8月22日午前3時〜皆既日食の意味と世界への影響 のまとめ全 33 件

1 1人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 13:21
今回の日食の意味と世界への影響について、詳しく掘り下げてみませんか?

米国時間 8月21日の日食には、大きな占星術的意味があると、世界中で話題沸騰です
(日本時間では 8月22日午前3時半に新月。夜間のため日食は見れない)

全米横断する形の日食は、米国に大きな変化・革命(大統領弾劾やクーデター、経済崩壊など
を起こす可能性も指摘され、さらに米国vs.北朝鮮の情勢もこの日食&新月にあわせて動くとの予測も

※ 日食に合わせて良い変化を起こすために、著名人らが世界大規模同時瞑想を呼びかけ中
(日本時間8月22日午前3時11分から〜 詳細→ http://paradism.hatenablog.com/ など参照)

※ 当日のアメリカ日食のライブ映像 
https://www.youtube.com/results?sp=EgJAAVAU&q=eclipse
31 10人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 21:09
>>1の日食合同瞑想の占星術的な意味について

http://soco8131veritasblog.ti-da.net/a9758928.html
私たちはこの瞑想で144000人のクリティカルマスに達することが出来ます!これは世界規模の
エネルギーフィールドにおける大量ヒーリングの連鎖反応を創り出すでしょう。その焦点は
アメリカ合衆国に置かれ、そこでは大量のヒーリングが必要です。

私たちの瞑想における占星術の図では、銀河の中心 /土星 / 射手座中のリリス、 エリス/ 牡羊座中の天王星、
そして火星/月の交点/太陽/獅子座中の月がパワフルなグランド・トラインを表しています。
このグランドとラインの中心点は、射手座と28度をなしている銀河の中心と、牡羊座と28度をなしている天王星と、
おうし座と28度をなしている太陽/月の蝕の三角形の中心点と一致します。
この日食では、解放の電気的炎のエネルギーが銀河の中心(プレローマ)から太陽系を通して流入し、天王星と
太陽/月の蝕を通ってくるでしょう。

統合瞑想 占星術チャート 

これは1918年以来の、アメリカ大陸を完全に通り抜ける日食になります。この日食は、私たちが統合を創造を
決心するための大いなる機会です。目覚めた個々による統合は地球開放のための最もパワフルな促進となるでしょう。
2 1人目 日食瞑想 - 13:23:27
<占星術の日食関連情報>

https://www.cafeglobe.com/2017/08/063893ousaka_august.html
8月22日には皆既日食が発生します。今回は北米大陸を横断する形で起こるため、ここから半年間は
米国の内政に打撃が走りそう。ただしわが国も経済面での影響は必至。財務の室近くで起こる日食は、
天頂※ 近くにある天王星と調和し、大きな影響を受けています。天王星は物事を分離・改革する天体。
経済面での変調をきっかけに、今後6か月間は、改憲、解散総選挙に焦点が当たりやすいでしょう。

※天頂......その国の政治の最高権力、転じて政府とそのリーダーをあらわす場所
3 1人目 日食瞑想 - 13:25:45
https://www.1cocoro.com/moon/2017/20147.html

※日本では日食を見ることができませんが、アメリカの一部で皆既食を、北米大陸全域や南米大陸北部などで部分食を観測できます。
皆既日食は、天照大御神「天の岩戸開き」のよう、ともいわれています。
「天の岩戸開き」は、人間の内にある小宇宙(神)が、
暗闇に光を照らすように、人生に輝きを与えてくれる様(さま)のようです。
(皆既日食のエネルギーは、日本では観測できなくても、地球全体に降り注がれます)
星座の火土風水グループ分けでみると、獅子座は「火」
そして獅子座の支配星(その星座と縁の深い星)は、【太陽】
4 2人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 13:25
スーザンミラーが長年見てきた中で最高の食って言ってたね
どこで読んだか忘れたけど
6 1人目 日食瞑想 - 13:29:49
>>4
今回の獅子座のダブル新月、特に8月22日の日食新月のパワーはすごいみたいね
著名な占星術師らがこぞって今回の日食について雄弁に語ってる

このパワーをどう生かすかでしょうね
5 1人目 日食瞑想 - 13:28:18
http://paradism.hatenablog.com/entry/2017/08/20/022815
占星術師のローラ・ウォーカーはこの日食が世界にとって極めてポジティブで、カバールの政治/
銀行システムの崩壊をさらに加速させるでしょうと言っています。

