【アプリ】2017年のアプリケーション購入額は1064億ドル。2022年には1565億ドル見込み。 のまとめ全 7 件

1 1人目 ムヒタ ★ 2018-05-03 05:43
App Annieの最新レポートによれば、全世界を通じたアプリケーションストアでの売上額は、本年末の段階で1064億ドルに達する見込みであるようだ。さらに、2022年段階では1565億ドルにも届きそうだとのこと。昨年12月の段階では、売上額が1100億ドルに達するとしていたので、若干の下方修正ということにはなってはいる。成長著しいのはアジア太平洋地域(Asia-Pacific region)で、もちろん中国が、全世界における支出の40%を占めてNo.1となっている。

レポートによれば、全体の支出額が増加しただけでなく、デバイス毎の支出も増加傾向にあるとのこと。1台あたりの支出額は、2017年の20.94ドルだったが、これは2022年には25.65ドルまで伸びそうだとしている。

さらにダウンロード数も2022年までに45%の伸びとなり、2582億に達する見込みであるようだ。
https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2018/05/screen-shot-2018-05-02-at-10-38-37-am.png?w=680

2022年までのダウンロード数予測で、大きく伸びが期待されているのはインドを含むアジア・太平洋地域だ。インドネシアやベトナム、そして中国の郊外エリアにおける成長が期待されている。ちなみにアメリカ大陸において成長を引っ張るのはブラジルで、EMEA(Europe, the Middle East and Africa)地域をリードするのはエジプト、ウクライナ、ポーランド、そしてロシアだと予想されている。

アメリカや日本などの安定的成熟市場にあっては、2022年までのダウンロード数は安定成長となりそうだとのこと。もちろんダウンロード数自体は多く、アメリカでは年間21本の新しいアプリケーションをダウンロードし、日本では15本となっている。

そうはいっても成長の鈍化によって、開発者としては新たなユーザーを獲得するための方策を探っていく必要も生じるのだろう。
https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2018/05/screen-shot-2018-05-02-at-10-39-57-am.png?w=680

利用者の支出額は2022年までに92%の伸びを示し、1565億に達する見込みだ。

支出額の多い国々は中国、アメリカ、日本、韓国、ドイツだ。中でも中国は、2017年比で107%の成長を遂げ、624億ドルとなる。アメリカについていえば、97%の成長で150億ドルから297億ドルとなる見込みだ。
以下ソース
2018年5月03日
https://jp.techcrunch.com/2018/05/03/2018-05-02-consumer-spend-on-apps-to-reach-106-4-billion-this-year-156-5-billion-by-2022/
2 2人目 名刺は切らしておりまして 2018-05-03 06:05
有料アプリ使ったことないんだが
例えばどんなの
5 5人目 名刺は切らしておりまして 2018-05-03 09:07
>>2
ゲームのアプリ内課金が圧倒的
3 3人目 名刺は切らしておりまして 2018-05-03 06:13
アップルだと、ankiとか単語暗記系、アルクのチャンツで語彙集、英検単語集。辞書。
ヨガやマインドフルネス、呼吸法。あとは空にかざして星座表示するアプリとかは金出したな。
ゲームとかはアプリ内課金なの?
4 4人目 名刺は切らしておりまして 2018-05-03 08:34
辞書アプリは欲しいと思ったけど
でもただのスマホアプリに数千円も出せないわ
6 6人目 名刺は切らしておりまして 2018-05-03 10:19
ゲームは無課金でやると、忍耐力が付くから、オヌヌメ
7 7人目 名刺は切らしておりまして 2018-05-03 14:14
ライフハック系はグーグルのサービスでほぼ揃うからな
あとはタッチ操作がなめらかになればMac系は壊滅的になる
Win系は10年前はフリーウェアが充実していたけど今はイマイチ
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1525293809/
サブコンテンツ

このページの先頭へ