東村アキコアンチスレ15 のまとめ全 12 件

1 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:21
東村アキコとその作品についてのアンチスレです
次スレは>>970が立てて下さい

前スレ
http://medaka.2ch.sc/test/read.cgi/gcomic/1499530210/
2 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:23
【アーティスト・日岡兼三】
https://www.facebook.com/hiokakenzo/

漫画家再入門:東村アキコ編
http://www.moae.jp/comic/mangakarestart/18
http://www.moae.jp/comic/mangakarestart/19

浦沢直樹の漫勉「東村アキコ」回

https://www.youtube.com/watch


東村がダークナイトネタを何年も引きずる理由
http://logmi.jp/144261

東村の異常性
http://sirabee.com/2017/01/22/20161052415/

集英社学習まんが日本の歴史 近現代15巻(他の表紙とのクオリティの差に注目)


岡村靖幸グッズに見る力量の違い
久保ミツロウ作

東村アキコ作


(真偽不明)元アシによる東村の裏の顔と枕営業の噂
3 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:25
アキコレジェンド
【漫画編】
・親族会議で、親戚を漫画のネタにすることへ本気の苦情が出る。ビビって今度は友達を犠牲にするも次第に距離を置かれ、その後は恩師(故人)を犠牲に
・自伝風漫画で恩師の妻の存在を完全に抹消した上でパワハラ男に改ざん。他の生徒から「先生の性格が違いすぎて困惑」とリークされる
・「この金があの時あったら先生を海外に連れて行けたのに悔しい!」 →実際に共同個展や介護、葬式を行ったのは先生の奥さんと他の教え子達
・漫画家の技術を紹介する番組なのに、自身が経営するバーに着物姿で登場。「これが本当のアタシ、漫画家は世を忍ぶ仮の姿」と番組趣旨と無関係な自分語り
・同番組で手元が暗い(困る)と30回程指摘されるが「私、昔からスタンドライト使ってない」とズレた返答
・さらに「アタシ子ども産んで育児してたんで〜描きこみ減らして早く描きます」と番組趣旨を理解してない回答
・挙句「背景いらないと思うんですよ!」と言い放つ。聞き手の浦沢直樹の「え?」という反応に「浦沢先生の真似してる」と言い出し、視聴者に冷や汗をかかせる
・漫勉の再放送時、東村の回だけ放送リストから削られる
4 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:26
・「ネームに使う時間は3時間、描きたいテーマやキャラ表は無し。キャラは実在の人モデルで全部フィーリング」
・連載獲得のために本気で描いたジャンプSQの読切漫画が読者アンケートほぼ最下位
・画力対決で島本和彦に「東村はどんなに丁寧に描いてもあれ以上上手くならない」と言われる
・画力対決で漫画家の先輩である西原理恵子のいじりにマジギレして気を使わせる
・「石田拓実は逃げの作業、うちは攻めの作業。時間に余裕があるから。私は締切、きっちり早めに終わるんで。」と先輩をマウント
・KISS誌上で「青年漫画より少女漫画の方が上。今の青年誌は描き込みすぎ。少女漫画の白さには意味がある」と根拠のない主観意見
・即席ビジンで医院と先生を大げさに誉めちぎるが、BeforeとAfterの角度や照明、撮影日が違うので効果不明(例:
・ベルばらでオスカルが困窮する市民生活への無知から、食前のカフェオレorショコラを求めてしまう場面を「完全に空気を読めずに「デザート出せ」って言うシーン」と奇天烈解釈
・新人への講評が「暗い人が頑張って明るい漫画描いた感じ(笑)。『他の人とは違う私』て感じを出している。うちのアシに来てくれれば叩き直しますよ(笑)」と、ただの悪口
・「ネットの批判なんてただのフォント」「人に好かれるとか嫌われるとかは考えず、自分を徹底的に強者にもっていく」と強がりつつも、ヒモザイルが炎上したら速攻で休載
・「自分の『乙女』『こじらせ』『オタク』を力でねじ伏せ、欲望や逃げ出したい気持ちと闘ってきた」はずが、ヒモザイル休載の理由が「(心が折れた。)乙女だから。みんなそこをわかってない。」
5 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:26
【アシスタント処遇編】
・「アシスタントは神!」と言いつつ、時給千円(コンビニバイト以下)で個別デスクの無いタコ部屋に押し込み、子供のオムツの面倒まで見させる
・初日の新人アシを実名で批判「アタシの漫画も読んできてないし息子の面倒もマトモにできないし最悪!」
・上記の後に「やっぱりアシ任せじゃあかん、シッターさん頼まないと!」→ヒモザイルで相変わらずアシをシッター扱い
・「貯金あるうちは人は世に出れない」という持論から、アシスタントに「まず貯金を空にするところから始めろ」と女郎の足抜け防止のようなアドバイス