40年以上行われている50もの科学的研究により、マハリシ効果が本物であることは疑う余地のない
ものになっています。これは世界をもっと平和的な場所に変えるために、人口のクリティカルマスが
(物理的にもしくはインターネットのような現代のテクノロジーを通じて)集まって瞑想する現象です。
7 3人目 日食瞑想 - 13:31:24
http://blog.goo.ne.jp/jclkenta/e/b2bbcebe04daaff5b775c45956b62240
本日8日の早朝に部分月食が起きて、22日の新月には皆既日食が起きます。月と太陽の食が
1か月内に2回重なるというユニークな期間です。
この現象によって今日から2週間余りは、私たち個々の魂レベルにおいて、深遠な変革が起きえる
エネルギーの流れとなります。同時に私たちの集合意識も新しいステップを踏み出すチャンスが
与えられ、劇的な変化の訪れが期待できます。
これほど劇的なエネルギーの流れが再び起きるのは、2020年頃になるので、これからの2週間
ほどの間は、個々の進化にとってとても重要な意味があります。
日食や月食は一般的に魂レベルにおける変化を促します。予期していなかった方向転換が突然
起きたり、自然の流れとして今までの方向性が変化する可能性があります。そのようなポータルへ
と吸い込まれていく現象が起きやすくなります。

今までの人生パターンが去り、新しいパターンへと自発的に導かれるでしょう。過去のパターンを
打ち破り、自らを開放することへと導かれます。したがって驚きや戸惑い、せわしなさ、時間感覚の
錯覚が伴うかもしれませんが、長い目で見ると、自らの魂の進化を促す変化なので、この時期が
訪れたことを、むしろ喜んで受け入れるべきです。

問題は、いかに過去と未来の橋渡しがうまくできるかです。完全に過去を捨て去るのではなく、
役立つ土台は未来へと運ぶ必要があります。現在と未来をつなぐ鍵を、この期間によく考えて
見出してください。このエネルギーの流れの勢いと共にまだ十分に認識できていない自らの
可能性についても熟考してみるのによい機会です。

この時期は私たちすべてにとって、過去が完全に去り、未来の訪れを告げる空のサインとして
受け止めることができます。このエネルギーの勢いと共にあなたの魂の未知の可能性が今見えはじめます。
8 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 13:37
https://beauty.yahoo.co.jp/love/articles/752552
8月22日は新月です。新月とは、月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度、新しく月が
生まれる日。このタイミングにお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうといわれています。
■今回の「獅子座新月」の特徴は?
新月は、どの星座の位置で起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。
今回の新月の特徴を見ていきましょう。
【新月が起こる場所】獅子座
【新月になる時刻】8月22日3:30
【ボイドタイム】8月22日3:31〜5:26
【獅子座新月のキーワード】「主役級の輝き」「クリエイト(創造すること)」「自己尊厳」「公明正大」「賛美を求める」……etc.
8月に引き続き、獅子座エリアでの新月です。新月が同じ星座で二度起こることは、1年に一度あるかないか
という貴重なタイミング。それだけ今年は「獅子座パワー」が強いと言えます。
しかも今回は、「皆既日食」。太陽が一度消えてまた生まれる日食は、太陽を守護星に持つ獅子座において
大きな影響力を持ちます。特に今回の皆既日食が起こる地域帯は、日本からは観測できなくても、世界的には
多くの人が目にするエリア。強い「始まりの力」や「生まれ変わりの力」を感じることができるでしょう。
さらにこの新月は、獅子座・射手座・牡羊座エリアで形づくられる「火のグランドトライン」というパワフルな惑星角度を持っています。
天王星、火星、土星によるこの角度は、獅子座らしく「自分の魂を最大限に輝かせること」をパワフルに後押し。
「自分らしく生きること」や「自己イメージの刷新をはかる」には、最適の新月となるはずですよ!
33 12人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-21 00:35
>>8 マレフィックの揃ったグランドトラインですなあ。
9 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 13:46
https://ameblo.jp/ikkastra/entry-12271034322.html
いま多くの占星家が注目しているのは、次の皆既日食です。
この8月21日に起きる皆既日食はアメリカを横断、観測ツアーが組まれたりしています。

占星術で見た場合、食の“影が落ちる”場所は最も強い影響を受けるとされており、
なおかつ各種・日食/月食のなかでも Total solar eclipse (皆既日食) は最もパワフル。

この日食、トランプ大統領の火星&アセンダントに重なる
ここが問題なのです。

(トランプ氏の出生図、獅子座29度のアセンダントに26度の火星が0°コンジャンクションで重なっており、日食は28度で起きる)

