ゲームは基本的に本編をクリアしたらその後やり込まないタイプなんだがおかしい? のまとめ全 40 件

1 1人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 07:56
ゼルダとかもそうなんだけど
本編はクリアしたけどその後のコログ集めたりとか更に強くなった?ガノンもう一度倒しに行くとかはしないんだよね
それやるぐらいなら次のゲーム遊びたいって気持ちになるタイプなんだが俺っておかしい?
同じような人いる?
4 4人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:08
>>1
ブレワイやマリオデはそんなもんだと思う
ただスプラ2に関してはヒーローモード終わらせたからおしまいっていうのは
凄くもったいない気がする
10 10人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:30
>>1はやり込み要素の実績やトロフィーの獲得率みてみるといいよ
22 16人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 09:02
>>1が多数派ならクリアだけなら糞楽になったり
隠しボスとか2周目以降が作り込まれるわけもないんだけど
ただ消費するだけの上客はそれでいいと思うよ
2 2人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 07:58
それが多数派だと思うよ
3 3人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:01
逆になぜ少数派だと思ったのか
5 5人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:24
ゼルダは 2月頭から始めて
勿体無いからメインを途中で放置
1000万本とサントラ発売記念で
四神獣の最後の1つとマスターソードを抜いたw
ハイラル城は半分迄しかやってない
6 6人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:28
ゲームメーカーは遊び場を提供してくれてるだけで
飽きたら次行っていいんやで
気に入ったらやり込めばいい
7 7人目 旧・支持者 2018-04-30 08:29
ゲームというのは本当は「同じものを何度もやる」ものであるはず
これを便宜的に「循環型コンテンツ」と呼びましょう
しかしクリアして終わり、というのは明らかにゲームを消費されるものとして捉えています
これを「消費型コンテンツ」と呼びましょう

ビデオゲームはもともと野球やサッカーのような「循環型コンテンツ」としての性格が強いものだった
しかしいつしかクリアするものという通念が強まり「消費型コンテンツ」となった
私はこれを「ゲームの消費型コンテンツ化」と呼ぶことにしました
8 8人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:29
大体はやり込みっていうかやりこませだからな
無駄に時間かけ指すようなもんだけ
本当に面白けりゃ勝手にやっとる
9 9人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:30
大人になってからはRPGのクリア後とかしんどくてスルーしがちだわ
そりゃ昔はワクワクしたモンだけどな
悲しい事だね
11 7人目 旧・支持者 2018-04-30 08:31
例えばサッカーをやってて、時間の都合で前半で終わり
でも1-0の差がついてた「もう少しやりたいけどこれでいいか」となる
しかし映画が半分で終わったら大問題 「まだ全然伏線回収してねーよ」ということになる
これは明らかにコンテンツの性格の差
12 11人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:32
クリア後、一年くらい放置してからやり込み要素を回収する。
いい感じに忘れていて少し新鮮。
13 7人目 旧・支持者 2018-04-30 08:34
つまり「ボリューム」というのは本質的に消費型コンテンツの発想
循環型コンテンツとして確率されていればボリュームは要らない
これは昨今のRPGにおいて顕著な現象ではないでしょうか
14 7人目 旧・支持者 2018-04-30 08:36
確立だわみすた
15 9人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:40
クリア後もそうだけど周回要素もなあ
難易度追加とかじゃなくて、クロノみたいなラスボス倒したタイミングでエンディング変わるって要素があれば変化を楽しめるんだけど
水増しの為の周回だからストーリー変化みたいな手間は掛けられませんってか
16 12人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:43
気に入ったRPGと3Dマリオはやりこむけど他はまだそこまで気に入ったソフトは出てこないなぁ
17 13人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:49
トロフィーや実績の取得率を見ると
ゲームクリア率低いしな
18 7人目 旧・支持者 2018-04-30 08:54
「クリア」という概念はもともとゼビウスの遠藤雅伸氏がインカムゲインのために
ワンコインで遊べる限度を導入したものであって
それはゲームという機構とは関係の無いものであるはず
関係なかったが故に、家庭用でも自然に受け入れられた