・「漫画家志望でないアシは2年程で解放しないと、飼い殺しになり人生を蹂躙してしまう」と言いつつ、古参アシスタントのねぎっこに自分が経営するバーの店番をさせ飼い殺す
・「わたしがお金を払ってるんだからあなたたちは奴隷。わたしの指示が違ってても、女王様と奴隷の関係」と、神であるはずのアシスタントを奴隷扱いする矛盾発言
・「マンガは何も考えずに描いた物がいちばん面白い」という持論から、アシスタントに「酩酊した状態でネームを描け」と無責任発言
・美人アシスタントを雇わない理由が「自分のデブさや年齢とか考えて落ち込む。アシスタントも同様に落ち込むから」と、遠回しに「アシスタントは全員ブス」と公言するような思いやりのなさ
・アシスタントをバカにして漫画のネタに使うヒモザイルについて佐藤秀峰から「スタッフの将来を案じるなら時間とお金を与えるべきだ。」と突っ込まれる
・好きなK-POP動画を知人全員に「すぐ観ろ」とメール、その後友人知人アシスタント全員がVIP会員になり全員でコンサートに行って泣きながら大合唱という、圧力を感じさせる不気味なエピソード
6 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:27
【金銭・人格編】
・2ちゃんねる風サイトを運営して「東村アキコと工作員の集い」を開催。ネットで東村大将軍を称える内容をファンに書かせる
・ファッションブランドの展示会で注文したサンプルと届いた実物が違うと文句(展示会サンプルと実物が違うのは業界で常識)
・その常識も知らずにアパレルブランドを立ち上げ→グダグダで半年経たず立ち消え、損失2000万円
・ナタリーのインタビュー(タイアップ広告記事)のギャラが10万なのに対し、ナタリー側に50万入ると知り「他の出版社なら折半なのに!」と激怒
・東村主催の韓国ソウルツアーの際、屋台で泥酔してタクアンを手裏剣のように投げる迷惑行為に及ぶ
・上記ツアーに来た人が韓国旅行の相場を後で知ってボッタクリだと気付いたとき「この空港からなら○万でも高くないと思う」と奇妙な言い訳
・泥酔して、他人の家の表札に身につけていたヌーブラを貼りつけてその下で寝る。理由は「ヌーブラに対するアンチテーゼ」
・知識ゼロでクラゲを飼おうとしたところ、良心的な店員に素人が飼育する無謀さを懇切丁寧な説明で制止され、後日漫画内で店員を醜悪な人物に描き憂さ晴らし
・しかし子供が金魚鉢にふりかけを入れて金魚を死なせてしまった際、情操教育と称し金魚を汚物としてトイレに流して捨てる
・息子の名前の由来はドラゴンボールではなく張光宇の「漫画孫悟空」と言い張るが、実際はガンダムのズゴック
・鬼が来てると息子を驚かせ、怖がる様を見て「このときはじめて心から子供を産んでよかったと思った、腹筋いてえ〜」
・弟の高校入学時に部活動と委員会を無断で決める。弟が漫画家になると無断で連載企画を決めて自分も同行し、タダで飲み食いした挙句ダメ出し
・講演に呼ばれた先で酔った勢いでK美大の男子学生に強引にキス、もちろん口に
・「婚活疲れの独身女子が急増している?それは認められないです。私だって疲れてるけど漫画描いてるし。仕事だと思えばいいんです仕事だと!」
・初めて行った蜷川実花の家で勝手にストック棚をあさりサトウのご飯を見つけ、レンチンして日本酒のつまみに食べ出す
・キツイ冗談を言いつつも自省しながら東村を褒める久保に対し、自画自賛と攻撃しかしない東村(https://togetter.com/li/169663
7 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:29
【恋愛・結婚編】
・一度目の離婚理由について問われたら「編集者に霊能力高い人がいて、その人に悪い霊が取り憑いてるから別れろと言われたから」と責任転嫁
・二度目の結婚を久保ミツロウに報告しなかった言い訳が「久保が毎日1人で寝てるかと思うと可哀想すぎて報告しなかった」
・再婚で浮かれまくり「東京五輪を家族で見る!」と宣言、アラサー独身女性を徹底的に叩きまくる内容の東京タラレバ娘の連載を開始
 しかし蓋を開けてみれば、五輪開催まで連載を続けると意気込んだタラレバは開催の三年も前に連載終了、夫とは離婚調停中という、叩いていた対象より悲惨な現状に
・そのタラレバのヒロインに「女子会をしていたからあなたに出会えた」と言わせておいて、あとがきで「結婚したいなら女子会の回数を減らせ」と支離滅裂な主張
・岡村靖幸に「結婚は4回位はしてみてください!でなきゃ何もわからない」と常人には到底理解不能な持論を展開
・上手く恋ができない女性に「男なんてのは奴隷。かしずくからダメなのであって、自分のことを女王様と思い込んだらいいじゃない」とバツ2ならではの反面教師アドバイス
・美人アシスタントを雇わない理由が「素敵な男性が仕事場に来た時に私のそばに美人を置きたくない」から
・女編集者を見て「どう見ても絶対彼氏いなさそう…恋バナしてたらこの子傷ついちゃうかも」と失礼な妄想。しかし既婚者と知るや「えっ、うそっ」
8 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:31
「ママはテンパリスト」の裏側(子種クレクレ詐欺の経緯)
 ※東村アキコと新井祥は友人関係であり、その縁で新井の夫のIKKANとも知り合う
 ※東村は新井の身体的事情によりIKKANとの間に子供が作れない夫婦であることを知っていた

