【テレ朝】林美桜 part1【2017年新人】 [無断転載禁止]©2ch.net のまとめ全 575 件

1 1人目 名無しがお伝えします(ワッチョイ 6b23-gICv) 2017-06-12 01:58
テレビ朝日2017年新人アナウンサー、林美桜 はやしみおう
よろしくお願いします。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
16 9人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ bd69-xcYX) 2017-06-12 18:02
何でいきなりワッチョイなんだよ
>>1のエゴで勝手にやるなよ
ヲタが少ない状態でやったらスレ過疎るかもしれんぞ
17 1人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-12 19:05
>>16
http://medaka.2ch.sc/test/read.cgi/ana/1496805509/3
三谷スレでワッチョイ入れてくれという書き込みがあったから。
書き込みが少ないようなら、次のスレあたりで考えればいいと思う。
2 1人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-12 02:05
http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/anach/2017/19.html







3 2人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 2b32-NfbZ) 2017-06-12 02:06
美沙希ちゃんと名前が被る新人さんか
もうテレビ出てるの?

頑張ってねえノ
4 1人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-12 02:13
http://www.oricon.co.jp/news/2091956/full/



5 1人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-12 02:20
テレビ朝日:今夏も大型イベント開催 新人女性アナが“かみながら”アピール
https://mantan-web.jp/article/20170606dog00m200018000c.html





6 1人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-12 02:24
テレ朝“新人”林美桜アナ&三谷紬アナ、公の場で初仕事「夏祭り」PRに会場声援
https://mdpr.jp/news/detail/1691979

14 8人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr71-/TP6) 2017-06-12 10:50
>>6
普通に考えたら、弘中ちゃんのMステの任期が今秋で4年経過で、新人の二人のどちらかがタモリのアシになるのだろう
18 10人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 1532-NfbZ) 2017-06-12 20:57
>>14
テレ朝、今年度は本気出したよねw
アスクやってるから自社の採用遠慮してるのかなあ
7 1人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-12 02:29
https://mdpr.jp/news/detail/1676096




8 1人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-12 03:29
【鎌倉まつり2014】ミス鎌倉 林美桜(みおう)さん

https://www.youtube.com/watch
9 3人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr71-5NIv) 2017-06-12 03:52
桜美林
10 4人目 名無しがお伝えします (オイコラミネオ MMeb-lDO2) 2017-06-12 04:18
美沙希ちゃんのほうがかわいい
11 5人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 4d32-NfbZ) 2017-06-12 04:39
>>10
まあまあw
温かく見守ってあげようよ
12 6人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr71-Fr9F) 2017-06-12 06:58
>>2
やっぱりかわええ
13 7人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 353c-zrbu) 2017-06-12 09:08
本スレ Part3立てました。

【フジ】久慈暁子 Part3 【2017入社】
http://medaka.2ch.sc/test/read.cgi/ana/1497225524/
15 6人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr71-Fr9F) 2017-06-12 17:17
>>7は入社式の時の写真かな。
19 8人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr71-/TP6) 2017-06-12 23:23
フジテレビのダウンタウンなうで新人アナの久慈と海老原さんが希望番組二人とも、めざましテレビと言っていた。逆に言うとこれしか好調な番組ないということになるのかな
一方、テレ朝は、報ステ、グッモニ、スーパーJチャンネル、ミュージックステーションなど知名度の高い番組いくつもあるな
林アナと三谷アナは、面接で希望担当番組を何と答えたのか知りたい
20 11人目 名無しがお伝えします (JP 0Ha3-Fuul) 2017-06-12 23:48
>>19
Mステはもう視聴率一桁台ばかりのオワコンだけどな
報ステもJチャンも枠が無いな
21 12人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 23a6-kOr2) 2017-06-13 00:40
少なくとも、お願いランキングでデビューしそう
22 13人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ bd69-IDgn) 2017-06-13 06:15
桜美林
23 14人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr71-Fr9F) 2017-06-13 09:46
>>6
早くテレビで見たいな
24 15人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 2306-+bHA) 2017-06-14 01:16
いちおう 
におう 
みおう!
25 16人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9d23-gICv) 2017-06-14 02:35
2014年 第11回大船まつり
http://bijin.blog.jp/archives/52609396.html
http://bijin.blog.jp/archives/52609420.html
http://bijin.blog.jp/archives/52609810.html
http://bijin.blog.jp/archives/52609815.html
http://bijin.blog.jp/archives/52609818.html
http://bijin.blog.jp/archives/52610682.html
http://bijin.blog.jp/archives/52610729.html
26 17人目 名無しがお伝えします (オッペケ Srab-iNir) 2017-06-21 04:08
>>25
かわええ(^-^)
27 18人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 3706-ZLad) 2017-06-23 00:24
桜美林大学
28 19人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr0b-4bpt) 2017-06-25 19:09
期待
29 20人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr0b-Zle4) 2017-06-25 20:33
堂真理子系のアナに見えるから、それを考えると、Mステーションのアシの可能性あると思う。
三谷アナは、元気な久冨アナ系なので、おかずのクッキングの後継者かも
30 21人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9fa6-q+YL) 2017-06-26 03:09
久冨ちゃんも三十路間近だから、ミラクル9の引継ぎもあり得そう
31 22人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 5d23-zya5) 2017-06-29 22:46
美桜は来週か
32 23人目 名無しがお伝えします (スプッッ Sdc2-jP4W) 2017-07-01 15:03
ドラえもん夏の宝島グッズに新人アナも笑顔!テレ朝夏祭り「サマパス」来場者先着プレゼント
http://dogatch.jp/news/ex/45742



http://www.oricon.co.jp/news/2093333/full/
33 24人目 名無しがお伝えします (スッップ Sd62-jP4W) 2017-07-04 06:36
貞淑美女タレントの性白書 新人女子アナ秘密の下半身「身体検査」(3)
http://wjn.jp/article/detail/3184155/
34 25人目 名無しがお伝えします (スプッッ Sdc2-jP4W) 2017-07-05 16:02
http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/personal/women/hayashi_m/index.html
35 26人目 名無しがお伝えします (アウアウカー Sae9-yqQ9) 2017-07-05 18:33
桜美林
36 27人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 5d23-zya5) 2017-07-05 19:57




42 31人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ f16f-iE9f) 2017-07-13 22:42
>>36
http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/anach/2017/26.html
298 265人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 20:42
いつまでもあんなにたどたどしくてはサンデーLIVEも降ろされるかもしれんぞ
>>36と比べてみろプクプクしてきたし
37 27人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 5d23-zya5) 2017-07-05 23:01
38 28人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 7723-me6h) 2017-07-07 19:04
https://www.instagram.com/p/BWOuYZEnX90/?taken-by=keiko0hisatomi