ここで日食/月食の影響について一部、ご紹介します。
◆Eclipse前後約10日間のイベントは、特徴的で要注目。
◆日食は3〜6ヶ月前から影響が出て、日食後に約一年ほど続く。少なくとも3ヶ月前には影響圏内に入る。
◆火星と土星といったマレフィックの効果を発動させる、強いトリガーとなりうる。
◆Eclipseの影響でおきる事柄は予測し難い。予期せぬ出来事、予期せぬ変化となる。

とくにEclipseと出生土星や火星と関わればFatal な形で影響すると言われおり、実際そうだと思います。
(fatalというのは、日本語で宿命的、致命的、破壊的、すべて含むため、そのままfatalと書きます)

で、今回の日食図を見ると やはりトランプ大統領×日食は、火星土星が目立つ。
◆出生火星/ASCに日食が0°コンジャンクション
◆出生月/テイルに日食図土星が0°コンジャンクション
(トランプ氏は月食に生まれているので、出生の月食と土星Tがコンジャンクション)

トランプ氏は、月食生まれ。
Eclipse生まれが、Eclipseの影響を受けると最も強く出るという説もあるため、気になるところです。

日食の影響がほんとうに色濃く出るなら8月21日前後に、何か特徴的な出来事が起きるはず。
(Eclipse前後約10日間のイベントは、特徴的で要注目だから)
10 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:07
http://toshisenryakublog.seesaa.net/article/443334481.html
昨日記した分断の線の正体です。
なんだ、皆既日食が見られる幅の線かという声も聞こえてしまいますが、皆既日食はオレゴン州
から始まり、その後いかにも共和党トランプが勝利しそうなアイダホ、ワイオミング、ネブラスカ州
という中西部を通ります。下記日食の紹介記事も、マイナーな州ばかり通ると記されています。
てことは、共和党強そう。

トランプ、ヒラリーどちらが勝つにせよ、この皆既日食線はアメリカ以外の国を通らず、地理的には
アメリカをほぼ真っ二つに分断して、さらに政治的にも共和党トランプ勝利州ばかりをほぼ分断して通る、
スピリチュアル投資カウンセラーは昨日も記したようにアメリカの分断、内戦のおそれまで感じます。
アメリカ政府が緊急時用のFEMAアプリをスマホに入れるように奨めるのもこういうことを強く想定
しているからでしょう。
11 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:11
※ 昨年のブログ記事。8月21日の米国横断の日食ライン=トランプが優勢だった州
で、米国は分断され、内戦が起こるのではないか?との説

http://toshisenryakublog.seesaa.net/article/443294932.html
大統領選挙まで一週間程度になりましたが、ヒラリー、トランプどちらが勝つにせよ、アメリカは
来年必ず分断されることがわかってますので、昨日は内戦という言葉を使いました。
その分断される線ですが、大統領選挙の州別の優勢状況、すなわち結果ともほぼ等しいと
思われますが、トランプ優勢、勝利の州を通りアメリカを分断するはずです。

添付写真はネットできつねテレビから拝借したものですが、橙色がトランプの勝利が堅そうなところ、
白っぽいところが接戦州です。これらの州を政治的にも分断線が横切る予感がスピリチュアル
投資カウンセラーはしてきました。
12 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:19
https://ameblo.jp/ikkastra/entry-12290156712.html
8月8日の月食、22日の日食が近づき 世相の緊迫したムードが高まりつつある気がします。
(略)
さらに気になる暗示が二つあり、

1 ひとつは、この日食とレグルスが重なることを とくにアメリカの占星家たちが指摘している。
過去にレグルスと日食が重なった時は軍事行為との関連性があった。
今回はさらにトランプ大統領の出生図と関連するので危惧するという内容です。

占星術的な意味は、高貴なポジションにあるこのロイヤルスターは、
それに見合わない扱いを受けると報復的な行動をとりやすく、報復することで失墜する、
とまあ、軍事行動に関連付けてもおかしくない恒星です。

通常、天体の表示が重複する場合 何か物事が起きますし(トリガーが多いため)
日食とトランプ大統領のチャートを見れば、土星、火星に加えてレグルスの重複表示と読めます。

2 気になる表示、二つ目。
これは北朝鮮のトップ金 正恩氏のチャートを見ると、出生太陽は山羊座17度。
冥王星トランジットとピッタリ0度で重なり、太陽プログレスは出生火星と0度で重なりコンジャンクション。
こちらも火星の表示が出ており、さらに冥王星ですから、金 正恩氏の生涯の中でも最も極端な時期。

これらをまとめると、今回の日食でアクティベートされるマレフィック(凶星)とレグルスの組み合わせは、
ひとたび報復行為が起きると、かなり大きな事態に発展してゆく可能性があると読める。

