録したものだが同じ日の別のアーチストたち
237 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:02
を記録したショーボートからのライブ盤と合わせて客
238 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:06
席にいた一人には懐かしさとともにあのころのこの国
239 9人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:07
ところで図形ちゃんって凍結されたの?
ゆうきゆうの件以外でも無差別に煽りまくったから自業自得だとは思うけど
241 8人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:10
>>239
いなくなったのか
252 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:48
>>241
複垢は生きてる
元気にアイコン乞食やってるわ
240 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:09
の音楽シーンそのものを鮮明によみがえらせてくれる
242 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:13
この国のあらゆる国内産洋楽がそうであるようにロッ
クもまた英米のそれのひきうつしからスタートしたは
っぴいえんどにしてからがバッファロー・スプリング
243 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:17
フィールドぬきには語れないそうして雑多なグループ
244 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:20
雑多なシンガーがフェヴァリット・ミュージシャンの
245 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:24
影響を受けつつそれぞれに音楽の完成度を高めてきた
246 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:28
のがこの時期だったのだそれはまたロック特有の響き
247 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:32
やリズムを好みながらもできることなら自分たちの生
248 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:35
きている社会と時代に奥深くかかわる歌や音楽が欲し
249 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:39
いという聴き手一般の願望が徐々に満たされてきた時
250 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:43
期でもあっただからこそこの日満員の聴衆は都会の青
251 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:46
年の孤独やうつろいを歌うステージ上の演奏に熱い支
253 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:50
持を送ったのである実際このアルバムに聴くはっぴい
えんどの演奏はライブ特有の荒っぽさを伴いつつも躍
254 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:54
動感に満ちているそして一曲ごとに寄せられる拍手の
255 2人目 マロン名無しさん 2018-04-22 23:58
うねりグループの解散を惜しむだけではなく「これか
256 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:01
らわれらの時代の歌と音楽の本番が始まるのだ」とい
257 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:05
う期待と願望をそこに聞き取ったとしてもけっして間
258 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:09
違いではないはずだしかし結果から見ればこのコンサ
259 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:12
ートは実質的にはむしろ日本のロックがその活動の主
260 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:16
体をライブハウスからレコード製作へと移していく上
261 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:20
での橋渡しの意味のほうが強かったようだ事実この日
262 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:23
の出演者の顔ぶれの内には「華麗なるニュー東京ポッ
263 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:27
プス」こそが待機していたのである2『摩天楼のヒロ
264 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:31
イン南佳孝』日本のロック&ポップスの分水嶺となっ
265 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:34
た一九七三年九月二十一日のコンサート「CITY」
266 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:38
のステージにトップバッターとして登場したのが南佳
267 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:42
孝だったギターをジャズギタリストの高柳昌行に師事
268 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:46
しバンド生活のキャリアもある彼だったがシンガーと
269 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:49
しての実質的なデビューはまさにこの日それはまた彼
270 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:53
自身の最初のアルバム『摩天楼のヒロイン』が世に出
271 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 00:57
た日でもあった彼がそのころ追及していた音楽につい
272 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:00
てはこの種の音楽には珍しく数人のストリングスがバ
273 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:04
ックについたステージの光景そのものが端的に物語っ
274 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:08
ている室内楽的というよりはハリウッド的な甘い調べ
275 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:11
に乗ってあくまでもソフトに歌われるピアノ弾き語り
276 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:15
歌にも音にもノスタルジックな演出がほどこされ大昔
277 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:19
のショービジネスの世界が再現されたしかし『摩天楼
278 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:22
のヒロイン』は日本のロック&ポップスの短い歴史に
279 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:26
決して小さくはない足跡を残したユニークなアルバム
280 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:30
でもあった一つは自称ギャングやら路上の女こじきや
281 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:34
らを巧みに歌いこんだ詞のもつ完璧なまでのフィクシ
282 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:37
ョン性である一つはロック特有の音楽的な様式例えば
283 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:41
エレクトリックギターの刺激的なフレーズやドラムス
284 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:45
の激しいビートがなくても同世代の者の気分にフィッ
285 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:48
トしうる新しいポップスの可能性を示したことである
286 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:52
身の回りの出来事を題材に私小説的といっていい歌を
287 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:56
つくり歌うシンガー・ソングライターの作品が主流の
288 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 01:59
時代にあってそれはおよそ例外的なことだった南佳孝
289 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:03
独特のデリカシーに満ちた歌の味わいもさることなが
290 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:07
らそうした功績の大半は作詞のほとんどを担当した松
291 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:11
本隆にゆずるべきだろうアルバムづくりの面から見て
292 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:14
も作詞と歌唱その他の役割分担をはっきり決めた上で
293 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:18
プロデューサー的立場にある人物が全体を統括してい
294 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:22
くという新しい方法の芽生えがそこにはあったけれど
295 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:25
も松本隆=南佳孝による実験はこのアルバム一つを残
296 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:29
してあっけなく中絶する松本はこののち歌謡曲の世界
297 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:33
で作詞家として売り出し一方南は自作の曲でスター的
298 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:36
存在となっていくのだが両者が新しい場で生み出した
299 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:40
音楽はともに「華麗なる死体」とでも呼ぶしかないう
300 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:44
つろなニュー東京ポップスだった3『扉の冬吉田美奈
301 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:47
子』シングル盤中心にせわしなく自己回転していた日
302 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:51
本のレコード産業がようやくオリジナルアルバム製作
303 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:55
に本腰を入れ出したのが七〇年代前半だったただしト
304 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 02:59
ータルなテーマ設定のもと一曲一曲の内容や配列さら
305 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:02
にはバックの音づくりに工夫を凝らして歌い手の個性
306 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:06
を引き出していくというノウハウはどの企業にも乏し
307 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:10
く相次いで誕生したロックレーベルも実際の製作は外
308 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:13
部に頼った企画から録音までの一切をプロダクション
309 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:17
に依存する「原盤製作の外注化」であるこれは企画は
310 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:21
山ほどありながらレコーディングの場に恵まれなかっ
311 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:24
た小プロダクションにとってはやりたかったことを実
312 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:28
現する恰好のチャンスとなったその一つがはっぴいえ
313 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:32
んどのマネジメントから発展してできた製作集団「風
314 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:36
都市」であり南佳孝『摩天楼のヒロイン』とともに彼
315 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:39
らが当時のトリオレコードと組んで世に問うファース
316 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:43
トステップとなったのがこの『扉の冬』である今では
317 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:47
中堅のシンガーとして安定した活動を続ける吉田美奈
318 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:51
子のデビュー作という以上にこのアルバムはそうした
319 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:54
レコーディング事情の変化の記録として記憶に残る何
320 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 03:58
より印象的なのが入念なスタジオワークスタジオ仕事
321 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:02
専門のミュージシャンではなくバンド活動で鍛えられ
322 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:05
た連中のサポートであるだけに一音一音にまできめ細
323 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:09
かな配慮が行き届いておりそれが歌を背後からがっち
324 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:13
りと支えているのだそれと同時にいささかぎこちなさ
325 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:16
が残るとはいえ吉田美奈子の歌そのものも美しくのび
326 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:20
やかでしかも微妙な陰影に富んでいるそしてそこに浮
327 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:24
かび上がる一人の少女の心象スケッチそれは歌い手の
328 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:27
内部のミクロコスモスを思う存分詩的に展開する個性
329 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:31
的な「アルバムの時代」の到来を予感させるに十分だ
330 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:35
ったしかしいわゆるシンガー・ソングライターの音楽
331 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:39
が隆盛になるとはいえその後のポップスシーンは商業
332 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:42
的成功を目指してより万人向けのより口あたりのいい
333 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:46
音楽づくりへと動いたまるで品のいいギフト商品のよ
334 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:50
うなこぎれいにパッケージされた音楽を次々に再生産
335 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:53
する手慣れた芸だけが完成度を増す手慣れていくとは
336 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 04:57
結局何が欲しいのか何を実現したいのかという最初の
337 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:01
意志をを見失わせることなのか4『ひこうき雲荒井由