久冨アナウンサーのインスタによると、新人の壁紙が視診されているそうだ。
39 28人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 7723-me6h) 2017-07-07 19:07
>>38
×資信
○配信
40 29人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 7f6c-dbRO) 2017-07-09 16:41


41 30人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 9ff3-q9v1) 2017-07-09 23:44
んさ桜美林
43 32人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ dc23-gC8I) 2017-07-14 23:56


ゴーグルつけられんのか、ワロタw
44 33人目 名無しがお伝えします (オッペケ Srea-/F7a) 2017-07-15 01:22
レギュラーは早くて10月か
45 34人目 名無しがお伝えします (アウアウカー Sa0a-N2M0) 2017-07-15 06:49
桜美林
46 35人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ dc23-gC8I) 2017-07-15 23:09
47 36人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 62a6-MRQN) 2017-07-16 02:56
探偵オレンジが猛威を奮ってしまったから、
10月にお願いランキングデビューはなさそうだな…
Mステはもしかしたらありそうだけど
48 37人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ 4769-3g0N) 2017-07-21 21:22
Mステかグッモニのどちらかでデビューでしょうね
49 38人目 名無しがお伝えします (オッペケ Sr1b-oRFs) 2017-07-24 11:45
>>48
俺もそんな気がする。
50 39人目 名無しがお伝えします (アウアウカー Safb-p2JS) 2017-07-25 21:54
ナア桜美林
51 40人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ dfa6-dw5s) 2017-07-26 02:09
今でしょ!講座のうさみんが降板したね
予告見た感じ、髪の短めのアナだった
次回からは、新人のどちらかじゃないかな
52 41人目 名無しがお伝えします (ワッチョイ c723-ac1a) 2017-07-26 03:06
>>51
>髪が短めのアナ
この時点で新人ではないだろう。
今年の新人は二人とも髪は長いはず。
53 42人目 名無しがお伝えします (スップ Sd2a-ozbp) 2017-07-31 03:49











54 42人目 名無しがお伝えします (スップ Sd2a-ozbp) 2017-07-31 03:50











55 42人目 名無しがお伝えします (スップ Sd2a-ozbp) 2017-07-31 03:50




56 43人目 名無しがお伝えします 2017-08-01 17:26
アべマニュース17時 昨日が三谷紬、今日が林美桜 の新人さん方。 
この子は噛みまくりやったな。緊張してたんやろうけど。
57 44人目 名無しがお伝えします 2017-08-01 18:59
アナウンス技術に難アリ系?
おっとりしてそうだもんなぁ
三谷はアナウンス技術が高いと某雑誌に紹介されてたから同期の方が出世するかも
58 45人目 2017-08-07 06:53
http://up8.kouploader.jp/?m=dp&n=koupb14896
8月6日「はい、テレビ朝日です」のキャプ
59 46人目 名無しがお伝えします 2017-08-09 16:11
誰かに似てるなーと思ったらフジテレビの石本沙織にそっくりやな
ちょっと顎がたくましいあたりとか
60 47人目 魑魅魍魎 2017-08-12 13:23
桜美林大学出身なら面白かったのに…
61 48人目 名無しがお伝えします 2017-08-18 18:46
21日のQさまと24日のロクメシに出演
62 48人目 名無しがお伝えします 2017-08-18 18:47
>>61のソース
https://tv.yahoo.co.jp/program/33397071/
https://tv.yahoo.co.jp/program/33503674/
63 49人目 名無しがお伝えします 2017-08-18 21:18
美桜を見おう
64 50人目 名無しがお伝えします 2017-08-19 11:53
林美桜@桜美林
65 51人目 名無しがお伝えします 2017-08-21 19:42
Qさま出演あげ
66 52人目 名無しがお伝えします 2017-08-21 20:28
ttp://livetest.net/load/20170821-200345-128.jpg
http://livetest.net/load/20170821-200504-504.jpg
http://livetest.net/load/20170821-200508-344.jpg
http://livetest.net/load/20170821-200516-727.jpg
http://livetest.net/load/20170821-200917-166.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201002-885.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201103-533.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201440-178.jpg
67 52人目 名無しがお伝えします 2017-08-21 20:36
ttp://livetest.net/load/20170821-201736-433.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201757-506.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201807-608.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201812-136.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201817-049.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201822-256.jpg
http://livetest.net/load/20170821-201834-568.jpg
68 52人目 名無しがお伝えします 2017-08-21 20:38
ttp://livetest.net/load/20170821-203522-415.jpg
69 52人目 名無しがお伝えします 2017-08-21 20:47
ttp://livetest.net/load/20170821-204526-225.jpg
70 52人目 名無しがお伝えします 2017-08-21 20:55
ttp://livetest.net/load/20170821-205242-021.jpg
71 52人目 名無しがお伝えします 2017-08-21 22:42
ttp://livetest.net/load/20170821-211906-647.jpg
http://livetest.net/load/20170821-212419-547.jpg
72 53人目 2017-08-22 04:40
http://up8.kouploader.jp/?m=dp&n=koupb15006
8月21日「Qさま!」のキャプ
73 54人目 名無しがお伝えします 2017-08-22 08:35
処女っぽいけど、アナウンサーはそういう人に限ってすごいことしてたりするから
わからんよね
74 55人目 名無しがお伝えします 2017-08-22 18:13
林美沙希がサキちゃんで…林美桜がOちゃん!
75 56人目 名無しがお伝えします 2017-08-22 23:11
Qさまで初めて見ました
かわいいけど誰かに似てるんだよな
特にほうれいせんの感じが
誰だろう思い出せない
76 57人目 名無しがお伝えします 2017-08-24 02:18
新人の頃の元日テレ山本舞衣子に少し似てる
77 58人目 2017-08-24 04:56
http://up8.kouploader.jp/?m=dp&n=koupb15017
8月24日「ロクメシ」のキャプ
78 59人目 名無しがお伝えします 2017-08-24 11:16
最終予選応援企画「女子アナキックチャレンジ」20秒で何本ゴールできる?選手権・林アナ

https://youtu.be/h185_M5z9cY
79 60人目 名無しがお伝えします 2017-08-26 23:48
本日行われた六本木ヒルズの盆踊りで林美桜さんが司会をしていました。
その時の写真を下のサイトにあげましたので、よかったら見てください。
http://adult-cafe.net/cafe/bbs/a/index.htm
80 61人目 名無しがお伝えします 2017-08-27 04:49
>>79
Good job!
81 62人目 名無しがお伝えします 2017-08-28 01:49
画像ありがとうございます。