以前、キューバ危機をテーマにした映画を見て思ったのだけど、
こういう時って、たくさんの人たちが物事を良い方向に向けようと働いているんですよね。
きな臭い物事を起こすか、それを阻止す側に回るのか。
ハリー・ポッターとヴォルデモートのようにこれは永遠のテーマかも知れないね。


※ だから今回、スピリチュアル関係や占星術師らが「世界合同瞑想」を呼びかけています http://paradism.hatenablog.com/
13 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:24
※ なんかこれはちょっと占星術じゃなくて陰謀論・・・

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52013143.html
アメリカ人は今回の日食の負のエネルギーに注意を払う必要があります。なぜなら、カバラの連中は
そのエネルギーを操るからです。イルミナティは我々が無知であることを良いことに様々なやり方で
我々を攻撃してきます。

シャーロッツビルの偽旗暴動と2012年12月21日の関係について、サンディフック偽旗事件は2012年
12月21日の7日前に決行されたように、シャーロッツビルの偽旗暴動も8月21日の日食の7日前に決行されました。

このタイミングを考えるとこれらがどちらも意図的に行われたことが分かります。

シャーロッツビルの偽旗暴動は、イルミナティ=支配層エリート(カバラ)がアメリカを破壊するために
計画しているパープル革命の一環である「地獄の夏」を勃発させるために仕組んだものです。
夏の間にこのような偽旗暴動を起こすことで敵対する同士の戦いを全米に拡大させ長引かせようと
しています。ソロスや支配層エリートら(カバラ)による偽旗暴動はシャーロッツビルからボストンに広がります。

彼等は今回の日食から発せられる負のエネルギーをチャネリングしアメリカ全土に放出することで
アメリカ国内を内戦状態にしようとしています。

彼等は様々な方法を使って国内で暴動を頻発させ、衝突や破壊行為が全米に広がるようにします。
14 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:38
ノストラダムスに導かれた「2017年8月と1999年8月のリンク」。ロシア、アメリカ、プーチン、完全な日食、北緯33度線、恐怖の大王……
http://indeep.jp/prophecies-of-nostradamus-led-suggestions-of-solar-eclipse-and-33rd-parallel/
・1999年8月11日の日食は、ヨーロッパを「分断」して北緯33度線に到達したように見える
・2017年8月21日の日食は、アメリカ合衆国を「分断」して北緯33度線に到達するように見える
15 5人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:41
これって一個前の蟹座にも影響あるの?
20 7人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 15:14
>>15
金運注意
投資を行うといいよ
32 11人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-21 00:11
>>20
なるほどありがとう
16 4人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:46
http://indeep.jp/a-lot-of-link-between-syria-missile-attack-and-33-parallel/
この「日食と北緯 33度線がクロスした場所」がシリアであり、その中心にある場所が、今回、アメリカ軍にミサイル攻撃を受けた場所だったということに気づいた次第です。
この 1999年の皆既日食は「人類史上で最も多くの人々が見た日食イベント」でしたが、今年
2017年も「人類史上で最も大規模な日食観測イベントになる可能性のある日食イベント」が発生します。
「 1999年8月の日食と 今年 2017年の日食は似ている」
ということを書いていまして、その記事の最後として、
現実としてどうなるかはともかく、

・33度線
・完全な日食

が、1999年と 2017年で、ほぼ完全に再現されるかのように繰り返されることを今日はじめて知りまして、
その時に何があるということではないにしても、今年の夏以降は、「不穏が世界を支配する」可能性はありそうです。
17 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:55
<我傍的、ここだけの話>
●満月生まれと、月食生まれ

トランプ米大統領が月食生まれで、しかもこの8月21日にアメリカ大陸で皆既日食が起こるというので、
これは何かあると世界中の占星術師が注目している。

2017年8月21日前後はトランプ米大統領にとって忘れられない期間になると言えるだろう。
トランプ氏個人に限った事件なら良いが、彼は世界最大国家のトップリーダーなのだから我々も無関係ではいられないと思う。
「終わりの始まり」であるきっかけとなる事件が起こる可能性がある。
日本人も覚悟はしておいたほうが良いと思うな。

月食生まれの人は、前世と今世で違う行動パターンをする試練を課せられている。
(試練としてのハードルが高いかどうかは、太陽とアセンダントの距離・角度で測られる)
それなのに月食では前世の行動パターンは隠され、見ることができない。過去を参考にできない。
経験なしの人生に、暗中模索で挑むようなものだから足取りはおぼつかなくなるだろう。