338 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:05
実』吉田美奈子の『扉の冬』がほぼ完成したころ同時
339 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:08
期に他レーベルで制作されていた女性シンガーのテー
340 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:12
プを聴く機会があった当時用いられていたオープンリ
341 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:16
ールのテープから流れ出てきたのはイージーリスニン
342 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:19
グ風のバックサウンズとぎこちない歌が溶けあうでも
343 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:23
なく分離するでもなく共存した音楽それが荒井由実そ
344 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:27
う後の松任谷由実のデビュー作『ひこうき雲』だった
345 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:30
歌謡ポップスみたいだなと感じた以外記憶らしい記憶
346 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:34
はなくはっきり言って印象は薄かったそれなのに居合
347 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:38
わせた『扉の冬』のスタッフが「こっちの方が売れそ
348 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:42
うだね」とつぶやいたのだけは今でも覚えているその
349 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:45
後のレコードシーンの展開は彼が予言したとおりにな
350 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:49
っていくわけだがこの七三年はりりィ『ダルシマ』中
351 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:53
山ラビ『私ってこんな』など女性シンガーの個性的な
352 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 05:56
アルバムが輩出した年でもあったではなぜ荒井由実だ
353 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:00
けが「メジャー」になりえたのか今『ひこうき雲』を
354 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:04
聴くとそのあたりの事情がはっきりと見えてくる彼女
355 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:08
の歌ははじめから「フィクション」への傾斜の強いも
356 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:11
のだった他のシンガーがどちらかといえば直接間接を
357 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:15
問わず自己の内面の物語にこだわった歌づくりを通し
358 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:19
たのに対し彼女の場合には「他人に聴いてもらうため
359 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:22
の音楽」という割り切りが意識的にか無意識的にかは
360 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:26
知らないが明確にあった「他者」を前提条件に作品を
361 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:30
つくるというのは姿勢としてはもちろん正しいことだ
362 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:33
しかし同時に彼女の歌は常に絶対に世の「多数派」の
363 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:37
ためのものでもあったたとえていえばストーリー仕立
364 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:41
ての広告コピーの感覚にそれは近いそしてそれがより
365 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:45
華やかでよりトレンディーなサウンドと結びついたと
366 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:48
き多数の聴き手がたちまちのうちにとびついた僕たち
367 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:52
はしばしば自分が何者であるかを知りたいがゆえに同
368 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:56
時代の音楽を聴く自分はどんな時代に生きているのか
369 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 06:59
を時代とともに自分はどこへ行こうとしているのかを
370 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:03
知るために荒井=松任谷由実はそう思って振り返ると
371 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:07
記号を貪婪に消費する「軽チャー」の時代を見事に先
372 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:10
取りしていたその音楽は尖端を気取る人たちのために
373 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:14
デザインされたビニール質のファッション商品だった
374 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:18
5『センチメンタル通りはちみつぱい』乱魔堂GOD
375 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:22
人民公社……七〇年代初めのライブハウスは耳慣れな
376 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:25
いバンドの洪水のようだった毎日のように次々と新し
377 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:29
いバンドが登場しては同じく急速に消えていったそう
378 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:33
いうライブハウスの日常の中でひときわ異彩を放って
379 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:36
いたのがこのはちみつぱいであるあがた森魚のバック
380 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:40
バンドとしてデビューした彼らは新しいアンプを得て
381 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:44
は音量を増大させていく部類のバンドが大半だった中
382 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:47
で常時日本語の歌を歌うだけでも十分目立つ存在だっ
383 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:51
たそんな彼らの記念すべきデビューアルバム『センチ
384 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:55
メンタル通り』(七三年)を聴いていると当時のステ
385 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 07:59
ージ風景がふんわりとよみがえってくる他のバンドが
386 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:02
エネルギーのありったけを注ぎ込んで直線的に突っ走
387 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:06
るのに対し彼らはいつだってゆったりのったり傍目に
388 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:10
はやる気があるともないとも判別しがたい演奏ぶりが
389 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:13
彼らの真骨頂だったいまにして思えばそれは彼らが「
390 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:17
他人によりよく聴かれる」ことよりも「自分たち自身
391 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:21
の気に入る音楽がどこまでつくれるか」に執着してい
392 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:24
た証拠だったのだろう技術的には当時の水準からして
393 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:28
も未熟だったが音楽へのそうしたアプローチはまさし
394 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:32
くロック的な「遊びの精神」を体現していたそれだけ
395 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:36
ではない東京の場末とおぼしき町でぼんやり空を見つ
396 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:39
めやる青年一音一音に畳み込まれている重たくどんよ
397 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:43
り垂れ込めた町の空気彼らの歌と演奏は大都会の中で
398 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:47
「何もすることがない」日々を送る時代の精神と深い
399 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:50
部分でつながっていただからこそ数こそ限られても支
400 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:54
持するファンは絶えることがなかったのだ常に「時代
401 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 08:58
の子」であることを意識しながらも「生きざま」など
402 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:02
という安っぽい言葉とは無縁にあくまでも軽々としか
403 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:05
し幾分かの皮肉と批判を込めて都会を歌い演奏してき
404 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:09
た彼らは短命に終わった他のバンドよりはるかにしぶ
405 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:13
とかったポップスシーンがはっきり「個人(スター)
406 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:16
の時代」へと進路を変えてからもユニークなポジショ
407 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:20
ンはそのままだった『センチメンタル通り』から二十
408 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:24
年近く一部メンバーが変わりサウンド面で新しい趣向
409 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:27
を取り入れながらも洒脱に自由闊達にロックするこの
410 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:31
バンドの本領はムーンライダースとしての最新作『最
411 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:35
後の晩餐』にまでしっかり受け継がれている黎明期の
412 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:38
大いなる混沌1『スーパーセッションブルームフィー
413 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:42
ルドクーパースティルス』「黎明」とはまだ物の形も
414 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:46
明らかでない夜明けのことだしたがってロックシーン
415 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:50
の黎明期にも今日から見れば玉石混淆としか言いよう
416 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:53
のないほど名盤?が輩出し結果はその多くがただの
417 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 09:57
石であった六〇年代末といえば世界的に若者たちの
418 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:01
価値観の変革期であるそしてロック音楽が各人のアイ
419 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:04
デンティティーのシンボルという役を担った時代だそ
420 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:08
の分だけ多様な試みが容認されひとくくりにニュー
421 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:12
ロックと呼ばれてとにもかくにも白熱していたこの
422 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:15
『スーパーセッション』は六八年の産ブルース・プロ
423 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:19
ジェクトやブラッド・スウェット&ティアーズを主宰
424 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:23
して東海岸の黒幕的存在だったアル・クーパーが同じ
425 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:26
く東側ではピカ一の白人ブルースギタリストだったマ
426 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:30
イケル・ブルームフィールドそして西海岸のバッファ
427 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:34
ロー・スプリングフィールドでスターになったスティ
428 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:38
ーヴン・スティルスを糾合して打った野心的セッ
429 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:41
ションである本アルバムが当時のロックシーンに与え
430 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:45
た影響の大きさはこのスーパーセッションなる言
431 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:49
葉が流行しあっちでもこっちでも同趣旨の企てが起こ
432 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:52
ったことで証明される演奏アイテムは主としてブルー
433 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 10:56
スだがそれがセッションという当意即妙の形式で行わ
434 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:00
れたこと自体が当時の素朴なファンにとっては新奇だ
435 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:03
った意義といえばそれ一点である演奏の内容となると
436 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:07
ジャズに親しんだ者の耳にその当意(アドリブ)はと
437 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:11
ても即妙(イマジネイティヴ)とはいえずどうにか即
438 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:15
興形式をとったという初歩的レベルにすぎなかったこ
439 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:18
こで再びその時代を問題にしたい当時ロックでは