・12年前:新井がIKKANに「もし子供を望むなら離婚もOK」と伝える
      IKKAN、離婚したとしても縁を切らず友達でいようと返答
     →東村がIKKANに「子供が作れるなら結婚しなくてもOK」と誘い肉体関係を持つ
     →東村、妊娠「妻がいる男の子と親バレしたくないので結婚してほしい」と掌を返す
     →IKKAN、責任をとる形で新井と離婚、新井は東京から名古屋へ転居
     →東村とIKKAN、別居婚(離婚に至るまで同居期間は一切無し)
     →「ママはテンパリスト」連載開始

・10年前:東村、IKKANと大喧嘩し離婚(東村いわく「一回目の結婚で大失敗して速攻で離婚」)
・現  在:新井とIKKANはその後も良好な友人関係を継続中
      一方、東村は二度目の夫の安藤悟史と結婚当初から別居状態が続き、現在離婚調停中



11 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 12:49
騙し討ち披露宴(>>8の逸話)

548花と名無しさん (アウアウウー 106.154.61.227)2017/08/23(水) 23:42:20.92ID:Wo0Hivsja
新井とIKKANのトークショーで聞いた話。

IKKANは披露宴とか結婚式の類が大嫌いで絶対やらないと言っていたのに、ある日アキコから「単なる里帰り」「顔見せだけ」と言われて渋々アキコの故郷に連れていかれて行ってみたら
親戚が大勢揃ってて大きな座敷でプチ披露宴やらされたそうだ。
IKKANは本当に嫌だったみたい。
そうやって何度も嘘ついて自分の思い通りに持ってく自己中だから最終的に嫌われたんだろうな。
12 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 12:56
取材にきたカメラマンに原稿を手伝わせていびる東村


女編集者を見た目で判断してバカにする東村


略奪愛の深層心理が見える東村


素人に正論の指摘をされても一切聞く耳を持たない東村


彼氏がいるのに中出しセフレ化する東村(>>8の東村視点)


噂の詐欺メイク
9 1人目 花と名無しさん 2017-09-22 10:33
================================

テンプレここまで
10 2人目 花と名無しさん 2017-09-22 11:36
羊水腐ったババアの描く恋愛漫画は面白いのかい?
引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/gcomic/1506043310/
サブコンテンツ

このページの先頭へ