【ユン・ソクホ] 春のワルツ 【四季シリーズ】 のまとめ全 28 件

1 1人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-01 21:07
しばらく落ちていたので建ててみました

ユン・ソクホ監督の、春夏秋冬シリーズの中でとりわけ感銘が深い、
春のワルツ を語ろう!

出演:ユン・ジェハ役(ソ・ドヨン)
   パク・ウニョン役(ハン・ヒョジュ)
   ソン・イナ役(イ・ソヨン)
   フィリップ・ローゼンタール役(ダニエル・ヘニー)

春のワルツwiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84

過去スレ
【ソクホ監督】春のワルツpart13【四季シリーズ】
http://tv11.2ch.sc/test/read.cgi/tv2/1208592189/
2 2人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-01 21:18
ハン・ヒョジュ とっても可愛い! 最高!
ソ・ドヨンは、2012年12月に結婚して、おこさん達がいるそうです

久しぶりに DVD で全部 通してみました!
とても良い作品ですね
4 3人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-02 22:46
ハン・ヒョジュは売れたけど男のほうはあんまり見かけない
5 4人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-03 01:08
ハン・ヒョジュ可愛いね!それに美しくなってきた!
7 5人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-03 16:58
ソ・ドヨンは、2012年12月に結婚して、子供達がいる
ソン・イナ役(イ・ソヨン)は、2015年9月に2歳年下のベンチャー起業家と結婚
ダニエル・ヘニー、ハン・ヒョジュの二人は未婚
9 6人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-06 12:27
保守
11 7人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-06 21:55
チェハ(スホ)とウニョンが大人になって、再開したあと、また初めから二人が
恋に陥るとこ場面も大好き!
12 8人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-07 00:48
そう、第10話のでの突き放した後のキスシンーン、涙が出てくる
13 9人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-07 01:11
四季のなかでの最高傑作!
ウニョン可愛い!
15 10人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-09 00:43
NGでゴミは消せる

14話で、子供の頃かくれんぼしていた黄色いお花畑で、二人が再開、
チェハが泣き出してしまうシーンがいいね。
17 11人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-13 00:56
久々に「春のワルツ」をDVDで通して2回見た!何度みても
心の温まる良いストーリーです。

ハン・ヒョジュ可愛い!
撮影当日19歳、30歳になった今でも可愛い!
19 12人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-16 20:30
私もこの前DVDで全話みました。小さい頃の話も好きでスホも好き。やはり花畑の再開シーンは泣けるよね。チェハ号泣、
21 13人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-17 05:59
泣けない陳腐なストーリー
作者のあざとさが鼻に着く
23 14人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-18 19:22
何度見ても、泣けるんだけど、、
25 15人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-19 21:24
春のワルツは今でも感情移入できます、大好き!
冬のソナタはもはや感情移入できません 昔は好きだったけど、
秋の童話は悲しくなるので、2度と見たくありません
夏の香りは、ピンとこない
26 16人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-20 03:05
>>25
あなわた

四季シリーズの中でも春はラストを飾るだけあって、最もユンソクホ監督の宗教観や哲学を感じる。
悲しくなるほど彩度の高いカラフルな映像美も絶妙
28 17人目 名無しさん@お腹いっぱい。 2017-06-20 22:25
>>25
春のワルツは何度見てもいいですね。。
最近、春のワルツを2回通して見たので、気分転換に今、久々に冬ソナを見てます。
(夏の香り以外は、DVD-BOX全部買いました、) 夏の香りはTV放送のダビングがあります。
今見てる冬ソナの第17話で、ユジンとチュンサンの二人が石を積み立てて塔を作って
お祈りをしているシーンを初めて認識しました。(春のワルツではたくさん出て来ますね)
でも、最近は冬ソナでは感情移入ができません、、、
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/hanryu/1496318874/
サブコンテンツ

このページの先頭へ