440 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:22
やっと楽曲や歌手ばかりでなく演奏におけるプレーヤ
441 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:26
ーという存在に関心が向けられるようになったところ
442 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:29
だその風潮をとらえてこのアルバムは企画されたとい
443 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:33
えるだろう翌年に発表された『フィルモアの奇蹟』も
444 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:37
含めこの種のロックの信仰者はインプロヴィゼーショ
445 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:40
ンを音楽の至芸として尊んだだが当人が自覚していた
446 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:44
かどうかはともかくその価値観の根差すところにジャ
447 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:48
ズ・コンプレックスが潜んでいただろうと思うそして
448 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:52
ロック黎明期の混沌を解析するには各音楽の志向の動
449 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:55
機をコンプレックスに求める視点が有効なのだ2『ク
450 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 11:59
リムゾンキングの宮殿キング・クリムゾン』ロック黎
451 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:03
明期の混沌はその音楽の動機をコンプレックスに求め
452 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:07
ることで解析できると前回に書いたそして典型的な例
453 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:10
がとくに英国で興隆したプログレッシヴ(前衛的)ロ
454 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:14
ックとその信者のケースだろうこのジャンルにはピン
455 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:18
クフロイドイエスムーディーブルース初期ジェネシス
456 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:21
など英国のロック史のVIPたちが名を連ねる今回キ
457 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:25
ング・クリムゾンを採り上げた理由はこのデビューア
458 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:29
ルバム『クリムゾンキングの宮殿』が六九年秋あのビ
459 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:32
ートルズの『アビーロード』に替わって全英チャート
460 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:36
の王座に就いた事実がある象徴的な意味を持つと思え
461 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:40
るからだ当時ニューロックにはあらゆる試みが許
462 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:43
されていただが輩出するバンドのすべてがまるで宝く
463 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:47
じを当てたような自由を駆使するほど独自な創造性を
464 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:51
備えていたわけではない六九年のミュージシャンとフ
465 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:55
ァンの双方はまだビートルズ体験の夢からさめずにい
466 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 12:58
たあの想像力拡大の方向に次の音楽も発展していくも
467 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:02
のと信じていたのだそこで登場したプログレッシヴ・
468 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:06
ロックとはビートルズとはべつなアプローチによって
469 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:09
想像力拡大を模索した結果だったでその内容は劇場か
470 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:13
画廊のロビーで客たちが交わす会話の常套要素を音楽
471 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:17
として網羅するものとなったたとえば本アルバムにも
472 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:20
ジャズの即興演奏の実例前衛風味の無調音の実例鍵盤
473 10人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:21
キチガイあげ
474 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:24
楽器による電子音の実例などが完備されわけてもロマ
475 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:28
ン派クラシックよりも甘く美しいメロディーが他の諸
476 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:31
要素をコーティングしてファンを魅了したプログレッ
477 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:35
シヴ・ロックがある既存の音楽を要素に加えるときそ
478 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:39
れはその音楽への個人的執着や想いによるのではない
479 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:42
ジャズやクラシックや前衛音楽のひと通りを陳列し記
480 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:46
号に満ちて意味ありげなブティックを店開きするので
481 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:50
あるまさにその事実によって度肝を抜かれたファ
482 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:54
ンは確実にしかも多くいたまずロックにアイデンティ
483 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 13:57
ティーを求めながらそのどれが高尚かに迷う若者
484 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:01
にはうってつけの音楽だったさらに当時もう大人では
485 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:05
あったけれどなおロックの時代にコミットしよう
486 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:08
と努力する人の感性にもとても図式的でなじみやすい
487 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:12
音楽だった両者の選択に共通して横たわるのはその意
488 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:16
味ありげな音楽を好むことで自分をも意味ありげに見
489 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:20
せたい願いだった3『ウッドストックIサウンドトラ
490 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:23
ック』このIとIIの二集のアルバムに収められた催
491 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:27
しは六九年八月にニューヨーク州ウッドストックで開
492 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:31
かれたロック史に伝説的なイベントであるいま四十歳
493 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:34
前後の人が「ウッドストックの時代」と言えばそれは
494 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:38
あのヒッピーとフラワームーブメント華やかなりしこ
495 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:42
ろという意味だ女性シンガー&ソングライターのジョ
496 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:45
ニ・ミッチェルはこの催しの愛と平和の趣旨をう
497 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:49
たった「ウッドストック」をヒットさせたそしてその
498 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:53
カバーをヒットさせたイアン・マシューズが先ごろ来
499 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 14:56
日しこの歌をうたう前置きに「五十年前に習った曲で
500 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:00
すが」と言って笑わせた現在の世相も音楽シーンもそ
501 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:04
れほどこの時代から遠くなったそのことは事実だが酔
502 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:07
うなどしてひたすらウッドストック的なるものを
503 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:11
懐かしむ大人の口ぶりにたとえばこのアルバムにはそ
504 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:15
んなに素晴らしい演奏が詰まっているのかと思うのは
505 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:19
早合点だこのアルバムを青春のモニュメントにする人
506 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:22
はいるかもしれないだがその人にとっても大切なのは
507 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:26
自分の記憶であってこの音楽自体ではないはずだ『ウ
508 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:30
ッドストック』の記録映画が上映されたころ弁当を持
509 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:33
って上映される映画館をすべて見て回ったという人を
510 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:37
知っている当然ヒッピースタイルで劇場の外の道に座
511 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:41
り込んで開演時刻を待った七〇年代も後半になると彼
512 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:42
1が放置してんのがムカつく見てるだけなら死ねよ
513 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:44
の髪は短くカットされ待つのはテニスコートの開園時
514 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:48
刻になった流行とはそんなものだザ・フーサンタナス
515 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:52
ライ&ファミリー・ストーンジミ・ヘンドリックスジ
516 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:55
ョン・セバスチャンシャナナ等々出演メンバーの多様
517 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 15:59
さそのものが当時のロックシーンの活況と混沌を同時
518 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:03
に示していたイベントとしての意義はその三日間に四
519 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:07
十万人もの若者が集まったという動員数に集約されて
520 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:10
いたと思うそのことがなぜ大切なのかというとロック
521 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:14
の本質は多数の聴衆に対して同時で同様なコミュニケ
522 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:18
ーションをする点にあると信じられていたからだ当時
523 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:21
の若者たちはだから集うこと手をつなぐこと
524 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:25
を貴んだものだっただがいったんこの催しに参加した
525 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:29
出演者の中に「自分たちはウッドストック・フェスの
526 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:32
趣旨には向いていないだからアルバムと映画から外し
527 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:36
てほしい」と申し出た者がいたことも付記しておくザ
528 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:40
・バンドがそれである4『クロスビースティルス&ナ
529 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:43
ッシュ』ニューロックという音楽のニューた
530 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:47
る条件は革新性と大音量にあると信じられていた最中
531 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:51
にコーラスハーモニーとアコースティックサウンドが
532 11人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:53
これは酷い
ネットに書かれることはよほど都合が悪いのだろう
533 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:54
特色のこのグループは登場した過激さより繊細さを感
534 11人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:55
他でスレッド立てるしかないか
535 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 16:58
じさせたその音に少なからぬファンが「!?」と感じ
536 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:02
たはずだそれでもCS&Nが大いに注目されたのは彼
537 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:06
らが当時流行のスーパーグループの典型だったか
538 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:09
らだといえるだろうCは元バーズのデビッド・クロス
539 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:13
ビーSは元バッファロー・スプリングフィールドのス
540 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:17
ティーヴン・スティルスNは英国人で元ホリーズのグ
541 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:20
ラハム・ナッシュそして二作目の『デジャヴ』以降S
542 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:24