日曜は別のアナだったのかな。
過去に同じアナが2日続けて出演した年もあったようだけど
東京まで気軽には行けないので行くのは諦めた
82 63人目 名無しがお伝えします 2017-08-29 20:03
大学狙って名付けた?
83 64人目 名無しがお伝えします 2017-08-31 20:50
今回のロクメシかわいかった
でも、わざわざ入りの時間を間違えて遅刻してテンパッてるなんて言わなくても
いいのに

まあ、それがロクメシのおもしろさなのかもしれないが
84 65人目 名無しがお伝えします 2017-09-03 03:31
美桜は意外とドジっ子萌えちゃんなの?
85 66人目 名無しがお伝えします 2017-09-04 13:22
何となく清水富美加に似てるな、不吉だが
86 67人目 名無しがお伝えします 2017-09-05 07:12
新木優子にも似てるかもしれないね。
87 68人目 名無しがお伝えします 2017-09-05 12:55
稲村亜美、は無し?
88 69人目 名無しがお伝えします 2017-09-10 05:55
 今年入社したテレビ朝日の林美桜アナ(23)、三谷紬アナ(23)の2人がそろってお天気キャスターに起用されることが9日、分かった。林アナは「サンデーLIVE!」(日曜・前5時50分)、三谷アナは「報道ステーション」(月〜金曜・後9時54分)で金曜日を担当する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000257-sph-ent
93 74人目 名無しがお伝えします 2017-09-10 23:49
>>88
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170909-OHT1T50257.html
89 70人目 名無しがお伝えします 2017-09-10 10:40
正直ビミョーな番組に起用されたな
個人的には林は秋からMステかグッモニでの起用を予想してたんだが
90 71人目 名無しがお伝えします 2017-09-10 10:58
>>89
グッモニの福田さんをどんだけ厚遇してんだよ、と言いたいね
91 72人目 名無しがお伝えします 2017-09-10 13:15
>>89
Mステは流石に早くない?
せめて来年からでしょ
福田が残ってる理由がイマイチわからん
福田の代わりに入れたらよかったのに
92 73人目 名無しがお伝えします 2017-09-10 16:48
Mステは新人に任せるのが慣例
弘中も竹内も入社1年目からやってる
その前の堂なんか入社式の1週間後からやってた
94 75人目 名無しがお伝えします 2017-09-11 22:35
Abemaで情報トーク番組やってくれると嬉しい
95 76人目 名無しがお伝えします 2017-09-12 17:14
今日午後のBSニュースに出てた
96 77人目 名無しがお伝えします 2017-09-14 09:58
美桜ちゃんはバラエティ貰えないのか?

http://news.mynavi.jp/news/2017/09/07/133/
>また、日曜午後にも2本の新バラエティを投入。
>最新ヒューマノイドロボット「NAO」と芸能人が日本全国を行脚する
>ドキュメントバラエティ『ロボット旅 日本一周〜タカラモノクダサイ〜』(14:40〜15:20)がスタート。
>スタジオMCはオードリーが担当し、テレ朝新人の三谷紬アナが進行を務める。
97 78人目 名無しがお伝えします 2017-09-14 19:51


100 81人目 名無しがお伝えします 2017-09-16 12:38
>>97
写真見る限り、新人林アナは、白ノースリーブの関西ABC放送2014年入社の人気アナのヒロドと同等な写りだな
101 82人目 名無しがお伝えします 2017-09-18 00:44
>>97
なんで東山モザイクかかってんの?
98 79人目 名無しがお伝えします 2017-09-15 18:26
バラエティ向きだと思うんだけどな
99 80人目 名無しがお伝えします 2017-09-15 23:02
久冨アナから「おかずのクッキング」譲ってもらいなよ
102 83人目 名無しがお伝えします 2017-09-21 00:14
美桜のおっぱいが行方不明〜
103 84人目 名無しがお伝えします 2017-09-23 02:51
林美桜のミオウ見真似
104 84人目 名無しがお伝えします 2017-09-23 06:50
桜美林ちゃんは聖心女子出身なんじゃん!
105 85人目 2017-09-24 00:53
http://up8.kouploader.jp/?m=dp&n=koupb15344
9月17日「はい、テレビ朝日です」のキャプ
106 86人目 名無しがお伝えします 2017-09-24 06:42
今朝の「はい、テレビ朝日です」見たけど緊張し過ぎだろ
107 87人目 名無しがお伝えします 2017-09-24 08:46
>>106
新人さんらしくていいじゃないか
緊張しないのはフジTVの久慈さんだけ?
108 88人目 2017-09-25 01:11
http://up8.kouploader.jp/?m=dp&n=koupb15351
9月24日「はい、テレビ朝日です」のキャプ
109 89人目 名無しがお伝えします 2017-09-26 14:49
美桜の愛称が「おうちゃん」やと、いよいよ林美沙希パイセンと区別できへんな。
110 90人目 名無しがお伝えします 2017-09-30 01:00
東山のお手がつきそうになる美桜。
111 91人目 名無しがお伝えします 2017-09-30 12:40
桜美林
112 92人目 名無しがお伝えします 2017-10-01 13:45
お天気コーナーまでの繋ぎの紙芝居芸を磨く桜美林ちゃん
113 93人目 名無しがお伝えします 2017-10-01 15:15
>>112
やはり新人アナのフレッシュ感っていいな
114 94人目 名無しがお伝えします 2017-10-02 21:39
なんでこんな伸びてないんや
147 125人目 名無しがお伝えします 2017-12-02 14:17
>>114
バカがワッチョイつけるから
115 95人目 名無しがお伝えします 2017-10-03 06:14
伸びしろですね!
116 96人目 名無しがお伝えします 2017-10-03 07:17
>>115
林アナがグッモニ抜擢されてたら………
多くのリーマンは、仕事で疲れていて、(日)の朝はサンデーLIVEが終わった頃起床するのかなと
117 97人目 名無しがお伝えします 2017-10-03 08:48
福田成美ちゃんの代わりに美桜ちゃんが入ればよかった
118 98人目 名無しがお伝えします 2017-10-03 09:59
札幌テレビ放送(STV)に、この人と似た名前の女子アナがいてややこしい
119 99人目 名無しがお伝えします 2017-10-06 19:30
abemanewsきゃわたんあげ
120 100人目 名無しがお伝えします 2017-10-07 00:18
林美桜大学の桜美林さん
121 101人目 名無しがお伝えします 2017-10-07 01:22
しがしゅに聞こえるな
122 102人目 名無しがお伝えします 2017-10-07 09:37
林美桜のファンクラブの名称は「桜吹雪会」ね。
123 103人目 名無しがお伝えします 2017-10-09 20:07
静かだな