大統領になってからのトランプ氏の迷走ぶりは、まさに「自分で自分がどうしたいか分かっていない」人のようだ。
彼はアセンダントが獅子座で不動宮であるために、主義主張は30年前から変わっていないはず。
ところが歩き出すと元々の立ち位置を見失ってしまうので、実際の行動がふらつく。
この姿を外から眺める時、彼の本音がどこにあるか不明なように見える。
だからマスメディアは、「トランプが本音を隠している」と言うのだが、実は隠しているのではなく
自分でもどうすべきか分からないだけだろう。

8月21日、獅子座の太陽がアメリカで皆既日食となれば、彼は現世の目標すら見失う。
まして、それは彼の本性であるアセンダントがある獅子座で起こる。
心の奥底から突き動かしていた、アセンダントの「主義」すら覆われて見えなくなってしまうということは何を意味するか――?
政策の迷走。
自分でも予期しておらず本来の主義でもなかった政策に、ついうっかり踏み込んでしまうのではないか。
おそらくその行動は彼のカルマによって始めから計画されていたシナリオであるはず。
我々にとってそのシナリオが最悪なものではないよう、祈りたい。
18 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 14:59
<我傍的、ここだけの話>
●2017年8月、日食のサビアンシンボル

今回はせっかくの歴史的天体配置となるから、少しだけアメリカ8月21日のシンボルを読んでおくか。

メインのシンボルは、日食となる太陽の獅子座28度。サビアンでは29度。
『大洋の波から浮上した人魚が、人間の形に生まれ変わろうとしている』

混沌とした海から、ぼんやりと立ち上がった黒い影がついに肉体を持つ。
乙女座直前のここでイメージが地上的な形に変わるのだね。
これまで皆が架空の存在だと思っていたものが、現実の肉を持って動き出すのか。
(追記。または、「魚」に象徴される未熟なモンスターが消え、ようやく人類は人らしい意識を持ち始めるということか)

この「人の姿をした者」こそ水瓶座15度の月食で始動した、「フェンスの上のラブバード(月食時点では影に隠れて見えない)」たちだろう。
今までは表舞台に上がらず世界の裏側で仕事をしてきた者たち。
あるいは、抑圧されてきた人々。
現実の力を持たないと思われていた人々が結集し、とうとう舞台へ上がり始めるのだと思う。

具体的には誰なのか――、危険だから書かないでおこう。
陰謀論好きな人は短絡的な想像をするだろうが、少なくとも彼らは悪さをする目的で現れるのではないはず。

今、世界の真実は反転する。
むしろ「悪」とは今まで「善」の看板を掲げてきた集団のほうだったと人々は気付く。
人類を分断し苦しめてきたこの悪を消滅させるために、真実の太陽が姿を現すのだろうか。
(まるで、天岩戸伝説だな)

他に注目すべきは、ワシントンD.C.の14時台で見た場合カルミネートとなる金星のシンボル。
蟹座25度 『超越的な力の降下によって、意志に満ちあふれていた男の影が弱くなる』
このルディア文(松村訳)のままシンプルに解釈すれば、なんとなくトランプ氏の力が弱くなるイメージ。
(ジョーンズ文:「右肩越しに突然投げられた黒い影または外套」)
「超越的な力の降下」は、スピリチュアル的にではなく現実世界に当てはめて考えると、まずいシンボルだ。
ストレートに見れば核ミサイルがイメージされる。ロシアまたは中国の参戦となるか?
19 6人目 (>>18の続き) 2017-08-20 15:01
やはり気になるのは月食の時に太陽と合となっていた火星だろう。
日食時、この火星のシンボルは獅子座21度 『興奮した鶏が、ふらふらと羽をばたつかせて飛ぼうとしている』。
飛べないのに飛ぼうとする鳥。
最悪だ。落ち着け、トランプくん。

ソーラーサインにした場合、天王星がカルミネートとなる。
改革の星が天頂に来るとは象徴的。
天王星シンボルは牡羊座29度 『天球の音楽』で宇宙から祝福の音楽が降り注ぐのだが、改革を祝すための音楽なら地上はどうなるのか。

しかもこの天王星を頂点として、太陽・月(日食)、土星が緩やかなグランドトラインを形成する。
グランドトラインは「完全なる調和」を表すいっぽう、「歯止めが効かない」という側面を持つ。
膨張の木星が土星、火星と絡んでいるのも気になる。

このたびの日食は、人類の未来にとっては良いものであり天上からの祝福も降り注いでいるが、
今の時点で地上に生きている我々にとっては嫌な出来事を迎えることになりそうだな。
21 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 15:37
http://hiyoka-rsh.blog.jp/archives/1841945.html
7月17日?8月25日の期間は火星がもたらす宇宙的テーマが満載だ。火星は戦争を支配する。
近づきつつある皆既日蝕はずばり火性の星座宮、獅子座で火星とコンジャンクションだ。
そしてその日蝕は、トランプのネイタルのアセンダントと火星の上で起きる。
先週、まさに戦争の脅威はエスカレートし、予測どおりトランプ大統領は嵐のど真ん中に立つこととなった。

