洋ゲーってこれからも「グラだけ」進化していくんだろうな のまとめ全 21 件

1 1人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 12:53
それ以外の要素はクソのままなんだろうな
2 2人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 12:54
一方和ゲーはグラもそれ以外もクソのままだった
21 18人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 20:10
>>2
マジでそれな
3 3人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 12:57
まーた洋ゲーのAI技術を知らない底辺スクショ動画評論家様か
任天堂でもいまだにゼルダやスプラトゥーンにAI技術を積めない日本は永久に追いつけないぞ

1世紀に“洋ゲー”でゲームAIが遂げた驚異の進化史。その「敗戦」から日本のゲーム業界が再び立ち上がるには?
http://news.denfaminicogamer.jp/interview/gameai_miyake
5 4人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:05
>>3
面白い
4 4人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 12:58
最近はまた複雑化してるけどカジュアル洋ゲーブームの時は
むしろ退化してたんだよなぁ......
複雑化=進化ではないよって事ではあるかもしれんが
洗練されててもマンネリだとつまらなく感じたりするしゲームは難しい
13 10人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:45
>>4
洋ゲーはどんどん尖った部分がなくなってきてるな
まぁだからやっと日本でも受けるようになってきたんだろうけど
18 15人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 19:49
>>13
遊びやすいけど適度に尖ってる方が面白いよね
ヒットしてるインディー観るとそこかなと思った
7 5人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:07
グラだけなら映画でも見ればいい
ゲームは「面白くする技術」の方が大事なんだよ
まあ、世界で洋ゲーの方が主流になってるのを見れば、面白さですら負けてるのかもしれないけど
8 4人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:11
初代ヘイローの集団戦闘は当時感動したなぁ
敵キャラも状況によって色んな反応や戦い方するし
エリートがいなくなるとウワーって逃げ出すグラントが可愛かった
で他の場所にいるエリートと合流するとまた強気になってチーフの悪口言い出したり
9 6人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:11
う〜ん、ゼルダw
10 7人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:14
世界「PUBG!gow!ファークライ!フォートないと、ラスアス!RDR2!」

ジャップ「ゼルダゼルダゼルダ!!」

いつまで同じこと言ってんの
世界じゃどんどん新作タイトル出てますよ
12 9人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:26
>>10
世界、PUBGくらいしか新しいソフトが無いな
11 8人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:20
これからは化学エンジンの時代じゃないかな

ブレワイは他のゲームのいいところを勉強して纏め上げたけど化学エンジンが秀逸
マイクラでもあるやつかな?

つまり火の近くにある燃えるやつは燃える、延焼する、ブレワイはそこに上昇気流も入れた。

冷たいところでは凍る、など

もっと自由にフレキシブルに変化が起きて、それをフィールドの変化にフィードバックできたらまさにリアル世界
特にサバイバルするようなゲームやホラーゲーにぴったり
14 11人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:49
和ゲーが革新的なソフトを出せば、それに影響されて洋ゲーも進化していくよ
15 12人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 13:50

https://www.youtube.com/watch

ファークライなんて2から劣化してるじゃん
16 13人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 14:44
洋ゲー()は常に開発費で死んでるじゃん
和サード未満
17 14人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 14:53
グラを極限まで現実に近づけてフィールドを広くさせ続けるんだぞ
地球が滅ぶまでに全人類の意識をそこに入れるのが目標だ
19 16人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 19:52
マイクラ見るとグラがゲームのヒットの要因としては薄いような気がするんだがね
20 17人目 名無しさん必死だな 2018-04-29 19:56
でもマイクラはマイクラで印象的なデザインを狙ってるしな
あれが平凡な今風のグラだったらヒットしてないと思う
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1524973998/
サブコンテンツ

このページの先頭へ