の同僚だったYニール・ヤングも加わって七〇年代の
543 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:28
代表的バンドのひとつになっていくCS&Nの音楽を
544 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:31
歓迎した人たちはロックの可能性をケレンやこ
545 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:35
どちらかというと華奢な感じの私ですが、
マイクの前では大胸筋をグッと膨らませ、その生き様を演じたいと思います
546 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:39
そのままでいいんだっていいんだってほんとのもうバカだから
548 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:46
本の大衆の百人中九十九人までは「能ぎらい」もしくは能に対して理解をもた
550 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:54
ところがこの能ぎらいの人々について考えて
みると能の性質がよくわかる。
551 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 17:57
目下日本で流行している音曲とか舞楽というものは随分沢山ある。上は宮中
552 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:01
の雅楽から下は俗謡に到るまで数十百種に上るであろう。
553 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:05
ところでその中でも芸術的価値の薄いものほどわかり易くて面白いので、又、
554 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:08
そんなものほど余計に大衆的のファンを持っているのは余儀ない次第である。
555 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:12
つまりその中に「解り易い」とか「面白い」とか「うまい」とか「奇抜だ」と
556 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:16
か「眼新しい」とか言う分子が余計に含まれているからで、演者や、観衆、も
557 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:19
しくは聴衆が余り芸術的に高潮せずとも、ストーリーの興味や、リズムの甘さ、
558 11人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:20
スレ立てるのは簡単だからね
559 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:23
舞台面の迫真性、もしくは装飾美等に十分に酔って行く事が出来るからである。
560 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:27
然るに能はなかなかそうは行かない。第一流の名人が演じても、容易に共鳴
561 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:30
出来ないので、坐り直して、深呼吸をして、臍下丹田に力を籠めて正視しても
562 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:34
何処がいいのかわからない場合が多い。
563 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:38
「世の中に能ぐらい面白くないシン気臭い芸術はない。日増しのお経みたよう
564 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:42
なものを大勢で唸っている横で、鼻の詰まったようなイキンだ掛け声をしなが
565 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:45
ら、間の抜けた拍子で鼓や太鼓をタタク。それに連れて煤けたお面を冠った、
566 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:49
奇妙な着物を着た人間が、ノロマが蜘蛛の巣を取るような恰好でソロリソロリ
567 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:53
とホツキ歩くのだから、トテモ退屈で見ていられない。第一外題や筋がパッと
568 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 18:56
しないし、文句の意味がチンプンカンプンでエタイがわからない。それを演ず
569 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:00
るにも、泣くとか、笑うとか、怒るとかいう表情を顔に出さないでノホホンの
570 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:04
仮面式に押し通すのだから、これ位たよりない芸術はない。二足か三足ソーッ
571 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:07
と歩いたばかりで何百里歩いた事になったり、
相手もないのに切り結んだり、
572 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:11
何万人もいるべき舞台面にタッタ二、三人しかいなかったりする。まるで芸術
573 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:15
表現の詐欺取財だ。あんなものが高尚な芸術なら、水を飲んで酔っ払って、空
574 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:19
ことも事実だ同時に甘美で哀切なメロディーを備えヒ
575 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:22
ット曲としてのオーソドキシーにかなってもいたおか
げで若者たちは自分たちの信じる文化が告発されてい
576 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:26
るなどとは思いもよらなかったそれほどこのアルバム
577 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:30
は完成度が高くできていた4『シルク・ディグリーズ
578 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:33
ボズ・スキャッグス』シティーミュージックとい
579 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:37
うのが当初の呼び名でありその耳当たりをソフト&
580 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:41
メロウと形容されのちにAOR(アダルト・オリエ
581 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:44
ンテッド・ロック)と総称された一連の音楽が七〇年
582 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:48
代の後半に流行したこのボズ・スキャッグスの『シル
583 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:52
ク・ディグリーズ』こそロックのそうしたオトナ化あ
るいは市民化を方向づけた代表作だろうジャケットの
584 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:55
写真の彼の髪は短くサングラスをかけスーツを着て海
585 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 19:59
辺のベンチに座っている全体の甘く物憂いトーンが音
586 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:03
楽の洗練と都会性を物語ってもいた「だれに向けた音
587 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:06
楽だろう?」と僕は思っただが実際には米国にもロッ
588 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:10
ク疲れした元若者はいたし東京にもそれに同調して
シティーボーイを名乗りたい現若者がゴマンといた
589 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:14
のだただ不思議なのは昨日までザ・バンドだのライ・
590 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:18
クーダーをあがめていた人たちまで今日からソフト&
592 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:25
トレンドを追う」という生態でありつまりは都会派を
593 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:29
認じる人が自己を確認できる唯一の方法だったのだボ
594 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:32
ズ・スキャッグスはスティーヴ・ミラー・バンドを経
595 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:36
てソロとなり七六年のこの作品までに五枚のアルバム
596 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:40
を出していた南部のR&Bを基本にラテンの要素を導
597 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:43
入したりしながら独自な泥臭さに魅力のあるアーチス
598 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:47
トだったその彼がこれ以降ギターをボーカルマイクに
599 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:51
持ち替え白いスーツでステージに立つLAジゴロ風に
600 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:54
変身したのだジャーナリズムはこうした事態を「ロッ
クがついに市民権を得て真に主流の音楽になった」と
601 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 20:58
拍手とともに評したたしかにイブニングドレスとタキ
602 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:02
シードで聴きにいくロックなどかつてなかっただが「
603 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:06
基本的にトム・ジョーンズとどこが違うの?」という
604 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:09
素朴な質問に納得のいく回答を得ることもまたなかっ
605 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:13
た『シルク・ディグリーズ』はロック史に二つの大き
606 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:17
な功績を残したひとつはロックにエンターテインメ
607 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:20
ントという在り方を確立したこともうひとつはあの
608 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:24
時点でトレンディーでいるために音楽を聴くという人
々を明瞭にしたことだと思うそして「ロックはライフ
609 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:28
スタイルだ」と広言する人々がほとんどこのタイプに
610 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:31
属していたニュー東京ポップスの船出1『ライブ・は
611 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:35
っぴいえんど』その日は雨だったが夕刻会場近くに着
612 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:39
いてまず目に入ってきたのはえんえんと路上に続く人
613 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:42
の波だった一九七三年九月二十一日コンサート「CI
614 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:46
TY—LastTimeAround」が開かれた文
615 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:50
京公会堂肌寒い雨をものともせずに開場を待つ聴衆の
616 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:53
思いはやがて場内の熱い歓呼と拍手に結ばれた『ライ
617 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 21:57
ブ・はっぴいえんど』はこの日最後のステージを迎え
619 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:05
時ベルウッド・レーベルに所属していたアーチストの
620 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:08
演奏を収録したものだが同じ日の別のアーチストたち
621 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:12
を記録したショーボートからのライブ盤と合わせて客
622 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:16
席にいた一人には懐かしさとともにあのころのこの国
623 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:19
の音楽シーンそのものを鮮明によみがえらせてくれる
624 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:23
この国のあらゆる国内産洋楽がそうであるようにロッ
クもまた英米のそれのひきうつしからスタートしたは
っぴいえんどにしてからがバッファロー・スプリング
625 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:27
フィールドぬきには語れないそうして雑多なグループ
626 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:30
雑多なシンガーがフェヴァリット・ミュージシャンの
627 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:34
影響を受けつつそれぞれに音楽の完成度を高めてきた
628 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:38
のがこの時期だったのだそれはまたロック特有の響き
629 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:41
やリズムを好みながらもできることなら自分たちの生
630 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:45
きている社会と時代に奥深くかかわる歌や音楽が欲し
631 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:49
いという聴き手一般の願望が徐々に満たされてきた時
632 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:53
期でもあっただからこそこの日満員の聴衆は都会の青
633 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 22:56
年の孤独やうつろいを歌うステージ上の演奏に熱い支
634 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:00
持を送ったのである実際このアルバムに聴くはっぴい
えんどの演奏はライブ特有の荒っぽさを伴いつつも躍
635 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:04
動感に満ちているそして一曲ごとに寄せられる拍手の
636 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:07
うねりグループの解散を惜しむだけではなく「これか
637 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:11
らわれらの時代の歌と音楽の本番が始まるのだ」とい
638 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:15
う期待と願望をそこに聞き取ったとしてもけっして間
639 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:19
違いではないはずだしかし結果から見ればこのコンサ
640 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:22
ートは実質的にはむしろ日本のロックがその活動の主
641 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:26
体をライブハウスからレコード製作へと移していく上
642 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:30
での橋渡しの意味のほうが強かったようだ事実この日
643 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:33