Qさま出てるのに
124 104人目 名無しがお伝えします 2017-10-11 12:15
桜美林ちゃん
125 105人目 名無しがお伝えします 2017-10-12 00:31
美桜の真面目さからくる硬さをほぐしてあげたい。
126 106人目 名無しがお伝えします 2017-10-13 15:20
林美林
127 107人目 名無しがお伝えします 2017-10-14 01:04
油淋鶏?
128 108人目 名無しがお伝えします 2017-10-14 20:28
265 名無しがお伝えします sage 2017/10/14(土) 19:59:13.01 ID:y7OhzHv/


紬ちゃん
129 109人目 名無しがお伝えします 2017-10-14 23:16
桜美桜
130 107人目 名無しがお伝えします 2017-10-14 23:56
森美椿
131 110人目 名無しがお伝えします 2017-10-15 11:31
りん びおう
132 111人目 名無しがお伝えします 2017-10-15 14:26
東山に駄洒落を華麗にスルーされる美桜ちゃん
133 112人目 名無しがお伝えします 2017-10-15 16:01
>>132
今田耕司並みにどんな駄洒落にも巧みな返しをするのは無理だろうね
134 113人目 名無しがお伝えします 2017-10-15 16:40
林桜林
135 114人目 名無しがお伝えします 2017-10-17 21:38
和製林志玲
136 115人目 名無しがお伝えします 2017-10-24 08:21
B.L.T. 2017年12月号 2017年10月24日発売
http://zasshi.tv/products/detail/HBBLT1001_001-2017-D1200-A01-00-00
COVER&GRAVURE
新人アナウンサーPICK UP!
137 116人目 名無しがお伝えします 2017-11-02 20:14


138 117人目 名無しがお伝えします 2017-11-03 05:53
?
139 118人目 名無しがお伝えします 2017-11-12 08:38
サキちゃん(姉)とOちゃん(妹)
140 119人目 名無しがお伝えします 2017-11-19 06:19
人気ないのか?
141 120人目 名無しがお伝えします 2017-11-19 06:31
ないんだろうな、この感じ
同期の三谷紬との差もどんどん広がってるし
サンデーLIVEもひどくて見てられん。
142 121人目 名無しがお伝えします 2017-11-19 16:58
この子ミニスカで存在感が変わるね
今まで地味な感じだったのに足出したら魅力が全開だった
視聴者の知名度も上がるし、テレ朝スタッフ(PやD)への認知度も上がって担当番組も絶対増えるから
サンデーライブはミニスカで出なさい!
143 121人目 名無しがお伝えします 2017-11-19 17:00
三谷アナが胸協調路線だから
林アナは脚アピールで住み分けできてちょうどいいだろ
144 122人目 名無しがお伝えします 2017-11-21 15:06
アナの人気はメディア露出量でほぼ決まるからな。
人気があるから看板番組に抜擢されるのではなく
看板番組に出たことで人気に火が付く。

元フジの加藤綾子はいつからかフジのエース扱いになってたが
めざにゅ〜に出てた頃は特に人気も無く
一緒に出ていたセントフォースのキャスターの方が人気が高かった
145 123人目 名無しがお伝えします 2017-11-21 17:16
https://www.instagram.com/p/Bbv_5sPHna9/
146 124人目 名無しがお伝えします 2017-11-21 18:36
三谷と美桜は宇佐美と久冨の関係に似てるね
しゃべりが上手い宇佐美・三谷
おっとりタイプの久冨・美桜
三谷より美桜のほうが出演機会が多くなるかも
148 126人目 名無しがお伝えします 2017-12-03 12:51
FRIDAY




149 127人目 名無しがお伝えします 2017-12-03 20:52
サンデーライブだいぶ慣れてきたな
150 128人目 名無しがお伝えします 2017-12-05 05:10
同期の三谷紬が圧倒的だから隠れてるけど、美桜もかなりの美巨乳だからな。
151 129人目 名無しがお伝えします 2017-12-09 08:58




152 130人目 名無しがお伝えします 2017-12-09 09:40
>>151

http://imgur.com/cvHvilP
153 131人目 名無しがお伝えします 2017-12-09 21:29
>>151

有能www
154 132人目 名無しがお伝えします 2017-12-11 00:22
>>151
これどこから持ってきたんだ?
155 133人目 名無しがお伝えします 2017-12-11 13:39
ヒロドアナの美脚アピールを見習ってほしい
156 134人目 名無しがお伝えします 2017-12-20 15:42
真面目にニュース読んでる時、バイオリンの怖い人に見える時がある
157 135人目 名無しがお伝えします 2017-12-24 18:39
サンデーライブ林アナも後ろに座らせてくれないか
ヒロドアナと一緒に林アナの脚も拝ませろ
158 136人目 名無しがお伝えします 2017-12-28 06:24
とんねるずの番組出るみたいね
ちゃんと進行できるのか心配だ
159 137人目 名無しがお伝えします 2017-12-29 00:29
全国女性アナウンサー大会「パネルクイズ アタック25」01月07日(日)放送