クリアできないといけない
クリアされたら終わる

このどちらも、ゲームという行為のキーポイントにはなっていないと私は考えます
19 14人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:56
ストーリー性が強いゲームはクリアしたらやる気なくなるわ
20 15人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 08:58
まあ1周やったらそのゲームはもうおしまいってタイプの方が多いんだろうな
俺は気に入ったゲームは延々と何周でもやるタイプだな

逆にイマイチ合わないゲームは、クリアどころかすぐに止めたりするな
良くも悪くも好き嫌いが激しいんだろうな。もっとも一回止めたけど後になって再評価って事もある
21 7人目 旧・支持者 2018-04-30 08:59
>>20
それは私の言い方だと
「循環型コンテンツとして機能することにクリアという概念は関係が無い」
という言い方になりますね
23 16人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 09:06
俺は基本的に自分がやるゲームは面白い(個人の感想)ので出来る限りやりつくすけどね
24 17人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 09:07
そういうのは隠しまで本編だったりするし
25 18人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 09:14
二週目って面白いけどね。
全部分かってるから未来人みたいに振る舞える。
特に高難度のヒーロー系アクションゲームは、二週目ではじめてヒーローらしく振る舞える。
32 24人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 15:03
>>25
その発想はなかった
なるほどね、そう思うと少し楽しいかもね
26 19人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 09:20
一年後にはストーリーも途中までしか進めなくなってるだろう
27 20人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 09:45
やり込みってマニア向けだからね
普通の人はクリアしたらもうやらんよ
周回する人ってどんだけ暇なんだろうって思う
28 21人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 09:45
スパロボは今でも毎度全部の隠し要素出すまでやりこむけどRPGは最近はクリア後のやりこみや周回までやらなくなったなぁ
29 22人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 10:42
売れたタイトルほどクリアすらしない人が多くなる
ライト層はそういうものだ
30 23人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 10:55
Half-Life2くらいだなマップの隅々まで歩きながら何週もしてるの
31 24人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 15:02
同じストーリーを何回もできる人はすごいと思う
時々挑戦してみるけど絶対序盤の序盤で先のことを考えて面倒になってやめてしまう
33 25人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 15:06
むしろやりこむ方が少ないだろう。
トロフィーとか称号とか比較的楽に取れそうなら取るが
苦労と苦痛を感じながら取っている人を見ると何だかなーと思う。
34 26人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 15:12
自分に合った遊びをすればいいのさ
ソフト買って開封せずに満足するのもいれば30分毎にゲーム入れ替えて楽しむ層もおる
様々な遊び方があって結構じゃあないか
35 27人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 15:17
ベセスダゲーだけちょこちょこMOD入れてやってる
勝手にユーザー側が作ってくれるんで
36 28人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 15:18
やり込みって基本的に作業だからなー
よっぽどそのゲームが好きじゃなければやる気が起きないよ
37 29人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 15:32
クリアしたらそのゲームに対する興味を失うのは普通のことだから気にすることでもない
トロフィーの取得率見ればわかるだろう
取得率一ケタ台の隠しトロフィーなんてごまんとあるしな
むしろクリアするだけでも十分すぎる
放置されて積まれてる方が多数派かも知れんぞ
38 18人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 16:48
ニンジャガイデンだって初回は涙目でヒーヒー言いながらクリアしても
周回では○○無双のごとくプレイできるようにもなる。
楽しいよ。
39 30人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 18:55
アクションは上手くなったて実感できるからええな
久しぶりにレイマンオリジン遊んでコンプできたときは嬉しかった
40 31人目 名無しさん必死だな 2018-04-30 20:10
別に満足すりゃクリアすらしなくてもいいけど
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1525042602/
サブコンテンツ

このページの先頭へ