の出演者の顔ぶれの内には「華麗なるニュー東京ポッ
644 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:37
プス」こそが待機していたのである2『摩天楼のヒロ
645 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:41
イン南佳孝』日本のロック&ポップスの分水嶺となっ
646 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:44
た一九七三年九月二十一日のコンサート「CITY」
647 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:48
のステージにトップバッターとして登場したのが南佳
648 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:52
孝だったギターをジャズギタリストの高柳昌行に師事
649 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:55
しバンド生活のキャリアもある彼だったがシンガーと
650 2人目 マロン名無しさん 2018-04-23 23:59
しての実質的なデビューはまさにこの日それはまた彼
651 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:03
自身の最初のアルバム『摩天楼のヒロイン』が世に出
652 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:07
た日でもあった彼がそのころ追及していた音楽につい
653 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:10
てはこの種の音楽には珍しく数人のストリングスがバ
654 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:14
ックについたステージの光景そのものが端的に物語っ
655 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:18
ている室内楽的というよりはハリウッド的な甘い調べ
656 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:21
に乗ってあくまでもソフトに歌われるピアノ弾き語り
657 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:25
歌にも音にもノスタルジックな演出がほどこされ大昔
658 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:29
のショービジネスの世界が再現されたしかし『摩天楼
659 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:32
のヒロイン』は日本のロック&ポップスの短い歴史に
660 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:36
決して小さくはない足跡を残したユニークなアルバム
661 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:40
でもあった一つは自称ギャングやら路上の女こじきや
662 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:43
らを巧みに歌いこんだ詞のもつ完璧なまでのフィクシ
663 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:47
ョン性である一つはロック特有の音楽的な様式例えば
664 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:51
エレクトリックギターの刺激的なフレーズやドラムス
665 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:54
の激しいビートがなくても同世代の者の気分にフィッ
666 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 00:58
トしうる新しいポップスの可能性を示したことである
667 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:02
身の回りの出来事を題材に私小説的といっていい歌を
668 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:06
つくり歌うシンガー・ソングライターの作品が主流の
669 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:09
時代にあってそれはおよそ例外的なことだった南佳孝
670 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:13
独特のデリカシーに満ちた歌の味わいもさることなが
671 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:17
らそうした功績の大半は作詞のほとんどを担当した松
672 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:20
本隆にゆずるべきだろうアルバムづくりの面から見て
673 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:24
も作詞と歌唱その他の役割分担をはっきり決めた上で
674 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:28
プロデューサー的立場にある人物が全体を統括してい
675 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:32
くという新しい方法の芽生えがそこにはあったけれど
676 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:35
も松本隆=南佳孝による実験はこのアルバム一つを残
677 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:39
してあっけなく中絶する松本はこののち歌謡曲の世界
678 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:43
で作詞家として売り出し一方南は自作の曲でスター的
679 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:46
存在となっていくのだが両者が新しい場で生み出した
680 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:50
音楽はともに「華麗なる死体」とでも呼ぶしかないう
681 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:54
つろなニュー東京ポップスだった3『扉の冬吉田美奈
682 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 01:57
子』シングル盤中心にせわしなく自己回転していた日
683 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:01
本のレコード産業がようやくオリジナルアルバム製作
684 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:05
に本腰を入れ出したのが七〇年代前半だったただしト
685 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:09
ータルなテーマ設定のもと一曲一曲の内容や配列さら
686 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:12
にはバックの音づくりに工夫を凝らして歌い手の個性
687 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:16
を引き出していくというノウハウはどの企業にも乏し
688 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:20
く相次いで誕生したロックレーベルも実際の製作は外
689 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:23
部に頼った企画から録音までの一切をプロダクション
690 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:27
に依存する「原盤製作の外注化」であるこれは企画は
691 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:31
山ほどありながらレコーディングの場に恵まれなかっ
692 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:34
た小プロダクションにとってはやりたかったことを実
693 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:38
現する恰好のチャンスとなったその一つがはっぴいえ
694 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:42
んどのマネジメントから発展してできた製作集団「風
695 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:45
都市」であり南佳孝『摩天楼のヒロイン』とともに彼
696 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:49
らが当時のトリオレコードと組んで世に問うファース
697 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:53
トステップとなったのがこの『扉の冬』である今では
698 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 02:57
中堅のシンガーとして安定した活動を続ける吉田美奈
699 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:00
子のデビュー作という以上にこのアルバムはそうした
700 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:04
レコーディング事情の変化の記録として記憶に残る何
701 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:08
より印象的なのが入念なスタジオワークスタジオ仕事
702 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:11
専門のミュージシャンではなくバンド活動で鍛えられ
703 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:15
た連中のサポートであるだけに一音一音にまできめ細
704 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:19
かな配慮が行き届いておりそれが歌を背後からがっち
705 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:22
りと支えているのだそれと同時にいささかぎこちなさ
706 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:26
が残るとはいえ吉田美奈子の歌そのものも美しくのび
707 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:30
やかでしかも微妙な陰影に富んでいるそしてそこに浮
708 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:34
かび上がる一人の少女の心象スケッチそれは歌い手の
709 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:37
内部のミクロコスモスを思う存分詩的に展開する個性
710 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:41
的な「アルバムの時代」の到来を予感させるに十分だ
711 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:45
ったしかしいわゆるシンガー・ソングライターの音楽
712 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:48
が隆盛になるとはいえその後のポップスシーンは商業
713 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:52
的成功を目指してより万人向けのより口あたりのいい
714 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:56
音楽づくりへと動いたまるで品のいいギフト商品のよ
715 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 03:59
うなこぎれいにパッケージされた音楽を次々に再生産
716 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:03
する手慣れた芸だけが完成度を増す手慣れていくとは
717 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:07
結局何が欲しいのか何を実現したいのかという最初の
718 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:10
意志をを見失わせることなのか4『ひこうき雲荒井由
719 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:14
実』吉田美奈子の『扉の冬』がほぼ完成したころ同時
720 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:18
期に他レーベルで制作されていた女性シンガーのテー
721 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:21
プを聴く機会があった当時用いられていたオープンリ
722 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:25
ールのテープから流れ出てきたのはイージーリスニン
723 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:29
グ風のバックサウンズとぎこちない歌が溶けあうでも
724 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:32
なく分離するでもなく共存した音楽それが荒井由実そ
725 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:36
う後の松任谷由実のデビュー作『ひこうき雲』だった
726 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:40
歌謡ポップスみたいだなと感じた以外記憶らしい記憶
727 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:44
はなくはっきり言って印象は薄かったそれなのに居合
728 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:47
わせた『扉の冬』のスタッフが「こっちの方が売れそ
729 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:51
うだね」とつぶやいたのだけは今でも覚えているその
730 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:55
後のレコードシーンの展開は彼が予言したとおりにな
731 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 04:58
っていくわけだがこの七三年はりりィ『ダルシマ』中
732 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:02
山ラビ『私ってこんな』など女性シンガーの個性的な
733 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:06
アルバムが輩出した年でもあったではなぜ荒井由実だ
734 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:09
けが「メジャー」になりえたのか今『ひこうき雲』を
735 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:13
聴くとそのあたりの事情がはっきりと見えてくる彼女
736 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:17
の歌ははじめから「フィクション」への傾斜の強いも
737 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:20
のだった他のシンガーがどちらかといえば直接間接を
738 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:24
問わず自己の内面の物語にこだわった歌づくりを通し
739 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:28
たのに対し彼女の場合には「他人に聴いてもらうため
740 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:31
の音楽」という割り切りが意識的にか無意識的にかは
741 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:35
知らないが明確にあった「他者」を前提条件に作品を
742 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:39
つくるというのは姿勢としてはもちろん正しいことだ
743 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:42
しかし同時に彼女の歌は常に絶対に世の「多数派」の
744 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:46
ためのものでもあったたとえていえばストーリー仕立
745 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:50
ての広告コピーの感覚にそれは近いそしてそれがより