https://www.youtube.com/watch
160 138人目 名無しがお伝えします 2018-01-02 22:24
スポーツ王かわいかった
161 139人目 名無しがお伝えします 2018-01-02 23:38
>>160
あけおめ。
どの対決に出ていた?
162 140人目 名無しがお伝えします 2018-01-03 00:25
>>161
野球やったで
163 141人目 名無しがお伝えします 2018-01-03 21:10
>>162
三谷が出ているのは分かったんだけど。
林2号は分からなかった。
164 142人目 名無しがお伝えします 2018-01-05 13:10
毎週ミニスカでサービスしてれば
1年先輩の二人はすぐに抜けるぞ
165 143人目 名無しがお伝えします 2018-01-07 14:21
アタック25女子アナ大会
静岡朝日の佐野アナとのペアで緑の席に座り、トップ賞を獲得するも最後のVTRクイズで不正解となり、旅行に行けず
166 144人目 名無しがお伝えします 2018-01-07 14:26
昆虫だからファーブルやろと思ったけど、わからんかったか。
あんまり答えてなかったと思うけど、トップ賞はとれたんだね。
167 145人目 名無しがお伝えします 2018-01-07 14:37
ミニスカの立ち姿が美しかった
168 146人目 名無しがお伝えします 2018-01-07 14:43
頭の回転が遅いな
クイズ番組は同期の三谷の方が断然向いてる
169 147人目 名無しがお伝えします 2018-01-07 16:54
さほど回答してないのにトップとは
完全に棚ボタだったが強運であるとも言える
170 148人目 名無しがお伝えします 2018-01-07 17:59
小学生の時にファーブル習わなかったんだね
171 149人目 名無しがお伝えします 2018-01-07 22:06
アタック25は正解数じゃなくてパネルの枚数の勝負だからな
角を2つも取った林のほうが貢献度は大きい
172 150人目 名無しがお伝えします 2018-01-08 06:41
忖度してワザと答えなかったらしいな
173 151人目 名無しがお伝えします 2018-01-08 12:10
>>172
何に忖度したんだよw
174 150人目 名無しがお伝えします 2018-01-08 12:39
>>173
正解しても旅行は辞退だろw
175 152人目 名無しがお伝えします 2018-01-08 18:49
ファーブルって小学校で習ったのか
理系の院卒なのに出てこんかったw
176 150人目 名無しがお伝えします 2018-01-08 20:45
>>175
国語の教科書に載ってたんじゃ?
177 153人目 名無しがお伝えします 2018-01-09 10:57
https://www.instagram.com/p/BdtGn6YHlJF/
178 154人目 名無しがお伝えします 2018-01-14 06:31
今日はかわいらしい服装だな
179 155人目 名無しは玉虫! 2018-01-21 06:35
サンデーLIVE!!
http://himawari.5ch.net/test/read.cgi/liveanb/1516480872/
180 156人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 07:32
今日もかわいいな
181 157人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 08:28



183 156人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 09:35
>>181
ありがとうございます。
184 159人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 09:55
>>181
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
186 161人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 10:37
>>181
ペロペロ
それにしても壁紙アプリはいまいちだったな
これだけかわいいのに写りが良くなかった
美桜ちゃん愛してるとくにおっぱい
182 158人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 09:19
|д゚) 荒ぶる桜美林ちゃんのオパーイ
185 160人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 10:03
みおパイすごい・・・
純白オッパイ強調アップなんて、速攻で抜いてもうたがな
最高!
187 162人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 14:50
もうひとりの新人関取りよりもこっちのほうが全然ええな
189 164人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 15:13
>>187
正直紬ちゃんはおっぱいが大きいだけだからなぁ
テレ朝は小さい人おおいから巨乳ってだけでキャラが付くけどね
188 163人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 14:55
おっぱいだいぶ盛っているように見えるのですが、本物でしょうか?
190 165人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 16:20
このおっぱいは確実に盛ってる
191 166人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 16:23
ちょっと太ったからおっぱいも成長したんだろ
シワの寄り方を見ると寄せて上げるブラだけどな
192 156人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 17:16
おっぱいで急にスレが活性化した
193 167人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 17:28
殆ど死でいたスレが動き出した(`・ω・´)
194 168人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 17:30
ワッチョイなんて付けるから過疎るんだよ
195 157人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 17:30
やっぱり可愛いよな
196 169人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 18:28
急に人増えたw
197 170人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 19:11
みさき先輩を超えてる
198 171人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 19:24
偽装乳でもおっぱいの力は偉大だなぁ
199 172人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 19:28
林美桜の盛り乳問題
200 160人目 名無しがお伝えします 2018-01-21 20:08
ほとんどの女性が多少なりとも盛ってるから問題ない
それよりもこのデスクでの横乳アングルをコーナー化してほしいわ

清楚な白で生地も分厚くなく強調具合も完璧
ここまで完璧なYCアップはなかなかお目にかかれないな!
201 173人目 名無しがお伝えします 2018-01-22 07:15
昨日のおっぱい見てファンになった
202 174人目 名無しがお伝えします 2018-01-23 09:18
たった一回の厚盛でこんなに注目されるとは
本人はこれをねらってやったのかなぁ
203 175人目 名無しがお伝えします 2018-01-23 09:33





ぺったんこじゃねーかよ
204 176人目 名無しがお伝えします 2018-01-23 11:06
偽装だってわかってて騒ぐバカ
205 177人目 名無しがお伝えします 2018-01-23 11:41
胸がくっきりする衣裳着てくれるだけでいいんだよ
偽装なんて誰でもやってんだから基本偽装と思ってみてりゃいい
206 178人目 名無しがお伝えします 2018-01-23 20:45
そう考えると、
偽装ではなくデカパイのつむぎちゃんは
愛嬌もあって顔も可愛いし、
会社からの期待も感じられてイイネ!
207 179人目 名無しがお伝えします 2018-01-24 16:14
https://pbs.twimg.com/media/DT88tjSU0AEF_vN.jpg:large
サンデーライブのツイッターに正面からの画像あった
純白ピチピチ衣装最高ですわ
三谷アナも好きだけどあっちは人気ありそうなので、俺はこの子やな
212 184人目 名無しがお伝えします 2018-01-27 12:41
>>207
B地区透けとるやないか
208 180人目 名無しがお伝えします 2018-01-24 16:26
処女っぽいな
209 181人目 名無しがお伝えします 2018-01-24 16:29
20歳すぎて処女のわけねーだろ童貞チンカス
210 182人目 名無しがお伝えします 2018-01-24 16:40
ヤリサーでやり捨てられたマンカスがヒスってます
211 183人目 名無しがお伝えします 2018-01-27 09:05
さすがにフェラで奥までくわえたことはないよね
213 185人目 名無しがお伝えします 2018-01-27 12:54
今週も清楚な純白おっぱいくっきりがいいな〜
毎週日曜朝に楽しみができたよ
214 186人目 名無しがお伝えします 2018-01-31 22:22

215 187人目 名無しがお伝えします 2018-01-31 22:25
ドブス
216 188人目 名無しがお伝えします 2018-02-01 10:03
かわいい。おっぱい揉みたい
217 189人目 名無しがお伝えします 2018-02-01 22:44
かわいくないけど、おっぱいモミモミしてペロペロしたい
218 190人目 名無しがお伝えします 2018-02-02 06:13
この子はメイクが合ってないだけで素材は可愛いよ
ちょっと寄り目だけど
219 191人目 名無しがお伝えします 2018-02-02 06:22
ロリ顔だから、メイド服着せてエッチしたい
220 192人目 名無しは玉摧! 2018-02-04 06:20
とりあえず、