北朝鮮を含むこうした衝突が起きる可能性について正確に予測していた。
北朝鮮の建国図の土星が今回の皆既日食と同じ度数に在泊(略)
北朝鮮の土星はドナルド・トランプのアセンダントと火星にコンジャンクトしているわけで、
これは相性が良いとは言えない(というより、どうしようもなく相容れない)。

市場にとって最大のリスクは政治リスクであり、それがネイタルのアセンダントと火星を日蝕に焼かれる
トランプ大統領に関わるものだという事実を再び立証することとなった。
これは北朝鮮(あるいはイラン)に対する彼の態度が正しいとか間違っているということではない。
彼は単に火星の人だということ ? つまり彼が怒っており、自分が正しいと信じることのために闘いたいと感じていることを意味する。
今の彼にとって正しいこととは、当然ながら米国市民を護ることを意味するはずだ。
私が思うに、彼はそれが自分の最優先の義務だと考えている。
だから皆さんがそれを支持しようとしまいと、今月の世界は火星 ? 「交戦地帯」というテーマ ? の下に在る。

今回の日蝕は日本の戦後始原図にもその影響をはっきりと顕している。戦後始原図(主権回復図)では
現在プログレスの太陽がネイタル7室の天王星とコンジャンクト(同盟・近隣国との関係変革か)。 
そして日蝕は8室ネイタルの月のサウスノード上で起き(つまり北朝鮮の土星、そしてトランプ大統領の
アセンダント+火星と日本の月のサウスノードはコンジャンクトで、カルミックなしがらみとエネルギー放出を示す)、
同時に蠍座終盤度数のプログレスの月とはスクエアを形成する。
そしてトランシットの火星はネイタルの8室冥王星にコンジャンクト。
これは何らかの強い力が働いて脱皮や過去との訣別が起きてくること、あるいはそうするべき時が至ったことを示唆
22 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 15:49
https://twitter.com/kumamotokenichi/status/895486378401607680
隈本健一? @kumamotokenichi

2016年トランプ大統領が当選する以前から言及している点です。トランプ大統領のアセンダントは
獅子座の29.9度にあります。2017年8月22日午前3時31分(日本標準時)に獅子座28.9度で日食になります。
この日食はアメリカ国内で皆既日食として観察されます。平穏を願うばかりです。
20:26 - 2017年8月9日

https://twitter.com/kumamotokenichi/status/889704451136552960
隈本健一? @kumamotokenichi

トランプ大統領の太陽は双子座22.93度にあります。これに対してトランジットの土星がオーブ±2度以内で
オポジションになるのは、2017年6月10日〜2017年11月4日となります。この期間中にトランプ大統領に
危機がやってくる可能性があると思います。
21:30 - 2017年7月24日

https://twitter.com/kumamotokenichi/status/796925062548836356
隈本健一? @kumamotokenichi

記事のなかでも書きましたが、トランプ氏のチャートには、大変強い暗殺の暗示があります。
暗殺か暗殺未遂など、命にかかわる重大事件が発生する可能性があります。
また、すでに危険な時期にあり、2017年中は常に警戒が必要です。
19:58 - 2016年11月10日
23 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 16:01
アメリカでの8月の皆既日食に込めた無限大のサイン
http://ace-of-earth.com/blog/2017/08/02/
8月21日に北米大陸全域と、他地域で「皆既日食」が見られます。皆既日食は、地球から見ますと、
月が太陽を遮断する動きを見せるために起こり、太陽の全ての光を遮断する事です。

この皆既日食は、「宇宙からのひとつのメッセージ」になって下ります。このメッセージは、
「意味の在る主要先進国」に対してになり、皆既日食としての中心食になられている国になり、
様々な主導権を持つ国に対してのメッセージになりますが、アメリカの場合は、
「負のエネルギーが高まる到来」を意味して下ります。これは、中心となるリーダーが、
負の影響を及ぼすと言うサインです。

これは、皆既日食が、横断する地域を見て行くと判ります。今回は、アメリカ北米大陸の中心を
横切る経路になり、この意味する所は、アメリカの政治経済の場所は北米大陸である事から、
そのリーダーは、政治経済のリーダーが、世界に良くない影響を及ぼして行く「頭角を表す(顕現化)」
と言うサインになります。しかし、これは、創造の時からの計画に則ったサインとして、決められていた
事ですが、現実には誤差が生じて行くのかもしれません。