746 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:54
華やかでよりトレンディーなサウンドと結びついたと
747 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 05:57
き多数の聴き手がたちまちのうちにとびついた僕たち
748 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:01
はしばしば自分が何者であるかを知りたいがゆえに同
749 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:05
時代の音楽を聴く自分はどんな時代に生きているのか
750 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:08
を時代とともに自分はどこへ行こうとしているのかを
751 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:12
知るために荒井=松任谷由実はそう思って振り返ると
752 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:16
記号を貪婪に消費する「軽チャー」の時代を見事に先
753 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:19
取りしていたその音楽は尖端を気取る人たちのために
754 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:23
デザインされたビニール質のファッション商品だった
755 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:27
5『センチメンタル通りはちみつぱい』乱魔堂GOD
756 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:30
人民公社……七〇年代初めのライブハウスは耳慣れな
757 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:34
いバンドの洪水のようだった毎日のように次々と新し
758 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:38
いバンドが登場しては同じく急速に消えていったそう
759 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:41
いうライブハウスの日常の中でひときわ異彩を放って
760 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:45
いたのがこのはちみつぱいであるあがた森魚のバック
761 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:49
バンドとしてデビューした彼らは新しいアンプを得て
762 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:53
は音量を増大させていく部類のバンドが大半だった中
763 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 06:56
で常時日本語の歌を歌うだけでも十分目立つ存在だっ
764 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:00
たそんな彼らの記念すべきデビューアルバム『センチ
765 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:04
メンタル通り』(七三年)を聴いていると当時のステ
766 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:07
ージ風景がふんわりとよみがえってくる他のバンドが
767 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:11
エネルギーのありったけを注ぎ込んで直線的に突っ走
768 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:15
るのに対し彼らはいつだってゆったりのったり傍目に
769 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:18
はやる気があるともないとも判別しがたい演奏ぶりが
770 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:22
彼らの真骨頂だったいまにして思えばそれは彼らが「
771 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:26
他人によりよく聴かれる」ことよりも「自分たち自身
772 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:29
の気に入る音楽がどこまでつくれるか」に執着してい
773 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:33
た証拠だったのだろう技術的には当時の水準からして
774 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:37
も未熟だったが音楽へのそうしたアプローチはまさし
775 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:41
くロック的な「遊びの精神」を体現していたそれだけ
776 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:44
ではない東京の場末とおぼしき町でぼんやり空を見つ
777 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:48
めやる青年一音一音に畳み込まれている重たくどんよ
778 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:52
り垂れ込めた町の空気彼らの歌と演奏は大都会の中で
779 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:55
「何もすることがない」日々を送る時代の精神と深い
780 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 07:59
部分でつながっていただからこそ数こそ限られても支
781 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:03
持するファンは絶えることがなかったのだ常に「時代
782 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:06
の子」であることを意識しながらも「生きざま」など
783 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:10
という安っぽい言葉とは無縁にあくまでも軽々としか
784 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:14
し幾分かの皮肉と批判を込めて都会を歌い演奏してき
785 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:17
た彼らは短命に終わった他のバンドよりはるかにしぶ
786 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:21
とかったポップスシーンがはっきり「個人(スター)
787 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:25
の時代」へと進路を変えてからもユニークなポジショ
788 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:29
ンはそのままだった『センチメンタル通り』から二十
789 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:32
年近く一部メンバーが変わりサウンド面で新しい趣向
790 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:36
を取り入れながらも洒脱に自由闊達にロックするこの
791 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:40
バンドの本領はムーンライダースとしての最新作『最
792 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:43
後の晩餐』にまでしっかり受け継がれている黎明期の
793 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:47
大いなる混沌1『スーパーセッションブルームフィー
794 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:51
ルドクーパースティルス』「黎明」とはまだ物の形も
795 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:54
明らかでない夜明けのことだしたがってロックシーン
796 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 08:58
の黎明期にも今日から見れば玉石混淆としか言いよう
797 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:02
のないほど名盤?が輩出し結果はその多くがただの
798 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:05
石であった六〇年代末といえば世界的に若者たちの
799 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:09
価値観の変革期であるそしてロック音楽が各人のアイ
800 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:13
デンティティーのシンボルという役を担った時代だそ
801 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:16
の分だけ多様な試みが容認されひとくくりにニュー
802 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:20
ロックと呼ばれてとにもかくにも白熱していたこの
803 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:24
『スーパーセッション』は六八年の産ブルース・プロ
804 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:27
ジェクトやブラッド・スウェット&ティアーズを主宰
805 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:31
して東海岸の黒幕的存在だったアル・クーパーが同じ
806 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:34
保吉やすきちはずつと以前からこの店の主人を見知つてゐるずつと以前から——或はあの海
807 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:35
軍の学校へ赴任した当日だつたかも知れない彼はふとこの店へマツチを一つ買ひにはひつた
店には小さい飾り窓があり窓の中には大将旗を掲げた軍艦三笠みかさの模型のまはりにキ
808 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:36
ユラソオの壜だのココアの罐だの干ほし葡萄ぶだうの箱だのが並べてあるが軒先に「たばこ
809 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:37
」と抜いた赤塗りの看板が出てゐるから勿論マツチも売らない筈はない彼は店を覗のぞきこ
みながら「マツチを一つくれ給へ」と云つた店先には高い勘定台かんぢやうだいの後ろに若
810 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:38
い眇すがめの男が一人つまらなさうに佇たたずんでゐるそれが彼の顔を見ると算盤そろばん
811 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:39
を竪たてに構へたままにこりともせずに返事をした「これをお持ちなさい生憎あいにくマツ
チを切らしましたから」お持ちなさいと云ふのは煙草に添へる一番小型のマツチである「貰
812 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:39
家、電信柱、山、月。これらを比べて違う
のは、電車からの距離です。つまり、遠くのものほど、
動かないように見えるのです。月は、わたしたちの地球
を三十個ぐらい並べたほど先にある空のかなたに浮かん
でいます。ですから、地球の上を少々移動したくらいで
は、月の位置は変わらないように見えるのです。
813 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:40
ふのは気の毒だぢや朝日あさひを一つくれ給へ」「何かまひませんお持ちなさい」「いやま
814 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:41
あ朝日をくれ給へ」「お持ちなさいこれでよろしけりや——入らぬ物をお買ひになるには及
815 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:41
もちろん、月よりもっと遠くの太陽でも、同じことが言えます
。あなたがどんなに動いても太陽はついてきます。しか
し、太陽はまぶしすぎて、あまり見上げることはありま
せん。やはり、夜、明るい月が一緒についてくるところ
にこそ、不思議さがあるのでしょう。地球は月の四倍の
大きさです。したがって、もし、月の上を歩きながら地
球を見ると、月よりも四倍大きい、青く美しい地球がつ
いてきます。月と地球のツキあいは、遠くても深いもの
なのです。
816 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:41
ばないです」眇すがめの男の云ふことは親切づくなのには違ひないがその声や顔色は如何い
817 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:42
かにも無愛想を極めてゐる素直に貰ふのは忌いまいましいと云つて店を飛び出すのは多少相
手に気の毒である保吉はやむを得ず勘定台の上へ一銭の銅貨を一枚出した「ぢやそのマツチ
818 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:43
「ねえ、どうしてついてくるの?」
「だって、ツキだから。」「では、もし太陽だったら?」
「やっぱり、ついて行きタイヨウ。」「甘えん坊なんだね。
」【1】買ってきた野菜の葉に、いも虫がたくさんつい
ていたらどうしますか。普通は「わあ、いやだ」と急い
で取り除き、野菜をすっかりきれいにしてから調理する
でしょう。【2】しかし世界には、いも虫を見て「わあ
、おいしそう」と感じる人たちもいるのです。
819 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:43
を二つくれ給へ」「二つでも三つでもお持ちなさいですが代だいは入りません」其処そこへ
820 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:44
幸ひ戸口に下げた金線きんせんサイダアのポスタアの蔭から小僧が一人首を出したこれは表
情の朦朧もうろうとした面皰にきびだらけの小僧である「檀那だんなマツチは此処ここにあ
821 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:44
アフリカ
の一部では、ガの幼虫であるいも虫が食用にされていま
す。
822 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:45
りますぜ」保吉は内心凱歌を挙げながら大型のマツチを一箱買つた代だいは勿論一銭である
しかし彼はこの時ほどマツチの美しさを感じたことはない殊に三角の波の上に帆前船ほまへ
823 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:46
せんを浮べた商標は額縁へ入れても好いい位である彼はズボンのポケツトの底へちやんとそ
824 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:47
のマツチを落した後得々とくとくとこの店を後ろにした保吉は爾来半年はんとしばかり学
校へ通ふ往復に度たびこの店へ買ひ物に寄つたもう今では目をつぶつてもはつきりこの店を
825 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:48
思ひ出すことが出来る天井の梁はりからぶら下つたのは鎌倉のハムに違ひない欄間らんまの
826 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:49
色硝子いろガラスは漆喰しつくひ塗りの壁へ緑色の日の光を映してゐる板張りの床に散らか
827 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:50
つたのはコンデンスド・ミルクの広告であらう正面の柱には時計の下に大きい日暦ひごよみ
がかかつてゐるその外ほか飾り窓の中の軍艦三笠も金線サイダアのポスタアも椅子も電話も
828 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:51
自転車もスコツトランドのウイスキイもアメリカの乾ほし葡萄ぶだうもマニラの葉巻もエヂ
829 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:52
プトの紙巻も燻製くんせいの鰊にしんも牛肉の大和煮やまとにも殆ど見覚えのないものはな
い殊に高い勘定台の後ろに仏頂面ぶつちやうづらを曝さらした主人は飽き飽きするほど見慣
830 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:52
れてゐるいや見慣れてゐるばかりではない彼は如何いかに咳せきをするか如何に小僧に命令
831 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:53
をするかココアを一罐買ふにしても「FryよりはこちらになさいこれはオランダのDro
steです」などと如何に客を悩ませるか——主人の一挙一動さへ悉ことごとくとうに心得
832 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:54
てゐる心得てゐるのは悪いことではないしかし退屈なことは事実である保吉は時々この店へ