サンデーLIVE!! ★1
http://himawari.5ch.net/test/read.cgi/liveanb/1517690239/
221 193人目 名無しがお伝えします 2018-02-04 10:47
桜美林ちゃんの胸元をスリスリするピンクピン太郎を期待してたのだが (ヽ´ω`)
222 194人目 名無しがお伝えします 2018-02-06 17:49
かわいいけど、メイクの出来にばらつきがあるなこの子
ブスって誤解されがち
読みも期待値あると思うけどな…
223 195人目 名無しがお伝えします 2018-02-08 21:10
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120568.html
224 196人目 名無しがお伝えします 2018-02-10 19:08
北海道来てたのかよ
一目見たかった
225 197人目 名無しがお伝えします 2018-02-11 08:09
須田哲夫のボケ、地獄に落ちろ
226 198人目 名無しがお伝えします 2018-02-11 14:24
今日可愛かった
227 199人目 名無しがお伝えします 2018-03-04 05:55
サンデーLIVE!! お天気担当 生放送出演中
228 200人目 名無しがお伝えします 2018-03-04 06:23
おかずのクッキングに出てほしい
229 201人目 名無しがお伝えします 2018-03-04 14:17
そろそろ衣装サービス週間来てほしい
230 202人目 名無しがお伝えします 2018-03-09 21:49
処女っぽい
231 203人目 名無しがお伝えします 2018-03-10 17:46
明朝まで待機中
232 204人目 名無しがお伝えします 2018-03-10 19:24
処女宣言してほしい
233 205人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 05:52
サンデーLIVE!! お天気担当 生放送出演中
234 206人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 08:30


みおっぱい
235 207人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 08:34
>>234
たまんねええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
239 210人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 16:38
>>234
美桜ちゃんのつぼみも膨らんでるやん
240 211人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 16:46
>>234
これは困ったおっぱいだな
236 208人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 08:59
みおっぱい吸いてえ
237 209人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 10:13
清楚な薄ピンクのオッパイ衣裳やっぱいいな!
前のサービス週みたいに横からのカットがあれば最高だった
238 209人目 名無しがお伝えします 2018-03-11 11:36

この画像もイイね
241 212人目 名無しがお伝えします 2018-03-12 09:50
>>232
紬ちゃんの爆乳と美桜ちゃんの美乳
どっちもいいよね
242 213人目 名無しがお伝えします 2018-03-14 06:25
入社1年のテレ朝・林美桜アナ、「サンデーLIVE!」で東山“スルー”「家で録画を見て動けなくなりました」
243 213人目 名無しがお伝えします 2018-03-14 06:34
>>242
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180313-OHT1T50067.html
244 214人目 名無しがお伝えします 2018-03-15 19:37
東山が古館以上に胡散臭い
早く終わらねーかな
249 219人目 名無しがお伝えします 2018-03-19 08:47
>>244
ベラベラ喋れないから胡散臭さは感じないが
245 215人目 名無しがお伝えします 2018-03-18 08:02
昨日のお昼のANNニュースで一般人として撮影されるwww
YouTube版ではカットされてるから放送後には気づいたみたい
250 220人目 名無しがお伝えします 2018-03-19 09:03
>>245
可愛いな
251 221人目 名無しがお伝えします 2018-03-19 18:51
>>245
若かりし頃の山口美江に似てる?
246 216人目 名無しがお伝えします 2018-03-18 09:05
桜の取材の時振り向きながらカメラに語りかける感じがデートしてるみたいだった
247 217人目 名無しがお伝えします 2018-03-18 10:27
今オレとデートしてるよw
248 218人目 名無しがお伝えします 2018-03-19 02:42
頑張って欲しいですね。
252 222人目 名無しがお伝えします 2018-03-25 07:38
サンデーLIVE! お天気担当 生放送出演中
253 223人目 名無しがお伝えします 2018-03-25 21:13
サンデーLIVEの画像は無しか。。。

桜中継でデートを必死で否定していたのがかわいかった
254 224人目 名無しがお伝えします 2018-03-26 13:00
早く薄着でロケにでてほしい
先週は見せ場がなかった
255 225人目 名無しがお伝えします 2018-03-26 13:06
中継下手すぎ
256 226人目 名無しがお伝えします 2018-04-01 07:51
美桜ちゃん、かわいいよ、美桜ちゃん
257 227人目 名無しがお伝えします 2018-04-01 08:31
出番少なすぎて悲しい
258 228人目 名無しがお伝えします 2018-04-01 08:35
せっかく地元の鎌倉ロケだったのにすぐ終わってしまった
まあ、ミス鎌倉のアピールはできたけどな
259 229人目 名無しがお伝えします 2018-04-01 08:50
http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/bangumi/index_program.html

4月からの担当番組
・サンデーLIVE!!
・お願い!ランキング
・AbemaNews(金)
260 230人目 名無しがお伝えします 2018-04-01 09:29
あのスキルじゃ出番もらえないわな
今だって温情
261 231人目 名無しがお伝えします 2018-04-01 20:02
おねランまた仕様変わったのか?出番多いといいけど
それにしてもアナウンス力が若手で断トツの池谷アナに全く地上波ニュース読ませないのは何で?
アベマだけじゃもったいない
265 235人目 名無しがお伝えします 2018-04-02 14:37
>>261
断トツで下手だからじゃない?
279 248人目 名無しがお伝えします 2018-04-29 19:27
>>265
最近はキノちゃんが一歩抜きん出ている
(※原宿アベニュー水曜の仕切りはヨカタ)
262 232人目 名無しがお伝えします 2018-04-02 06:52
ここ1年で地味に太ってきた
263 233人目 名無しがお伝えします 2018-04-02 07:02
性格良さそう
264 234人目 名無しがお伝えします 2018-04-02 12:35
おっぱいは?
266 236人目 名無しがお伝えします 2018-04-03 20:48
今週は薄着ロケに期待
267 237人目 名無しがお伝えします 2018-04-05 01:13
お願い!ランキング 出演中
268 238人目 名無しがお伝えします 2018-04-05 15:13
凄い内斜視、郡司と双璧を成すんじゃね
269 239人目 名無しがお伝えします 2018-04-05 20:02
>>268
あんなのと一緒にするなよ
272 238人目 名無しがお伝えします 2018-04-05 22:51
>>269
いや郡司アナも可愛いと思うよ
でも彼女は内面性が嫌われてるみたいw
270 240人目 名無しがお伝えします 2018-04-05 22:00
お願いランキング可愛かった
271 241人目 名無しがお伝えします 2018-04-05 22:36
内斜視はかわいいよね
273 242人目 名無しがお伝えします 2018-04-08 05:56
サンデーLIVE!! お天気担当 生放送出演中
274 243人目 名無しがお伝えします 2018-04-25 05:14
ふーん(-_-)
275 244人目 名無しがお伝えします 2018-04-29 09:06
7時17分に生演奏に合わせて噛みまくって
「あーーっ」と言ってうつむいて「すいまん・・・」
と事故って他ので飛んできました!
276 245人目 名無しがお伝えします 2018-04-29 10:46
>>275
見たかったな〜
277 246人目 名無しがお伝えします 2018-04-29 11:52