そして、北米大陸が次回に皆既日食が起こる時は、調べて行きますと、北米大陸の一部が中心食に
なるのは、2024年4月2日ですので、約7年後になります。この皆既月食のサインは、「頭角の終焉」
になります。この頭角の終焉は、北米大陸東部を北上する経路になりますので、「東部が介入する」
と言う形での頭角(良くない影響)の終焉になると言うメッセージになります。
24 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 16:07
「アメリカはトランプ政権時代に滅亡する可能性がある」
http://parstoday.com/ja/news/world-i33402
政治問題の専門家、ヘンリー・ホロウェイ氏は、イギリスの新聞デイリースターの記事で、
ある古い予言によれば、トランプ政権時代にアメリカは滅亡し、トランプ大統領は最後の
アメリカ大統領になるとしました。

また、この予言書によれば、トランプ政権の崩壊プロセスは、人々の抗議によりはじまり、
また、8月21日に起こるとされている皆既日食もその兆候だとされています。

トランプ政権が崩壊するという予言書は、インガーソル・ロックウッドという人物の著書を
発見した人物により提示されました。

トランプ大統領の就任宣誓式から、アメリカは不安定化しており、専門家は、2018年の
アメリカの経済的崩壊を警告しています。


※ 検索したが、どうも↓の書物らしい

【予言者現る】100年以上前に書かれた書籍が、トランプ一家の出現を見事予言していた?!全米騒然!
https://ameblo.jp/uso-news-warosu/entry-12299686504.html
「予言書?」「トランプ一家はタイムトラベラー?」
100年以上前に書かれた書籍が、トランプ一家のことを見事予言的中させていた!
25 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 16:26
http://divinus-jp.com/archives/30979
この8月22日(現地時間)には、アメリカを横断する皆既日食があります。
食は、それ以降の社会的変化を促進していくものです。それ自体が「良い」「悪い」はないのですが

2012年の日本の日食は、日本を南北に縦断するものでした。当時は、野田さんが首相で自民党は
野党でしたが、その年の12月に与野党が逆転しています。
この上下が反転することをこれに関連して読むと、今回のアメリカの日食が、アメリカ大陸を横断することは、
アメリカを二分する動きと読むことができます。

日食の時は、トランプ大統領の火星、太陽が関わっているので、なにかのきっかけがあると火が
つきやすい状態ではあるが、時期としては日食にかぎらず、短くとも秋分までは注意が必要なようです。
北朝鮮問題は、別としても、この日食の時期から、トランプ大統領を掲げるアメリカは変化していくと、
ここでも読めます。

http://divinus-jp.com/archives/28191
この日食は、現地時間の21日に大陸北米大陸を横断するので、多くの人が目撃します。
食は、霊的な影響もあり、あるいは癒やされ、再生することを意味します。
直接的には、アメリカ合衆国で起こることを意味しています。

日本を横断する日食としては、過去に2012年5月の金環日食があります。
東日本大震災から1年たった年でした。
このときの総理大臣は、民主党野田さんで、12月に自由民主党の安倍さんになっています。
この5月、スカイツリーが開業し、東京の土地のパワーバランスが変わりました。
社会的に影響もあり、個人としても、この2012年5月を振り返ると、大きな変化のあった方も多いと思います。
日食は、そのときからパチっと変わる変化は感じられないかもしれませんが、こうして振り返ってみると、
大きな変化を後押しするものになります。
なので、アメリカ合衆国を横断するこの日食も、そういった意味もあると思います。