833 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:55
来ると妙に教師をしてゐるのも久しいものだなと考へたりしたその癖前にも云つた通り彼の
834 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:56
教師の生活はまだ一年にもならなかつたのであるけれども万法を支配する変化はやはりこの
店にも起らずにはすまない保吉は或初夏の朝この店へ煙草を買ひにはひつた店の中はふだん
835 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:57
の通りである水を撒うつた床の上にコンデンスド・ミルクの広告の散らかつてゐることも変
836 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:58
りはないがあの眇すがめの主人の代りに勘定台の後ろに坐つてゐるのは西洋髪に結ゆつた女
837 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 09:59
である年はやつと十九位であらうEnfaceに見た顔は猫に似てゐる日の光にずつと目を
838 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:00
細めた一筋もまじり毛のない白猫に似てゐる保吉はおやと思ひながら勘定台の前へ歩み寄つ
839 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:01
た「朝日を二つくれ給へ」「はい」女の返事は羞はづかしさうであるのみならず出したのも
840 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:02
朝日ではない二つとも箱の裏側に旭日旗きよくじつきを描いた三笠である保吉は思はず煙草
841 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:02
から女の顔へ目を移した同時に又女の鼻の下に長い猫の髭ひげを想像した「朝日を——こり
842 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:03
や朝日ぢやない」「あらほんたうに——どうもすみません」猫——いや女は赤い顔をしたこ
843 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:04
の瞬間の感情の変化は正真正銘に娘じみてゐるそれも当世たうせいのお嬢さんではない五六
844 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:05
年来迹あとを絶つた硯友社けんいうしや趣味の娘である保吉はばら銭せんを探りながら「
845 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:06
たけくらべ」乙鳥口つばくろぐちの風呂敷包み燕子花かきつばた両国鏑木清方かぶらぎきよ
846 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:07
かた——その外いろいろのものを思ひ出した女は勿論この間も勘定台の下を覗きこんだなり
847 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:08
一生懸命に朝日を捜してゐるすると奥から出て来たのは例の眇すがめの主人である主人は三
848 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:09
笠を一目見ると大抵容子ようすを察したらしいけふも不相変あひかはらず苦り切つたまま
勘定台の下へ手を入れるが早いか朝日を二つ保吉へ渡したしかしその目にはかすかにもしろ
849 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:10
頬笑ほほゑみらしいものが動いてゐる「マツチは?」女の目も亦猫とすれば喉のどを鳴らし
850 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:11
さうに媚こびを帯びてゐる主人は返事をする代りにちよいと唯点頭てんとうした女は咄嗟
851 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:12
とつさに勘定台の上へ小型のマツチを一つ出したそれから——もう一度羞はづかしさうに
852 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:13
笑つた「どうもすみません」すまないのは何も朝日を出さずに三笠を出したばかりではない
853 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:14
保吉は二人を見比べながら彼自身もいつか微笑したのを感じた女はその後いつ来て見ても勘
854 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:15
定台の後ろに坐つてゐる尤も今では最初のやうに西洋髪などには結ゆつてゐないちやんと赤
い手絡てがらをかけた大きい円髷まるまげに変つてゐるしかし客に対する態度は不相変妙に
855 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:16
うひうひしい応対はつかへる品物は間違へるおまけに時々は赤い顔をする——全然お上かみ
856 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:17
さんらしい面影おもかげは見えない保吉はだんだんこの女に或好意を感じ出したと云つても
恋愛に落ちた訣わけではない唯如何いかにも人慣れない所に気軽い懐しみを感じ出したの
857 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:17
である或残暑の厳きびしい午後保吉は学校の帰りがけにこの店へココアを買ひにはひつた女
858 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:18
はけふも勘定台の後ろに講談倶楽部かうだんくらぶか何かを読んでゐる保吉は面皰にきびの
多い小僧にVanHoutenはないかと尋ねた「唯今あるのはこればかりですが」小僧の
859 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:19
渡したのはFryである保吉は店を見渡したすると果物の罐詰めの間に西洋の尼さんの商標
860 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:20
をつけたDrosteも一罐まじつてゐる「あすこにDrosteもあるぢやないか?」小
僧はちよいとそちらを見たきりやはり漠然とした顔をしてゐる「ええあれもココアです」「
ぢやこればかりぢやないぢやないか?」「ええでもまあこれだけなんです——お上かみさん
861 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:21
ココアはこれだけですね?」保吉は女をふり返つた心もち目を細めた女は美しい緑色の顔を
862 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:22
してゐる尤もこれは不思議ではない全然欄間らんまの色硝子を透かした午後の日の光の作
863 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:23
用である女は雑誌を肘ひぢの下にしたまま例の通りためらひ勝ちな返事をした「はあそれだ
864 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:24
けだつたと思ふけれども」「実はこのFryのココアの中には時々虫が湧いてゐるんだが—
865 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:25
—」保吉は真面目に話しかけたしかし実際虫の湧いたココアに出合つた覚えのある訣わけで
866 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:26
はない唯何でもかう云ひさへすればVanHoutenの有無うむは確かめさせる上に効能
867 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:27
のあることを信じたからである「それもずゐぶん大きいやつがあるもんだからね丁度この小
868 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:28
指位ある」女は聊いささか驚いたやうに勘定台の上へ半身をのばした「そつちにもまだあり
869 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:29
やしないかい?ああその後ろの戸棚の中にも」「赤いのばかりです此処にあるのも」「ぢや
870 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:29
こつちには?」女は吾妻あづま下駄を突つつかけると心配さうに店へ捜しに来たぼんやりし
871 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:30
た小僧もやむを得ず罐詰めの間などを覗いて見てゐる保吉は煙草へ火をつけた後彼等へ拍車
872 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:31
を加へるやうに考へ考へしやべりつづけた「虫の湧いたやつを飲ませると子供などは腹を痛
873 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:32
めるしね彼は或避暑地の貸し間にたつた一人暮らしてゐるいや子供ばかりぢやない家内も一
874 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:33
度ひどい目に遇つたことがある勿論妻などを持つたことはない何しろ用心に越したことはな
875 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:34
いんだから」保吉はふと口をとざした女は前掛けに手を拭きながら当惑さうに彼を眺めてゐ
876 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:35
る「どうも見えないやうでございますが」女の目はおどおどしてゐる口もとも無理に微笑し
877 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:36
てゐる殊に滑稽に見えたのは鼻も亦つぶつぶ汗をかいてゐる保吉は女と目を合せた刹那せつ
878 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:37
なに突然悪魔の乗り移るのを感じたこの女は云はば含羞草おじぎさうである一定の刺戟を与
879 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:38
へさへすれば必ず彼の思ふ通りの反応を呈するのに違ひないしかし刺戟は簡単であるぢつと
880 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:39
顔を見つめても好い或は又指先にさはつても好い女はきつとその刺戟に保吉の暗示を受けと
881 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:39
るであらう受けとつた暗示をどうするかは勿論未知の問題であるしかし幸ひに反撥しなけれ
882 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:41
ば——いや猫は飼つても好いいが猫に似た女の為に魂を悪魔に売り渡すのはどうも少し考へ
883 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:41
ものである保吉は吸ひかけた煙草と一しよに乗り移つた悪魔を抛はふり出した不意を食くら
884 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:42
つた悪魔はとんぼ返る拍子に小僧の鼻の穴へ飛びこんだのであらう小僧は首を縮めるが早い
885 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:43
かつづけさまに大きい嚏くさめをした「ぢや仕かたがないDrosteを一つくれ給へ」保
886 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:44
吉は苦笑を浮かべたままポケツトのばら銭を探り出したその後も彼はこの女と度たび同じや
887 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:45
うな交渉を重ねたが悪魔に乗り移られた記憶は仕合せと外には持つてゐないいや一度などは
888 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:46
ふとしたはずみに天使の来たのを感じたことさへある或秋も深まつた午後保吉は煙草を買つ
889 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:47
た次手ついでにこの店の電話を借用した主人は日の当つた店の前に空気ポンプを動かしなが
890 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:48
ら自転車の修繕に取りかかつてゐる小僧もけふは使ひに出たらしい女は不相変あひかはらず
891 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:49
勘定台の前に受取りか何か整理してゐるかう云ふ店の光景はいつ見ても悪いものではない何
892 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:50
処か阿蘭陀オランダの風俗画じみたもの静かな幸福に溢れてゐる保吉は女のすぐ後ろに受話
893 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:51
器を耳へ当てたまま彼の愛蔵する写真版のDeHoogheの一枚を思ひ出したしかし電話
894 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:52
はいつになつても容易に先方へ通じないらしいのみならず交換手もどうしたのか一二度「何
895 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:53
番へ?」を繰り返した後は全然沈黙を守つてゐる保吉は何度もベルを鳴らしたが受話器は彼
896 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:54
の耳へぶつぶつ云ふ音を伝へるだけであるかうなればもうDeHoogheなどを思ひ出し
897 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:55
てゐる場合ではない保吉はまづポケツトからSpargoの「社会主義早わかり」を出した
898 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:55
幸ひ電話には見台けんだいのやうに蓋のなぞへになつた箱もついてゐる彼はその箱に本を載
899 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:56
せると目は活字を拾ひながら手は出来るだけゆつくりと強情にベルを鳴らし出したこれは横
900 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:57
着な交換手に対する彼の戦法の一つであるいつか銀座尾張町をはりちやうの自働電話へは
901 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:58
ひつた時にはやはりベルを鳴らし鳴らしとうとう「佐橋甚五郎さばしじんごらう」を完全に
902 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 10:59
一篇読んでしまつたけふも交換手の出ない中うちは断じてベルの手をやめないつもりである
903 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:00
さんざん交換手と喧嘩した挙句あげくやつと電話をかけ終つたのは二十分ばかりの後である
904 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:01
保吉は礼を云ふ為に後ろの勘定台をふり返つたすると其処には誰もゐない女はいつか店の戸
905 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:02
口に何か主人と話してゐる主人はまだ秋の日向ひなたに自転車の修繕をつづけてゐるらしい
906 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:03
保吉はそちらへ歩き出さうとしたが思はず足を止めた女は彼に背を向けたままこんなことを
907 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:04
主人に尋ねてゐる「さつきねあなたゼンマイ珈琲コオヒイとかつてお客があつたんですがね
908 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:05
ゼンマイ珈琲つてあるんですか?」「ゼンマイ珈琲?」主人の声は細君にも客に対するやう
909 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:06
な無愛想である「玄米珈琲の聞き違へだらう」「ゲンマイ珈琲?ああ玄米から拵こしらへた
910 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:07
珈琲——何だか可笑をかしいと思つてゐたゼンマイつて八百屋やほやにあるものでせう?」
911 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:07
保吉は二人の後ろ姿を眺めた同時に又天使の来てゐるのを感じた天使はハムのぶら下つた天
912 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:08
井のあたりを飛揚したまま何にも知らぬ二人の上へ祝福を授けてゐるのに違ひない尤も燻製
913 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:09
くんせいの鯡にしんの匂に顔だけはちよいとしかめてゐる——保吉は突然燻製の鯡を買ひ忘
914 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:10
れたことを思ひ出した鯡は彼の鼻の先に浅ましい形骸を重ねてゐる「おい君この鯡をくれ給
915 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:11