http://youtu.be/S2SpW-cb6jk
287 255人目 名無しがお伝えします 2018-05-07 10:34
>>277
かわええ
278 247人目 名無しがお伝えします 2018-04-29 19:19
おもしろい名前だな
桜美林
280 249人目 名無しがお伝えします 2018-04-29 21:27
生放送中にしかも単なるコーナー紹介であーーーーすいません
はさすがに問題だな
281 245人目 名無しがお伝えします 2018-04-29 23:05
性格良さそう
マジで処女だな
282 250人目 名無しがお伝えします 2018-05-03 01:10
お願い!ランキング 出演中
283 251人目 名無しがお伝えします 2018-05-06 08:03
サンデーLIVEの画像きぼんぬ
284 252人目 名無しがお伝えします 2018-05-06 08:32
こりゃ秋で降ろされるかもしれんね
285 253人目 名無しがお伝えします 2018-05-06 08:46
外からのお天気中継の白Tシャツ姿がすこぶる可愛かったわ
286 254人目 名無しがお伝えします 2018-05-06 10:50
今日の画像ない?
288 256人目 名無しがお伝えします 2018-05-19 03:16
サンデーlive以外なんか出てる?
289 257人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 08:21
かわええな

290 258人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 08:24
今日の衣装はお胸が強調されていて素晴らしいわ
スタイル良すぎだよ
291 259人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 08:31
日曜の朝にエロメガネより前におっきするとは思わなんだ



292 260人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 08:39
>>291
みおっぱいでけぇぇぇえ!
295 263人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 18:48
>>291
サンクス!
今朝は良かったね!思わずガン見してしまった
外で天気予報の時のがありましたら、よろしくお願いします!
293 261人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 13:18
今日のタイトミニよかったわ
スタジオの椅子に座らせるべき
294 262人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 18:26
美桜チャン、サタステにも出てほしい
296 264人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 20:33
ttp://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/9/3/938caadc.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/4/1/418b52b0.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/a/a/aabd8e4b.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/d/2/d2b1083b.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/5/6/56d7fda9.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/6/4/64e5c775.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/c/0/c0f15d13.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/8/d/8d893313.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/a/a/aa6b4416.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/code999/imgs/c/d/cdca4a37.jpg
297 263人目 名無しがお伝えします 2018-05-20 20:36
>>296
あなたはネ申です!
ありがとうございます!
299 266人目 名無しがお伝えします 2018-05-21 02:43



アナウンサーズ新春着物壁紙コンテンツ2018
300 267人目 名無しがお伝えします 2018-05-21 12:44
とりあえずミニスカ履いておっぱい強調しときゃ番組もらえるよ

女子アナに求められてるのはそれ
301 268人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 06:06
サンデーLIVE! お天気担当 生放送出演中
302 269人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 06:41
今日もカミカミw
303 270人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 08:56






307 273人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 09:47
>>303
白がよく似合ってるな
309 275人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 11:58
>>303
ありがとうございます!
304 270人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 08:56




305 271人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 09:37
かわいいしスタイルも良いのに人気出ないな
先輩既婚男アナと不倫でもしてみたらどうだろうか
308 274人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 10:13
>>305
あれでは他の番組で使ってもらえないから未来永劫人気は出ない
早くアナウンサー職を降りて他の部署に回ったほうがいい
306 272人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 09:38
テレ東の人気アナの鷲見さんに似てるな
310 276人目 名無しがお伝えします 2018-05-27 12:58
たまに横向いてくれてたら乳の大きさが際立ったのに
311 277人目 名無しがお伝えします 2018-06-09 20:33
松山バレエで日テレの後呂と同じ同じ舞台立ってたのか
312 278人目 名無しがお伝えします 2018-06-10 08:15
サンデーLIVE お天気担当 生放送出演中
313 279人目 名無しがお伝えします 2018-06-11 23:11
ワッチョイ無しで立て直してほしい
314 280人目 名無しがお伝えします 2018-06-11 23:22
IDがあるだけで過疎るからIDも外したった
ここはもう使うことないよ