国家や社会の変化を示しており、次の日食までの半年間で、社会の(突然の)変化が起きていくようです。
アメリカ大陸を縦断するということは、今後のアメリカを分断する変化であるようですし、日本においても、
将来をきめる動きがあるようです。
26 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 16:33
http://creators-room2-3.sblo.jp/article/180530236.html
日食はリーダーや「王」に関する重要な変化を意味しており、場合によっては「崩壊」や「死」を意味しているそうです。
1998年の日食ではビル・クリントンの弾劾につながったと言っています。
トランプ大統領のもつ火星が活性化しているということは、戦争を行う可能性があり、大きな混乱と変化をもたらす。
またトランプ大統領は、占星術的には国を分割する可能性もあるそうです。
冥王星は 2008年以来、山羊座にいましたが、2024年までそこにとどまる。
前回、冥王星が山羊座の位置にあったのは1762年から1788年までであり、
その時代の終わりには、米国独立宣言が署名され、米国が誕生したと言っています。
2024年の4月8日には、また皆既日食があり、この年までの7年〜8年、
アメリカでは多くの混乱が続き、新たな国が創造される。
今回の皆既日食は、前後の6か月の間強く影響を及ぼす。
「グレート・アメリカン・エクリプス」は、6年〜7年の大きな変化の始まりであり、2024年4月8日に終わると言っています。
米朝開戦となりますと金正恩氏のチャートから見ると、かなり大きな事態に発展していくそうです。
占星術では、かなり危険な事態のようです。
通常の日食とはエネルギーの規模が違うようであり、占星術師はかなり危惧しているそうです。
日本で皆既日食を見ることはできませんが、前後6か月間は影響を受けるようであり、
主に財務的な影響が避けられないとあります。
8月下旬から9月の上旬までの時期に何かの異変が起きると占星術師に思われているようです。
27 6人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 17:24
http://en-light.net/archives/17773
8月の日食は、アメリカを南北に二分するかのように発生します。
この二つの日食をホロスコープで見たとき、特徴的かつ共通するのが火星と天王星で、
これは国を二分するような大きな変化を引き起こすということです。
現アメリカ大統領は就任前から支持と不支持が拮抗するというこれまで見られなかった状況で、
国を二分している状態ですが、それが融和することなくさらに大きな政治的な亀裂を生じさせることに
なって行くということを表しています。その前触れとなるのが、2月26日の日食です。
そのため、日食の影響としては以下のようなものがあります。
・自分の中にある自信と怖れが同時に起きて混乱する。
・前進する気持ちと、前進を辞めたい気持ちが交互に現れてどちらを選択したらいいのかわからなくなる。
・これまで対立していなかった人との対立が発生する。
・対立していた人との溝がさらに深まる。
これらは、何か悪いことが起きているかの様に見えるのですが、悪いということではなく、いままで
思っていながらも深く隠していた本音を表すということが起きているのであって、この混乱や対立は、
いつか表に現れなければならなかった本音が、日食というきっかけを通じで現れてきたということです。
私たちが生活している、この三次元(+時間)の世界では、二極性というものが存在します。
二極性の一つが、分断と統合です。統合するためには分断の状態でなければならず、分断するには
統合の状態であることが必要であるように、分断が永遠に続くのではなく、やがて統合に向かう為には、
分断がはっきりと表に現れることが必要なのです。
アメリカでは国民を二分する政治状態が当面続く為、政治的・経済的な混迷が続き、それらは日本の
政治・経済への混迷に繋がります。

http://en-light.net/archives/20228
8月22日(アメリカ時間では8月21日)に日食があります。
2012年5月に日本各地で見られる金環日食がありました。日食がその国を横断する時は、
国に大きな変化が起きます。2012年の12月には政権が民主党から自民党に変わっています。
今回のアメリカ大陸を横断し分断するかのように起きる日食は、アメリカという国の政治的分断を
意味します。なので、1年以内に政治的な大きな変化が生まれます。
28 8人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 19:18
明後日の日食でアメリカで異変が起こる?内戦?トランプ暗殺?

<占い板>
8月22日午前3時〜皆既日食の意味と世界への影響
http://mao.2ch.sc/test/read.cgi/fortune/1503202884/

<天文板>
【2017年08月21日】米国皆既日食Part2
http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/sky/1501783284/
29 9人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 19:35
俺には全く関係ない
と思ったらMCが獅子座だったわ
30 10人目 マドモアゼル名無しさん 2017-08-20 20:39
8月、米国を皆既日食が通過 その時イエローストーンに何かが起きる?!
http://www.y-asakawa.com/Message2017-3/17-message76.htm
ブログ 「 In deep」に最近米国のイエローストーンで群発地震が発生しており、その回数が間もなく1000回に
達しそうだというアメリカからの報道が掲載されていた。 震度は極めて小さく、震度3以上は数回程度のようで
あるが、地震の頻度そのものは従来にない回数に 達しているようである。

ブログには、8月に米国としては99年ぶりになる皆既日食が北米大陸を横断することと、ワイオミング州のある
米国の女性が、イエローストーンはこの皆既日食の間に噴火すると、警告している ことも掲載されていた。 

もしもこのまま群発地震が続くようなら、8月21日までにはその回数が2500回前後に達していることになりそう
なので、その上空を皆既日食の太陽が通過するとなると、規模の大小は別にして、イエローストーン直下の
超巨大なマグマだまりや地殻に影響を及ぼす可能性は無視することは出来ないかもしれない。

現に、昨年の9月13日の読売新聞に、巨大地震は満月や新月の前後に起きやすいとする統計分析結果を、
東京大学の井出哲教授(地震物理学)らの研究チームがまとめ、英科学誌「ネイチャー・ジオサイエンス」に
発表している。
引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/fortune/1503202884/
サブコンテンツ

このページの先頭へ