へ」女は忽ち振り返つた振り返つたのは丁度ゼンマイの八百屋にあることを察した時である
916 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:12
女は勿論その話を聞かれたと思つたのに違ひない猫に似た顔は目を挙げたと思ふと見る見る
917 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:13
羞かしさうに染まり出した保吉は前にも云ふ通り女が顔を赤めるのには今までにも度たび出
918 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:14
合つてゐるけれどもまだこの時ほどまつ赤になつたのを見たことはない「は鯡を?」女は小
919 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:15
声に問ひ返した「ええ鯡を」保吉も前後にこの時だけは甚だ殊勝しゆしように返事をしたか
920 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:16
う云ふ出来事のあつた後二月ばかりたつた頃であらう確か翌年よくとしの正月のことである
921 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:17
女は何処へどうしたのかぱつたり姿を隠してしまつたそれも三日や五日ではないいつ買ひ物
922 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:17
にはひつて見ても古いストオヴを据ゑた店には例の眇すがめの主人が一人退屈さうに坐つて
923 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:18
ゐるばかりである保吉はちよいともの足らなさを感じた又女の見えない理由にいろいろ想像
924 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:19
を加へなどもしたがわざわざ無愛想な主人に「お上かみさんは?」と尋ねる心もちにもなら
925 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:20
ない又実際主人は勿論あのはにかみ屋の女にも「何々をくれ給へ」と云ふ外には挨拶さへ交
926 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:21
かはしたことはなかつたのであるその内に冬ざれた路の上にもたまに一日か二日づつ暖い日
927 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:22
かげがさすやうになつたけれども女は顔を見せない店はやはり主人のまはりに荒涼くわうり
928 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:23
やうとした空気を漂はせてゐる保吉はいつか少しづつ女のゐないことを忘れ出したすると二
929 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:24
月の末の或夜学校の英吉利イギリス語講演会をやつと切り上げた保吉は生暖なまあたたかい
930 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:25
南風なんぷうに吹かれながら格別買ひ物をする気もなしにふとこの店の前を通りかかつた店
931 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:26
には電燈のともつた中に西洋酒の罎や罐詰めなどがきらびやかに並んでゐるこれは勿論不思
932 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:27
議ではないしかしふと気がついて見ると店の前には女が一人両手に赤子を抱へたまま多愛た
933 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:28
わいもないことをしやべつてゐる保吉は店から往来へさした幅の広い電燈の光りに忽ちその
934 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:28
若い母の誰であるかを発見した「あばばばばばばばあ」女は店の前を歩き歩き面白さうに赤
935 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:29
子をあやしてゐるそれが赤子を揺ゆり上げる拍子に偶然保吉と目を合はした保吉は咄嗟に女
936 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:30
の目の逡巡する容子ようすを想像したそれから夜目よめにも女の顔の赤くなる容子を想像し
937 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:31
たしかし女は澄ましてゐる目も静かに頬笑んでゐれば顔も嬌羞けうしうなどは浮べてゐない
938 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:32
のみならず意外な一瞬間の後揺り上げた赤子へ目を落すと人前も羞ぢずに繰り返した「あば
939 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:33
ばばばばばばあ」保吉は女を後ろにしながら我知らずにやにや笑ひ出した女はもう「あの女
940 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:34
」ではない度胸の好いい母の一人である一たび子の為になつたが最後古来如何いかなる悪
941 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:35
事をも犯した恐ろしい「母」の一人であるこの変化は勿論女の為にはあらゆる祝福を与へて
942 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:36
も好いしかし娘じみた細君の代りに図々づうづうしい母を見出したのは保吉は歩みつづけた
943 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:37
まま茫然と家々の空を見上げた空には南風みなみかぜの渡る中に円まるい春の月が一つ白じ
944 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:38
ろとかすかにかかつてゐる以下は小説と呼ぶ種類のものではないかも知れないさうかと云つ
945 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:39
て何と呼ぶべきかは自分も亦不案内である自分は唯四五年前の自分とその周囲とを出来る丈
946 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:40
こだはらずにありのまま書いて見た従つて自分或は自分たちの生活やその心もちに興味のな
947 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:41
い読者には面白くあるまいと云ふ懸念けねんもあるがこの懸念はそれを押しつめて行けば結
948 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:42
局どの小説も同じ事だからそこに意を安んじて発表する事にした序ついでながらありのまま
949 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:42
と云つても事実の配列は必しもありのままではない唯事実そのものだけが大抵ありのままだ
950 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:43
と云ふ事をつけ加へて置く一十一月の或晴れた朝である久しぶりに窮屈な制服を着て学校へ
951 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:44
行つたら正門前でやはり制服を着た成瀬に遇あつたこつちで「やあ」と云ふと向うでも「や
952 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:45
あ」と云つた一しよに角帽を並べて法文科の古い煉瓦造れんぐわづくりの中へはいつたら玄
953 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:46
関の掲示場の前に又和服の松岡がゐた我々はもう一度「やあ」と云つた立ちながら三人で近
954 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:47
々出さうとしてゐる同人雑誌『新思潮』の話をしたそれから松岡がこの間珍しく学校へ出て
955 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:48
来て西洋哲学史か何かの教室へはいつたが何時いつまで待つても先生は勿論学生も来る容子
956 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:49
ようすがない妙だと思つて外へ出て小使に尋きいて見たら休日だつたと云ふ話をした彼は電
957 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:50
車へ乗る心算つもりで十銭持つて歩きながら途中で気が変つて煙草屋へはいると平然として
958 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:51
「往復を一つ」と云つた人間だからこんな事は家常茶飯であるその中うちに傴僂せむしのや
959 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:52
うな小使が朝の時間を知らせる鐘を振つて大急ぎで玄関を通りすぎた朝の時間はもう故人に
960 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:52
なつたロオレンス先生のマクベスの講義である松岡と分れて成瀬と二階の教室へ行くともう
961 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:53
大ぜい学生が集つてノオトを読み合せたりむだ話をしたりしてゐた我々も隅の方の机に就い
962 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:54
て新思潮へ書かうとしてゐる我々の小説の話をした我々の頭の上の壁には禁煙と云ふ札が貼
963 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:55
つてあつたが我々は話しながらポケツトから敷島を出して吸ひ始めた勿論我々の外の学生も
964 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:56
平気で煙草をふかしてゐたすると急にロオレンス先生が鞄をかかへてはいつて来た自分は敷
965 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:57
島を一本完全に吸つてしまつて殻も窓からすてた後だつたから更に恐れる所なくノオトを開
966 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:58
いたしかし成瀬はまだ煙草を啣くはへてゐたからすぐにそれを下へ捨てると慌あわてて靴で
967 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 11:59
踏み消した幸さいはひロオレンス先生は我々の机の間から立昇る縷々るるとした一条の煙に
968 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:00
気がつかなかつただから出席簿をつけてしまふと早速毎時いつもの通り講義にとりかかつ
969 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:01
た講義のつまらない事は当時定評があつたがその朝は殊につまらなかつた始からのべつ幕な
970 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:01
しに梗概かうがいばかり聴かされるそれも一々Act1Scene2と云ふ調子で一くさり
971 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:02
づつやるのだからその退屈さは人間以上だつた自分は以前はかう云ふ時によく何の因果で大
972 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:03
学へなんぞはいつたんだらうと思ひ思ひしたが今ではそんな事も考へない程この非凡な講義
973 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:04
を聴く可く余儀なくされた運命にすつかり黙従し切つてゐただからその時間も機械的にペン
974 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:05
を動かして帝劇の筋書の英訳のやうなものを根気よく筆記したがその中に教室に通つてゐる
975 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:06
ステイイムの加減でだんだん眠くなつて来たそこで勿論眠る事にしたうとうとしてノオトに
976 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:07
一頁ばかりブランクが出来た時分ロオレンス先生が何だか異様な声を出したので眼がさめた
977 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:08
始めはちよいと居睡りが見つかつて叱られたかと思つたが見ると先生はマクベスの本をふり
978 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:09
廻しながら得意になつて門番の声色こわいろを使つてゐる自分もあの門番の類だなと思つた
979 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:10
ら急に可笑をかしくなつてすつかり眠気がさめてしまつた隣では成瀬がノオトをとりながら
980 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:11
時々自分の方を見てくすくす独りで笑つてゐたそれから又二三頁ノオトをよごしたらやつと
981 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:12
でもそれにはしかるべき努力が必要になる。
982 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:12
時間の鐘が鳴つたさうして自分たちはロオレンス先生の後からぞろぞろ教室の外の廊下へ溢
983 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:13
れ出した廊下へ出て黄いろい葉を垂らした庭の樹木を見下してゐると豊田実君が来て「ちよ
984 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:13
プロジェクトのホームページは、比較的空間的に組織されたWorldWideWe
985 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:13
いとノオトを見せてくれ給へ」と云つたそれからノオトを開けて見せると豊田君の見たがつ
986 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:14
てゐる所は丁度自分の居眠りをした所だつたので流石さすがに少し恐縮した豊田君は「ぢや
987 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:15
bの世界で「故郷」領土として宣言を行うことにより、可能なプログラムの空
988 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:15
ようござんす」と云つて悠然と向うへ行つてしまつた悠然と云ふのは決して好い加減な形容
989 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:16
ぢやない実際君は何時でも悠然と歩いてゐた豊田君は今どこで何をしてゐるか判然とした事
990 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:17
間の抽象的な開墾を具体化するものなんだ。ノウアスフィアから「サイバース
991 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:17
は承知しないがロオレンス先生に好意を持ち若しくはロオレンス先生が好意を持つた学生の
992 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:18
中で我々——と云つて悪るければ少くとも自分が常に或程度の親しみを感じてゐたたつた一
993 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:19
ペース」におりてきても、柵や吠える番犬の現実世界まではまだ距離があるけ
994 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:19
人の人間である自分はこれを書いてゐる今でも君の悠然とした歩き方を思ひ出すともう一度
995 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:20
君と大学の廊下に立つて平凡な時候の挨拶でも交換したいやうな気がしないでもないその中
996 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:21
れど、でも抽象的な領土主張をもっと直感的ななわばり理解に結びつけてはく
997 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:21
に又鐘が鳴つて我々は二人とも下の教室へ行く事になつた今度は藤岡勝二博士の言語学の講
998 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:22
義である外の連中は皆先へ行つてちやんと前の方へ席をとつて置くがなまけ者の我々は何時
999 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:22
れる。だからこそ、Webページを持ったプロジェクトはもっと「本物」に感じ
1000 2人目 マロン名無しさん 2018-04-24 12:23
でも後からはいつて行つて一番隅の机を占領したその朝もやはりかう云ふ伝でんで愈いよい
引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/csaloon/1524355299/
サブコンテンツ

このページの先頭へ