【テレ朝】林美桜 part2【2017年入社】
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ana/1528726825/
315 281人目 名無しがお伝えします 2018-06-12 22:51
テレ朝のアナ採用担当は俺かと思うわ。去年のNo1アナは間違いなく彼女ですわ。
319 285人目 名無しがお伝えします 2018-07-25 13:47
>>315
超お嬢様でコネ入社でしょう(´・ω・`)
316 282人目 名無しがお伝えします 2018-06-24 08:24
今朝の赤ニットいい!
317 283人目 名無しがお伝えします 2018-07-01 08:02
サンデーLIVE!! 生放送出演中
318 284人目 名無しがお伝えします 2018-07-08 12:08
320 286人目 名無しがお伝えします 2018-08-10 22:57
321 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:00
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
322 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:00
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
323 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:00
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
324 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:01
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
325 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:01
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
326 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:01
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
327 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:02
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
328 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:03
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
329 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:03
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
330 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:03
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
331 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:03
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
332 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:04
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
333 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:04
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
334 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:05
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
335 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:05
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
336 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:05
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
337 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:06
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
338 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:06
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
339 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:06
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
340 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:07
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
341 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:08
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
342 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:08
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
343 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:08
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
344 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:09
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
345 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:09
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
346 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:09
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
347 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:10
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
348 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:10
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
349 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:10
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
350 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:10
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
351 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:11
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
352 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:11
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
353 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:11
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
354 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:12
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
355 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:12
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
356 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:12
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
357 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:13
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
358 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:13
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
359 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:13
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
360 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:14
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
361 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:14
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
362 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:15
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
363 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:15
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
364 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:15
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
365 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:16
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
366 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:16
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
367 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:16
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
368 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:17
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
369 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:17
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
370 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:18
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
371 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:18
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
372 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:18
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
373 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:19
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
374 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:19
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
375 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:19
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
376 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:20
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
377 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:20
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
378 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:20
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
379 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:20
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
380 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:21
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
381 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:21
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
382 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:21
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
383 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:22
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
384 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:22
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
385 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:23
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
386 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:23
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
387 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:23
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
388 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:23
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
389 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:24
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
390 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:24
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
391 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:24
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
392 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:25
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
393 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:25
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
394 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:25
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
395 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:26
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
396 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:26
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
397 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:26
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
398 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:26
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
399 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:27
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
400 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:27
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
401 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:27
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
402 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:28
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
403 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:28
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
404 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:28
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
405 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:29
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
406 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:29
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
407 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:29
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
408 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:29
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
409 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:30
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
410 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:30
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
411 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:30
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
412 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:31
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
413 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:31
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
414 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:31
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
415 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:32
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
416 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:32
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
417 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:32
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
418 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:33
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
419 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:33
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
420 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:34
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
421 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:34
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
422 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:34
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
423 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:35
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
424 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:35
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
425 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:35
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
426 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:36
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
427 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:36
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
428 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:36
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
429 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:36
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
430 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:37
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
431 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:37
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
432 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:37
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
433 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:38
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
434 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:38
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
435 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:39
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
436 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:39
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
437 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:39
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
438 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:40
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
439 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:40
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
440 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:41
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
441 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:41
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
442 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:41
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
443 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:42
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
444 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:42
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
445 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:42
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
446 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:43
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
447 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:43
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
448 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:43
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
449 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:44
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
450 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:44
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
451 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:44
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
452 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:45
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
453 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:45
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
454 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:45
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
455 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:46
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
456 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:46
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
457 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:46
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
458 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:47
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
459 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:47
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
460 288人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:47
埋め立てくず
461 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:48
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
462 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:48
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
463 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:48
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
464 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:48
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
465 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:49
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
466 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:49
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
467 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:49
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
468 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:52
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
469 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:52
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
470 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:52
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
471 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:53
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
472 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:53
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
473 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:53
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
474 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:53
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
475 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:54
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
476 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:54
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
477 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:54
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
478 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:55
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
479 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:55
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
480 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:55
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
481 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:56
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
482 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:56
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
483 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:56
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
484 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:57
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
485 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:57
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
486 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:57
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
487 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:58
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
488 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:58
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
489 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:58
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
490 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:59
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
491 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:59
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
492 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 13:59
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
493 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:00
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
494 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:00
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
495 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:00
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
496 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:01
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
497 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:01
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
498 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:01
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
499 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:02
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
500 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:02
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
501 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:03
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
502 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:03
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
503 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:03
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
504 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:04
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
505 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:04
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
506 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:04
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
507 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:05
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
508 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:05
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
509 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:05
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
510 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:06
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
511 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:06
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
512 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:06
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
513 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:07
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
514 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:07
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
515 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:07
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
516 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:08
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
517 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:08
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
518 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:08
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
519 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:09
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
520 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:09
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
521 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:09
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
522 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:10
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
523 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:10
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
524 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:11
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
525 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:11
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
526 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:11
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
527 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:11
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
528 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:12
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
529 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:12
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
530 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:13
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
531 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:13
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
532 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:13
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
533 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:14
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
534 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:14
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
535 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:14
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
536 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:15
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
537 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:15
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
538 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:15
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
539 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:15
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
540 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:16
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
541 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:16
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
542 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:16
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
543 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:17
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
544 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:18
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
545 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:18
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
546 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:18
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
547 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:19
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
548 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:19
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
549 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:19
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
550 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:20
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
551 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:20
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
552 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:20
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
553 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:21
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
554 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:21
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
555 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:21
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
556 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:22
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
557 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:22
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
558 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:22
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
559 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:23
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
560 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:23
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
561 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:24
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
562 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:24
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
563 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:25
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
564 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:25
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
565 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:25
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
566 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:25
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
567 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:26
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
568 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:26
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
569 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:27
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
570 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:27
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
571 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:27
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
572 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:27
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
573 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:28
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
574 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:28
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
575 287人目 名無しがお伝えします 2018-08-15 14:29
 「丁寧に暮らす」とは、こういうことなのだ、と痛切に思わされる佇まいの家である。
住んでいる人の好みや暮らし方がよくわかる家具の選び、手入れが行き届いた器や調度品、家中に飾られた季節の草花……。
一朝一夕には作り出すことのできない空気がここには流れている。
昭和初期に建てられたという鎌倉の家に、作家の甘糟りり子さんは子どもの頃から暮らしている。
東京の仕事用の部屋と行ったり来たりだったが、4年前に戻ってきた。
季節の移り変わりは周囲の環境からも直に感じとることができる。
庭には木や草花がひしめき、四季折々の表情を見せる。
時にはアライグマやリスなどの小動物が顔を出すこともあるという。
雑誌編集者であった父親の書斎だったスペースの天井。合掌造りの構造がよくわかる。
母親は、作家であり野草料理家として活躍していた経歴をもつ。
この日も山ウドの天ぷらと、人参の葉の素揚げをご馳走してくれた。
その滋味深く美味しかったこと。陳腐な言い方かもしれないが、「本当の贅沢」を味わっている気がする。
 家の中に飾られている花々は、すべて自庭で育ったもの。
「一年中、何かしら花が咲いているから庭から採ってきて生けるのが母のやり方で。私もそれに倣うようになりました」
この日の居間で存在感を放つ大振りの白い花は、泰山木。
2日ほどしかもたないので、店先ではお目にかかることのできない花だ。
「新緑の季節は、緑が花より美しいので、新芽や枝を切ってきて生けます。窓の向こうの緑を眺めるのも楽しい」
幸子さんが集めた飯碗がずらりと並んだ台所手前の棚。
家具の多くは、地元鎌倉で最も歴史の長い家具店「島屋」で揃えた。
椅子や棚、百科事典を入れるためのサイドテーブルなど、少しずつ、本当に欲しいものをオーダーしたり購入して徐々に増やしていったという。
そこに亡き父親の書物や趣味であったオペラのレーザーディスク、母親の茶碗や花器などが収まり、家族の記憶が今もしっかりと息づいている。
「鎌倉には、イタリアのアンティーク家具を扱うお店や世界各国の布のお店なんかもあるんですよ。
インドの手縫いの敷物とかタイの米びつとか、最近ではいろいろ合わせて楽しんでいます。古いものだと日本家屋にも馴染む気がして」
古いけれど決して古びていない、
この家は今も軽やかに歴史を重ねている。
引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/ana/1497200324/
サブコンテンツ

このページの先頭へ